錦秋の南会津・大博多山

東北の山・福島県の山・南会津の山
古町温泉〜青柳林道(久川・縦向沢)〜村境界稜線〜大博多山〜青柳林道

登山日 2003年10月18日〜19日
参加者 山野(L)、富宇賀、内田、川口、尾崎、遠藤
コース・タイム
10月18日(晴)
 西武線清瀬駅-関越自動車道-小出-大白川-六十里峠-只見-会津川口-玉川渓谷-伊南村・古町 温泉(民宿・いちょう泊)
10月19日(晴)
 民宿6:30-6:45青柳橋-6:55青柳林道終点7:00-7:05登山口-8:05村境界稜線-9:15、1280m峰  -9:30大博多山10:35-11:36、1062m峰下・分岐点-12:20青柳林道終点

先週に引きつづき南会津へと向かう。先週よりも車が混んでいるとはいえ、快調に関越自動車道をひた走って行く。上州、上越、越後と間断なく山を見ながら走れるのは楽しい。小出からは只見線沿いに走って行く。高度を上げるに従い、秋模様が鮮やかになってくる。六十里峠の下り道は景色がいい。ここからの鬼ガ面山はいつ見てもすばらしく、澄み渡った秋空の中に凛として屹立している。見下ろせば田子倉湖の湖面はキラキラと輝いている。今日は紅葉見物が目的なので、いいポイントに出会うたびに休憩をとる。先週は大白川の大雲沢ヒュッテで手打ちそばを食べたが、今日は浅草岳登山口のある入叶津の“峠のそば屋さん”で手打ちそばを食べる。その後に蕎麦の味噌田楽“はっとう”も食べたが、とても美味しかった。田楽につけた地元産の“じゅうねん”と“じゅうねん味噌”の味も忘れられない。昔、殿様が村人の作った“はっとう”を食べ、あまりの美味しさに驚き、「このようなぜいたくな食べ物は祝いや祭りの日以外は食べてはならぬ」と法度(はっと)が出され、これが“はっとう”の名の由来だそうだ。叶津からも只見線に沿って車を走らせて行く。蒲生岳を見、いつの間にか霧来沢のそそぐ本名に到着する。あらら・・あこがれの御神楽岳の麓まで来てしまったんだ。会津川口からは南の志津倉山や博士山の麓を走って行く。昭和村と南郷村の境の玉川渓谷のあたりは美しい紅葉がひろがっていた。夕刻、古町温泉民宿の“いちょう”に到着する。古町温泉は鉄分が多く、湯は赤っぽい。一緒に入浴した地元の方から「民宿“いちょう”の旦那は釣りの名人」と言われ、夕食が楽しみになってくる。そういえば、明日登る大博多(だいはた)山であるが、この方は“おおはたやま”と呼ぶ。内田さんが聞いた地元の方は“でーはたやま”と呼んだそうな。“いちょう”のおかみさんは“だいはたやま”なんて知らないと言う。こりゃ、どうっていうことない山なのかなと思ったりする。“いちょう”の旦那に聞けば、いつもキノコ採りに行っている山で、登山口には標識がたっているという。夜は炉端でたくさんの鮎が串にさされ、焼きながらお酒を飲む。岩魚酒も振る舞われ、もう塩焼きだけでお腹がいっぱいになってしまう。露天風呂で地元の方がささやいた“釣りの名人”の本領発揮?別室で舞茸ごはん付の夕食となるが、お腹がいっぱいでおかずがほとんど食べられない。おかみさんには申し訳ないが、昼食が遅く、しかも大盛りの手打ちそば、それに夕食は何匹もの塩焼きが振る舞われたのでお許しください。ほろ酔い気分で、日本シリーズ(阪神・福岡ダイエー戦)もそこそこに快い眠りに落ちていく。

 伊南村の伊南川に架かる青柳橋が林道の入口である。いきなり道路上を歩くヤマドリに出逢う。クラクションを鳴らしても飛び立たない。度胸のある?鳥である。久川の横向沢と縦向沢の分岐から縦向沢の2Km位先が林道の終点となっており、そこから、さらに250m位先が登山口になっていた。登山道は北へと向かっており、急登である。ただブナ、ミズナラ、トチノキ、アカマツの多い道なので、気持ちはやすらかだ。ヒガラやゴジュウカラが囀っている。1062m峰の少し西側の稜線を目指して、1時間ほどの登高で南郷村と伊南村の境の尾根にたどりつく。ここからは西へと方角を変え、色づいたブナやハウチワカエデそれにヒメコマツの林の中を縫っていく。ミヤマホツツジの紅葉が陽に映える。道端にはイワウチワの葉を多く見かける。春先はピンクの花で美しく彩られることでしょう。所々に藪漕ぎもあるかなと思っていたが、予想に反して道はよく切り開かれていた。1280m峰の頂はブナとヒメコマツの大木が目印になっている。われわれだけの静かな世界。秋模様が素敵な時を刻む。たった1315mの高みではあるが、大博多山頂上にたてば360度、大きな景色が展開する。これだけ澄み切った青空で山々を眺められるのはめずらしい。北東には志津倉山、博士山、北には御神楽岳、五剣谷岳、西には城郭朝日山、会津朝日岳、丸山岳、三岩岳、会津駒ヶ岳、南には田代山、奥日光連山、南東には七ヶ岳などが望まれた。小出で買い求めたナメコのたっぷりと入った味噌汁が美味しかった。
                         
 帰りは往き道を下山する。15分ほど下ったところで、眼がねがないことに気づく。駆け足で頂上まで探しに行く。頂上の草陰に落ちていたのを見つけホッとする。錦秋に彩られた南会津の穏やかにひろがる畝をみていると、幸せでこころが満たされていく。紅葉や黄葉の透間から覗く青空も暖かさを感じる。最近の私は沢登りに熱中していた。特に夏は沢登りしか頭になかった。昨秋の事故で沢登りもできず、夏は途方にくれていたが、忍び寄る秋とともに山へ行きたいという気持ちが高まっていった。そうして、先週は浅草岳の沼ノ平に、そして今日は大博多山に入った。ときどきヒガラが囀る色づいたブナ林の中に身をおいていれば、もう何もいらない。秋の空気がとてもおいしい。命あって、ふたたび南会津の山に入れたことに、そして気心の知れた山仲間とともに、この静かな空間を歩けることに感謝せざるを得ない。「今年の紅葉はきれいとかイマイチだとか駄目だとか」人はよくいう。そういう私も例外ではない。でも今の私は紅葉の色づき具合よりも、笑顔に包まれてブナ林の中にいることの方がうれしい。肋骨をたくさん折って、痛みに苦しんだ日々はだんだんと遠ざかっていく。

帰りがけに小豆温泉・窓明の湯に浸かり、山菜天ぷらつきの手打ちうどんを食べる。塩原を経由して東北自動車道から帰京する。自動車事故が多く、渋滞に巻き込まれてしまった。奥只見から会津にかけての紅葉は今たけなわであった。ブナの黄葉に加え、温泉、手打ちそば、炉端焼きと楽しい山旅であった。

               写真はこちら