檜枝岐川・実川硫黄沢を遡って尾瀬の湿原へ


東北の沢・福島県の山・南会津の沢
檜枝岐〜七入〜硫黄沢出合〜二俣〜大滝〜バス道路〜御池小屋〜檜枝岐
   
登山日 1996年8月12日
参加者 山野(CL)、富宇賀、西川
天候  晴のち曇
コース・タイム
硫黄沢出合5:10-6:10二俣(朝食)6:45-8:00 15m滝下-8:55 15m滝上-11:05魚止の滝-11:30二俣(水量5:1)-11:50(昼食)12:30-12:35バス道路12:50-12:58御池小屋

 前日に、檜枝岐に入る。民宿かねほんに宿泊する。いつもながら山菜が美味しい。七入の硫黄沢出合までは民宿の車で送ってもらう。緑濃く落葉樹が生い茂り、清冽な流れの中を小気味良く遡って行く。釜を持った小滝が次から次へと現れ、岩床はしっかりとしている。時折、セキレイやカワガラスが飛び去って行く。ネジレの滝の釜は左から捲く。やがて左岸より二条のコケ状の滝が合流する。まだ1時間しか歩いていないが、快適なリズムで遡ってきたので、距離的に大分進んだようだ。ブナやカエデが生い茂り、紅葉期に訪れたい気がするところだ。ここでおにぎりを食べる。
 ほとばしるナメ滝、釜を持った小滝、曲がりくねる小滝、幅広く階段状の美しい滝と流れは変化に富んでいる。足を滑らせ、胸の中まで水に浸かったりもするが、暑い陽射しの中では、何にも気にならない。
 やがて大きな滝が連続し、ゴルジュの中をほとばしり、行く手を阻まれる。滝の右手の傾斜のある壁をザイルを付けて、空身で攀じ登って行く。ザックを吊り上げたり、滝の音で連絡が通じ合わなかったりしたため、思いの外の時間を費やしてしまう。ゴルジュの最後は急流の右壁のバンドをへつって行く。途中捨て縄付きのハーケンが1本打ってあり、これが良きホールドとなる。ゴルジュ帯を抜けると、沢筋は明るく開放的になる。両岸はブナやカエデが茂り、のどかな渓の散歩がしばらく続く。時々イワナの魚影を見かける。
 やがて渓は赤茶けた岩床となり、少々硫黄臭い感じがしてくる。硫黄沢の名付けはこのあたりからきたのであろうか。しかし20分ほどでまた普通の岩床に戻る。上流から釣り人が降りてくる。もうゴルジュを抜けてから1時間半ほどたつので、長池へと分岐する二俣に到着していいはずである。先程見送った分岐が二俣だったような気もする。とにかく、おなかも空いてきたので、ここで昼食をとることにする。昼食は高橋さん差し入れのソーメンである。山でのソーメンは何十年振りであろうか。渓の水に冷やされて美味しさは格別だ。ミソサザイやメボソムシクイの囀りがいつまでも続く。昼食後に5分も遡るとバス道に出てしまう。ああ、我々は憧れの湿原、長池への道を見失ってしまったのだ。
 コマドリの甲高い叫びが山々をこだまする。バスが通り過ぎた直後だったので、御池方面に向かう車に便乗させてもらう。メボソムシクイの囀る中を御池ロッジから燧裏林道の上田代への道へと散歩する。ワタスゲ、サワラン、アザミ、ニッコウキスゲ、クルマユリ、キンコウカなどの花が湿原を美しく彩る。ミズバショウはもう咲き終えていた。湿原の灌木のテッペンではアオジが唄い続けている。まるで鈴の音のように響きわたる。長池の湿原は幻となってしまったが、今こうして長閑な田代の中に身を静めていると、心がなごんでくる。硫黄沢の美しい流れが心の中を駆けめぐり、渓がまたボクを呼んでいる。今度、紅葉の頃にまた入渓したいなあと思う。
 帰路、檜枝岐の温泉(アルザ尾瀬の郷)に入る。林の中の露天風呂は気持ちがいい。

               写真の続きはこちら