秋色に染まる南会津・窓明山


東北の山・福島県の山・南会津の山
小豆温泉〜黒檜沢出合〜三ツ岩避難小屋〜窓明山〜巽沢山〜小豆温泉

登山日 1999年10月15日〜16日
参加者 山野Y(CL)、山野H、内田、尾崎、折笠
コース・タイム
○10月15日(雨)
小豆温泉11:58-13:55ブナ平14:05-15:15オオシラビソの樹林帯-15:55三ツ岩避難小屋
○10月16日(曇)
三ツ岩避難小屋5:55-6:30三岩岳6:35-7:00三ツ岩避難小屋7:25-8:30窓明山8:45-11:10巽沢山11:15-11:45窓明山登山口-12:15小豆温泉・窓明の湯

 ここへやって来たのは、今年3度目。残雪期の新緑にかがやくブナの森がとても良かったので、今度は秋色染まるブナの中を歩き回りたいということでやって来た。来る度ごとにメンバーは変わっており、今回は久しぶりに妻も参加した。秋雨前線の停滞で歩き始めからあいにくの雨だ。でもブナの森へ身も心も溶け込んでいく時、天気など気にしない自分に気がつく。今年の秋はいままで暖かかったので、ブナ平まではほとんど色づいていない。でもブナ平を過ぎるあたりから紅葉が見られるようになり、秋らしい雰囲気が漂ってくる。妻はここまで快調に歩いてきたが、冷たい雨と久しぶりの登山で、疲労が目立ってくる。最後のオオシラビソの登りはゆっくりと歩いていく。4時頃、三ツ岩避難小屋につく。
 ストーブの薪がなかなか燃えない。調べたところ煙突はススですっかりつまっている。薪を燃やしてから、煙突をはずしたものだから、小屋に煙が充満し息が苦しい。尾崎君のすばらしい煙突掃除人の手さばきで、ストーブはすっかり調子良くなった。さすが北海道出身の見事な振る舞いにみんな感心する。小屋は暖まり、濡れた衣服はどんどん乾いていく。前の2回と同じように、今回も私たちだけで、小屋は貸し切りだ。カレーライスとウィスキーと沢山のおつまみが並び、楽しい夕餉がはじまる。山の話をいっぱいし、笑いが弾ける。今日は山の歌集やリコーダーも持ってきて、歌もたくさん唄う。何だかとても楽しい。まるで私達の山荘のような感じがしてきちゃう。山小屋の日記を読んでいたら、私と同じように雪の頃に2回、秋に1回来ている方がおり、同じような人がいるんだなあと思った。夜はいつものことではあるが、興奮して寝つかれない。幸い手元にウイスキーがおいてあり、時々口にしてはウトウトする。夜はいつまでも雨が降り続く。

 天候があまり良くないということで、三岩岳へは行きたい人だけが行くことに決める。結果的には内田さんだけが登る。速い登降で、1時間もすると戻って来た。7時25分、窓明山へと小屋を発つ。足元は水が流れ、ぬかっているものの、降り続いた雨は上がってくる。笹の道を抜けると、一瞬霧が切れ、秋色に染まり始めた山肌が眼に入る。1時間ほどで窓明山につく。下りはブナの森の中に、赤や黄色の紅葉の道が続く。時々ハッとするような秋模様に出会い立ちすくむ。梢ではヒガラが囀り、旅人は秋の森に溶け込む。春の新緑の森を想い浮かべながら眺めていると、現実がだんだん霞んでいく。妻は雨でぬかった道を運動靴で下ったものだから、何度も滑って尻もちをつく。後で手首の骨にヒビが入っていたことが分かり、ちゃんとした靴を履かないと駄目だなと反省する。小豆温泉・窓明の湯に浸かり、名物の山菜天ぷらうどんを食べる。お酒も回ってウトウトし、3時のバスで会津高原駅へ向かった。

  

  

写真撮影:尾崎、内田