緑薫る浅草岳

  曲はTender Lullaby

会越国境の山
入叶津登山口〜平石山〜すだれ岩の上〜避難小屋〜浅草岳〜沼ノ平〜山神杉〜入叶津登山口

登山日 2004年6月4日
参加者 山野(L)、尾崎
天候  晴
コース・タイム
 関越自動車道・所沢インター4:14-5:55小出-6:45大白川-7:45入叶津登山口8:03-9:07山神杉-10:30ブ  ナ平分岐-12:10避難小屋(昼食)12:55-13:23浅草岳13:45-15:02ブナ平分岐-16:54山神杉-17:37入叶  津登山口

 朝4時過ぎに所沢インターに入り、8時前に入叶津登山口に着く。叶津川ではアカショウビンが囀っている。初夏の香りが漂う中、平石山へと向かう。エゾハルゼミが時雨れ、タニウツギ、フジ、ミヤマカタバミ、ホウチャクソウ、サンカヨウ、ヤマエンゴサク、キクザキイチゲ等の花が道端を彩る。しばらくは子犬を連れた山菜採りの人と行を伴にする。山神杉の少し上はミヤマイラクサ(アイコ)やミズ等の山菜が群生している。オオルリ、アオジ、ウグイス、ヤマガラ、キビタキ等が緑薫るブナ林で囀る。オオルリの姿がすぐそこに見えるが逆光のため、瑠璃色の羽は判然としない。でも歌う姿は素敵だ。しばらくは野鳥の調べに合わせて、ブナ、ミズナラ、トチノキの大木の中をゆっくりと歩く。否、立ち止まっている時間の方が長かったりして。尾根筋1162Mのすだれ岩の上あたりから残雪があらわれてくる。尾根がだだっ広いので、赤布をつけながら登高する。赤布は下山の時に大いに役立ちました。陽射しが大分強くなってきたが、ブナの新緑の中で途絶えることなく囀るコルリが暑さをいやしてくれる。私だけでなく、山全体が幸せに包まれたようにも見えます。避難小屋で昼食後、正面の雪渓を登り、頂上へと向かう。念のため4本爪アイゼンを装着する。ツバメオモト、シラネアオイがあらわれると浅草岳1586Mの高みにつく。天気に恵まれ、頂上からの景色は最高だ。足下には吸い込まれるように、田子倉湖が碧い水を湛えている。今年の4月に登った毛猛山塊・太郎助山も間近に見える。越後三山、猿倉山・毛猛山・未丈ヶ岳等の奥只見の山、会津の山、尾瀬の山、川内山塊それに飯豊山がはっきりと望まれた。往き道を下山し、分岐点からは沼の平へと向かう。急坂であるが、ブナ林の中に散在する沼が神秘的だ。小三本沢の徒渉は雪解け水のため、いちばん水量の多い時と思われるが、石伝いに慎重に渡る。岩魚沼は今日も静かにたたずむ。風穴と呼ばれるあたりは残雪のため道がわかりにくい。17時半に入叶津登山口につく。おみやげに“じゅうねん”入りの“はっとう”を買って行く。
 車で六十里を越え、入広瀬村の大雲沢ヒュッテに泊まる。明くる日は守門岳山麓・守門川や大原登山口近くでワラビ等の山菜採りをする。守門川の近くでは「キョロロロ・・・・・」とアカショウビンの美しい音色がひびき渡る。あの赤い姿を見ることができるのはいつのことだろうか。

<浅草岳で観察した野鳥>
アカショウビン、ハクセキレイ、ホオジロ、ウグイス、シジュウカラ、ヒガラ、ホトトギス、ツツドリ、ジュウイチ、アカゲラ、オオルリ、キビタキ、コルリ、ヤマガラ、アオジ、トビ

<守門岳山麓で観察した野鳥>
アカショウビン、ハクセキレイ、キセキレイ、ホオジロ、ウグイス、シジュウカラ、ホトトギス、ジュウイチ、オオルリ、アオジ、クロツグミ、イカル、コゲラ、ハシブトガラス
  

               毛猛山

  

               タニウツギ                     ホウチャクソウ

  

               フジ                           ミズナラ

  

             サンカヨウ                        ユキザサ

   

              チゴユリ                         タムシバ

  

                ブナ平

                   写真2はこちら