ブナの森・南会津・三岩岳

東北の山・福島県の山・南会津の山
小豆温泉〜黒檜沢出合〜三ツ岩避難小屋〜三岩岳直下〜三ツ岩避難小屋〜小豆温泉

登山日 1999年4月28日〜29日
参加者 高橋(L)、富宇賀、伊東、西川、荒川
コース・タイム
○4月28日(曇のち小雨)
小豆温泉11:30-12:37黒檜沢出合-14:20ブナ平への尾根-15:35オオシラビソの樹林帯-16:20三ツ岩避難小屋
○4月29日(雪)
三ツ岩避難小屋6:05-6:35三岩岳直下(引き返す)-6:45三ツ岩避難小屋8:05-10:55小豆温泉

 三岩岳から会津駒ヶ岳へと縦走するのが今回の登山計画である。伊南川沿いの道はコブシや山桜が咲き早春の息吹が感じられる。登山口は小豆温泉・窓明の湯の所にある。歩き始めると直に雪があらわれる。しばらくは黒檜沢沿いに歩いて行く。30分程で橋に着く。長く続いている右腕の痛みが7割程度治り、今日は久し振りの登山である。たったの30分歩いただけで、軽度の血行障害を起こし不安が頭をかすめる。道端にはイワウチワが咲き、渓流ではミソサザイが囀る。ブナの樹々は谷川に折れ曲がり、梢ではヒガラやコゲラが賑やかだ。やがて道が北へ向かうようになると、雪も多くなり、根回り穴のブナの大樹が続くようになる。ブナはまだ芽吹いていないが、森の雰囲気に励まされて、その後は血行障害を起こすこともなく快適な登高が続く。今回が初めての雪山であり、ルックザックや登山靴を新調した荒川さんも元気いっぱい登って行く。ブナ平より少し西側の地点で尾根に出合い、道は直角に折れ、西へと向かって行く。やがて小雨が降りだし少々肌寒くなってくる。しばらくオオシラビソの樹間を縫っていくと、左手にログハウス風の三ツ岩避難小屋を見つける。小屋は小綺麗でストーブや薪まであり、その上私達6人で貸し切りだ。最初のうちは煙突の調子が悪く、煙くて仕様がなかったが、そのうち調子が良くなり、すっかりと暖まってくる。

 この時期には毎年のように山に登っているが、こんなに温かく眠れた夜は経験したことがない。今日は天気が良くなると思っていたが、それは下界の話で、雪は舞い風はやや強く、地吹雪のような感じである。わずかの新雪であるが、オオシラビソは美しく生まれ変わる。30分ほど歩いたところで、リーダーの高橋さんからコールがかかり、天候が悪いので下山することにする。80分ほど小屋で回復を待ったが、大きな回復のきざしが見えなかったので往路を引き返すことにする。ブナの森を楽しみつつ、ゆっくりと下って行く。小豆温泉・窓明の湯で垢を落としサッパリとする。うまいビールでほろ酔い気分となり、4名は檜枝岐へと向かう。

    

          イワウチワ