秋色に染まる会津駒ヶ岳


東北の山・福島県の山・南会津の山
檜枝岐〜駒ノ小屋〜駒ケ岳〜大津岐峠〜キリンテ〜檜枝岐

登山日 1986年11月1日〜3日
参加者 梅渓(L)、山野、西川、深井、伊豆、加藤、稲井、上田、霜田

コース・タイム
○11月1日(晴のち曇)
会津高原11:15(タクシー)12:10檜枝岐林道終点(昼食)12:45-14:15水場14:35-16:20駒ノ小屋
○11月2日(曇)
駒ノ小屋8:02-8:18駒ケ岳8:39−8:52駒ノ小屋9:03−10:55大津岐峠(昼食)12:30−14:53キリンテ15:05−15:45檜枝岐
○11月3日(晴)
檜枝岐7:00(バス)-8:15会津高原

 東武鬼怒川線が会津滝ノ原(会津高原)まで延長され、檜枝岐がぐんと近くなった。延長された新線はトンネルが多く、鬼怒川渓谷に沿って線路は延びて行く。紅葉が山や渓を彩り気分か快くなってくる。会津高原駅で下りて、車に乗り約1時間ほどで檜枝岐に着く。車は林道の終点まで入ってくれる。昼食をとった後歩き始める。山道は始めからやや急である。秋色の深まった森は静かであり、野烏の囀りも寂しげである。ゆっくりとしたペースで2時間も歩くと水場に着き、雪が現れてくる。尾根道の下には下ノ沢の渓流か音を立てる。南の彼方には新雪に抱かれた白根山を始めとする奥日光の山々が連なっている。秋の陽は釣瓶落としである。肌寒さを感じる頃、駒ノ小屋に着く。積雪20〜30cm。雪の上に天幕を3張り設営し、今日のねぐらとする。

 5時半起床。8時駒ケ岳目指して歩き始める。池塘が点在し、初夏にはハクサンコザクラが群生するというこの湿原も、今は雪の下に隠れている。オオシラビソの樹間をほんのちょっと登りつめると、2132mの駒ケ岳の平らな頂上に着く。帰り道は大津岐峠への緩やかな道をのんびりと下って行く。前方には燧ヶ岳の双峰が雪を抱いて聳え立ち、東の方面には檜枝岐川を隔てて帝釈山、田代山から荒海山へと続く山なみが墨絵のように連なっている。雲の動きが激しく、見る見る間に青空が広がって行く。夏ならば池塘、草原、お花畑のロマンスルートも、今は雪解けのぬかるんだ道だ。大津岐峠では昼食を取りながら1時間半もの大休憩を取る。真っ青な大空の下でしばしまどろむ。秋の陽射しをいっぱい浴びながら、尾瀬の山々も幸せそう。でも、こんな小春日和も後僅かで、やがて烈風が吹きすさび、白魔の舞う過酷な冬がやって来ることだろう。
 下りはのどかな平坦道がしばらく続いた後、落葉の積もるジグザグ道となる。ブナやナラの木々が生い茂り、色鮮やかに紅葉している。淡い褐色の彩りが何とも言えない美しさである。霜田さんが足を痛めたため、歩みはゆったりとし、休憩も多くなる。でも秋色に染まる静かな森は足早に通り過ぎるにはもったいない気がする。キリンテを経て、15時45分檜枝岐に着く。茅葺き屋根はすっかりなくなり、民宿が軒を連ねている。秘境と言われた檜枝岐も時代の波で大きく変身し、間引きされた赤子をまつる六地蔵か僅かに昔日の面影を残している。