新緑の南会津・博士山


  曲は Tender Lullaby

東北の山・福島県の山・南会津の山
大成沢〜道海泣き尾根登山口〜シャクナゲ洞門〜博士山〜近洞寺山〜大谷滝尾根登山口


登山日 2004年5月3日
参加者 山野(L)、尾崎、山田
天候  晴
コース・タイム
 大成沢7:05-7:25道海泣き尾根登山口7:38-8:55シャクナゲ洞門-9:37尾根上の分岐9:45-10:50博士山  11:45-12:22尾根上の分岐-14:00大谷滝尾根登山口

薄緑のブナの新緑の中をいろいろな野鳥が囀り、時折キツツキのドラミングがこだまする。道海泣き尾根は胸突き八丁の急登が延々と続く。ロープにつかまりながら、ゆっくりと登高する。ショウジョウバカマがたくさん咲いている。時々雪渓が現れ、シャクナゲ洞門につくあたりからシャクナゲが多くなる。2時間半の登高で、尾根上の分岐につく。分岐点にはヒノキの大木があり、しばらくは見事なヒノキに見惚れながら登って行く。頂上直下は雪が多くなり、4本爪アイゼンを着用する。ブナ林は頂上まで続き、気分は爽快である。1482mの頂上で特製のラーメンを食べる。春霞で景色はぼんやりしているものの御神楽岳、五剣谷岳、粟ヶ岳、会津朝日岳から駒ヶ岳にかけての稜線、那須連峰などが望まれた。近洞寺山を経由して、大谷滝尾根を下山する。往き道と違って歩きやすい。ブナ林の彩りが何ともいえない美しさである。コガラやヤマガラのゆったりとしたテンポの調べが森中を流れて行く。その流れに合わせるように我々もゆっくりと下って行く。ヤマエンゴサクとキクザキイチゲが春の野を彩る。帰りは只見線沿いに車を走らせ、会津から六十里峠を越えて、新潟県の入広瀬村に入る。雪に覆われた奥只見の山々は壮観であった。夜は守門岳山麓の大雲沢ヒュッテに宿泊する。同宿者と話が弾み、楽しい夕食であった。
 明くる日は小雨降る中、大雲沢ヒュッテのオーナーのネイチュア・ガイドのもと、守門岳山麓・関越国際大原スキー場奥で、探鳥、植物観察、山菜採りを行う。天候不良で、野鳥観察としての条件は良くなかったが、いくつかの野鳥を身近に見ることができた。この地に棲息するお目当てのイヌワシはその勇姿をみせることはなかった。ブナの新緑の中で野鳥の囀りを聞ける今の時期は言葉に言い表せない幸せを感じる。久しぶりに山菜採りを行なったが、とても楽しかった。

<博士山で観察した野鳥>
ホオジロ、ウグイス、シジュウカラ、ヒガラ、コゲラ、ミソサザイ、ツツドリ、アカゲラ、オオルリ、カケス、ルリビタキ、センダイムシクイ、ゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、アオゲラ

<守門岳山麓で観察した野鳥>
オオルリ、ホオジロ、アオジ、ハクセキレイ、イワツバメ、クロツグミ、アオゲラ、モズ、カワラヒワ、イカル、サンショウクイ

                   写真はこちら