秋の浅草岳と柴倉山
  曲は One day in Autumn

東北の山・福島県の山・南会津の山
只見〜柴倉山871M〜入叶津・浅草岳登山口〜平石山〜ブナ平〜沼ノ平への分岐点〜スダレの上〜避難小屋手前1380M付近〜山神杉〜入叶津登山口

登山日 2005年10月20日〜21日

参加者 2名

天候  両日とも晴

 浅草岳というと、最近は車で行くことが多いが久々に只見線に揺られて行く。電車は破間(あぶるま)川に沿って、ゆったりと走って行く。こういう電車に乗っていると、のんびりとした気持ちになる。今回はお気に入りの沼ノ平のブナを見に行くのが目的だから、浅草岳は登れるところまで登ればよい。只見駅には14時36分につく。今宵の宿・ふる里に着いたが、時間はまだ早い。正面に柴倉山が見えたので、登ることにする。午後の3時20分に宿を発つ。急峻な登高を含め、1時間ほど登ると鉄塔が現れた。夕暮れの中、浅草岳、毛猛山〜未丈ヶ岳、横山〜村杉岳など奥只見の連山が、眼下には只見の町が見渡せた。宿の方の話だとこの鉄塔付近で、最近小学生がマツタケを採ったそうである。ここから頂上までは30分ほどで登れると思われるが、夕闇も迫ってきたので下山した。

 今年の秋は暖かい。田子倉湖周辺もまだ青葉が多い。紅葉は例年に比べ10日〜2週間ほど遅いらしい。浅草岳登山口まで宿の車で送ってもらう。登山口の張り紙によると、沼ノ平は二箇所、土砂崩れのため、登山禁止と書かれている。そんなわけで、今日は石山からブナ平への道を浅草岳目指して、否、浅草岳に向かって登高する。はじめのうちは霧がかかっていたが、霧が晴れると雲海の上に守門岳、烏帽子山、粟ヶ岳、五剣谷岳、御神楽岳などの山々が姿を現した。平石山付近ではゴジュウカラやブナの木をつつくアカゲラを見ることができた。今年は紅葉が遅いだけでなく、葉もくすんでいて、縮れた葉も多い。でもそんなことはどうでもよい。真っ青な秋空のもと、大きなブナの森がひろがっている。会津、それに日光や那須の山々が浮かんでいる。避難小屋手前の1380M付近まで登ったところで引き返す。ブナの森の中に佇む濁り沼などの小沼は神秘的な感じが漂う。その後、知人に沼ノ平の状況を聞いたところ、通過は可能であるとのことだった。ただ安全のために地元では登山禁止にしていると言われた。帰りも宿の車で只見駅まで送ってもらう。風呂まで入れさせていただき、とても親切な宿であった。

              写真はこちら