咲き乱れるカタクリ・乱舞する野鳥・大幽朝日岳


福島県の山・会津の山
只見〜赤倉橋登山口〜三吉ミチギ〜叶ノ高手〜会津朝日岳〜大幽朝日岳〜会津朝日岳〜赤倉橋登山口〜只見〜守門荘

登山日 1979年5月3日〜5月6日
参加者 山野(L)、川口、沢田
コース・タイム
 ○5月3日 
前夜行、上野23:20-7:03只見7:15(タクシー)-赤倉橋登山口7:55-9:40三吉ミチギ-11:45昼食13:10-13:45叶ノ高手(BC)
 ○5月4日 
BC 5:40-6:35バイウチの高手-7:10会津朝日岳7:52-10:00大幽朝日岳10:22-10:50洗戸沢ワセ白禿沢上部(昼食)12:00-15:07会津朝日岳-16:20 BC
 ○5月5日 
BC 6:45-8:00三吉ミチギ-8:45昼食11:15-11:50赤倉橋登山口-13:40白沢(タクシー)-只見-大白川-守門荘
○5月6日
  守門荘-大白川-東京

5月3日 曇ときどき雨または雪
 春はのどかで気持ちが良い。会津朝日の雪解け水を集めて小川の水も躍動している。落葉松の美しい芽吹き。それにも増してぶなやみずならの新緑が眼に染みる。エゾハルゼミの音が快く耳に響き、森の中では「焼酎一杯グィー」「焼酎一杯グィー」とセンダイムシクイが春の嬉びをうたい続ける。小川の畔の林の中にはたくさんのカタクリが微風になびき愛くるしい。まるで長髪の女性が櫛をとかしているような雰囲気を漂わせている。淡紫や白の可憐なキクザキイチリンソウもあちらこちらに咲き乱れている。春の美味しい空気をいっぱい吸い込んでのんびりと歩く。新緑の中にタムシバの白い花が点綴し、春らしさを添える。
 やがて長閑なカヤトの原にでる。ムラサキケマンやタチツボスミレが咲き乱れ、小川の小岩の上ではセキレイが元気に飛び廻っている。小憩の後、叶ノ高手を目指して赤倉沢の雪渓をつめて行く。天候は急変し、雲の動きが激しくなる。灰色の雲がやってくると雨や雪が降り、雲が去るとまた陽が射し始めるという様な風変りな天気を繰り返す。斜面は徐々に傾斜を増し、高度がぐんぐん上がって行くのが良くわかる。叶ノ高手に近づく頃から雪も多くなり、雪渓の白さも目立ってくる。天気もだんだんと良くなり、右手にはピラミッド型の猿倉山、横山がさらに北には浅草岳の雪嶺が手にてるように見える。そして行手には会津朝日岳への雪稜が残雪豊かに続いている。時間的には少し早目だったが、叶ノ高手の小幽沢小持湯沢の雪渓上部に雪洞を掘る。夜、中天には北斗七星が煌き、こぼれんばかりの星を散りばめて天の川が美しくかかっている。

5月4日 晴
 今日はすばらしく良い天気で、白い雪稜がコバルトブルーの空に美しい線を画き出す。たくさんの野鳥が賑やかにさえずる爽やかな朝だ。熊ノ平へ行く途中では喉の赤いウソのつがいに出会いハッとさせられる。青空には岳樺の木が良く似合い、梢ではオオルリが声高らかに歌い続ける。ヒガラやシジュウカラは群をなして梢から梢へとせわしなく飛び交い、春の陽に心を躍らせている。熊ノ平から会津朝日にかけては真白な雪で被われ、強い陽射しが容赦なく降りそそぐ。雪壁を一歩一歩ステップを刻んで行くとパッと視界がひらけ、1624m会津朝日の高みに立つ。360度遮るものは何もない。枯色の南会津の山々、その奥には白雪を抱いた飯豊連峰。左へ眼を移して行けば浅草岳、毛猛山、末丈ガ岳へと続く会越国境の山々。ひときわ雪が多く逆光に照り輝く魚沼三山。そして私の眼を離さないのは何よりもこれから行こうとしている丸山岳への道であり、遙かなる思いをめぐらしながら右へ左へとうねっている。
 丸山岳への道は左には大幽朝日沢が、右には洗戸沢が深く切り込む痩尾根である。この道は5年ほど前に切り拓かれたそうであるが、歩き易い道である。東側に張り出した雪庇は強い陽射しで崩壊が激しい。小刻みに登り降りを繰り返し、ピラミッド型の急斜面を一気に登りきると憧れの大幽朝日岳に着く。ここまで来ると丸山岳も間近に迫り、豊かな残雪を抱いて白くたおやかに聳える。そして丸山朝日沢の雪渓が美しい切れ込みを見せている。ここから南へと続く雪稜は都会から全く隔絶された深山という雰囲気をひしひしと感じさせるところだ。リコーダーを思わせるコガラの澄んだ音色。ウソの爽やかな口笛。ヒレンジャクのつがいとの思いがけない出逢い。ぶなの梢から梢へと激しく乱舞するヒガラの元気ハツラツとした姿。まるで夢の中にいるようである。憧れの丸山岳へは時間的都合であきらめ、今度来るときには大幽沢を遡って丸山岳へ登ろうなどと話しながら、ゆっくりと昼食をとる。爛々と照りつける陽射しに皆んな頭をやられ、足どりは徐々に鈍って行く。それでも会津駒ヶ岳へと続く白い稜線はだんだんと遠のいて行く。休み休みゆっくりと往き道を引き返す。

5月5日 晴
今日もまた晴。赤倉沢の雪渓を一気に下降する。山麓のムラサキケマンやカタクリの咲き乱れる野原で濡れ物を乾かしながら2時間半もの大休憩をとる。陽炎がゆらゆらと立ち昇る。野と小川の上をセキレイが元気に飛び廻り、雪渓の小枝の上では尾を上下させながらミソサザイが声高らかにうたい続ける。雪解けの水に足を入れれば冷んやりとしてとても気持ち良い。登山口のところで南会津山の会の佐竹さんという方と出会い、南会津の山について色々の話を聞かせて貰う。うららかな春の山路。草花や木々は緑に萠え、耳を晒せば野鳥の囀りが快い。

5月6日 晴
守門荘で美味しい山菜を食べたので、今日は山菜とりにでかける。今日はノビタキやオオルリの姿を見ることができた。川口さんと沢田さんは山では藪にもぐりこんでめったに見られないウグイスを見る。今日もまた沢山の野鳥に出合ったが、山菜の方はそれよりも大収穫であった。ウドの群生地を見つけた川口さんに大拍手。

○ 観察した鳥
今回の山行は天候に恵まれ、南会津、銀山湖周辺、会越国境山々や遠く飯豊山までのぞまれ、春の陽射しの中で照り輝いていた。そして今回の山行でみんなが感動したことの一つは沢山の野鳥の姿と囀りに接しられたことだった。私も一つの山行でこんなに沢山の野鳥の姿を見たことはなく、ウソやヒレンジャクのつがいが小枝にとまっていた姿とヒガラのめまぐるしい乱舞は強い印象で心に残っている。

センダイムシクイ、コルリ、コマドリ、ホオジロ、ホオアカ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ゴジュウカラ、ツツドリ、アオジ、ウグイス、ウソ、アオゲラ、アカゲラ、ルリビタキ、ヒレンジャク、キビタキ、オオルリ、ジョウビタキ、ミソサザイ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ムクドリ、ツバメ、カケス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワガラス、キジバト、ノビタキ、トビ、スズメ(以上35種)。
             詩・南会津の春