新緑のブナに会いたい・ふたたび三岩岳へ


東北の山・福島県の山・南会津の山
小豆温泉〜黒檜沢出合〜三ツ岩避難小屋〜三岩岳〜大戸沢岳〜駒ヶ岳〜檜枝岐

登山日 1999年5月16日〜17日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
○5月16日(曇ときどき小雨)
小豆温泉10:40-13:50ブナ平への尾根-14:15オオシラビソの樹林帯-15:08三ツ岩避難小屋
○5月17日(晴)
三ツ岩避難小屋5:30-6:20三岩岳-8:20大戸沢岳-9:35駒ヶ岳9:50-10:05駒ノ小屋10:20-12:00檜枝岐登山口-12:20檜枝岐登山口バス停

 ここへは2週間ほど前に訪れたばかりである。新緑にかがやくブナに会いたい。そして森で囀る小鳥たちに会いたい。それも誰もいない稜線で遊ぶ小鳥たちに。檜枝岐には前日来たが、雨のため山麓の民宿で一日待つ。雨の上がった10時過ぎ歩き始める。道端には赤紫や淡紅色のツツジやイワウチワが咲き、シャクナゲも彩りをそえる。透る新緑。ブナの森にはオオルリの囀りが似合う。「焼酎一杯グイー、焼酎一杯グイー」とセンダイムシクイが唄う。「キョッキョッ」とアカゲラが鳴き、聳え立つブナの大樹を見上げる。3時間ほど、少しずつ変化するブナの森を登高すると、ブナ平からの道に合流する。霧が濃くなり、視界は極度に悪くなってくる。オオシラビソの梢では「チッチッチッ、ツリリリ」とキクイタダキが鳴く。一体何羽いるのだろうか。とても賑やかだ。黄色い頭がはっきりとみえる。ルリビタキやヒガラが樹間を飛び交っていく。視界が悪く、見えるものは雪とオオシラビソと小鳥だけ。やがて、この前に会ったばかりの三ツ岩避難小屋と再会する。この前は2階の窓から出入りしていたが、今回は1mほど積雪量が減って、1階から出入りする。小屋は二人だけであり、落ち着く。今日は煙突の調子が良く、薪は良く燃える。いつまでも山の話に興じる。今回はシュラフもなく、薄っぺらなシュラフ・カバーだけ。それでも、それほど寒くはなく、時々起きては薪を燃やす。夜半過ぎ、夜空にはたくさんの星が煌めくようになる。

 今日は最高の天気。朝の冷気で雪面はクラストしている。アイゼンは持ってこなかったが、二人とも雪慣れしているので、ピッケルを頼りにスイスイと登って行く。メボソムシクイが囀り、「フイフイフイフイ」と鳴きながら、ゴジュウカラが眼の前を飛んで行く。広々とした最後の雪面を登りつめると、標高2065mの三岩岳に着く。北の窓明山から丸山岳と続く稜線はS字状にくねり、会津朝日岳へと連なっている。白きたおやかな丸山岳。20年前に大幽朝日岳から眺めた時とちっとも変わっていない。いつか登りたい憧れの山だ。そして只見川を隔てて、未丈ヶ岳が悠然と聳え、北の毛猛山へと延びていく。あの時、私は会津朝日岳から大幽朝日岳の道を二人の仲間と歩いていた。静かなる山稜でたくさんの野鳥が乱舞し、私達のすぐそばまで寄ってきたのが懐かしい。足速に20年の月日が過ぎ、いろいろなものが大きく変わっていった。けれども山に寄せる想いはなんら変わっていない。変わらない自分が今ここにいることがうれしい。しかも兄と一緒に。
 ここからは南の駒ヶ岳へと向かう。前方には燧ヶ岳が見え隠れする。空はこよなく晴れわたり、積雪は2〜3mあるので、藪は雪で埋まっている。稜線の西側はオオシラビソの樹林帯が続き、東側は三ツ岩沢へと切れ込む。夏道がないので、人がほとんど踏み入らない山稜だ。踏み跡はなく、ウグイス、ヒガラ、ゴジュウカラなどが囀る野鳥の楽園だ。久々の闖入者に驚いたのだろう。ウグイスが急に囀りをやめたりする。この前に来たばかりだし、足の親指の爪も痛むし、ちょっと躊躇いもあったが、やってきて良かったと思う。三岩岳からは3時間ほどで駒ヶ岳に着く。平ヶ岳や越後三山が大分近くなり、まだ沢山の残雪を抱えて白く、眩い。
 下りは速い。滑るように駆け下って行く。三岩岳に比べるとブナは少ないが、新緑のブナがたとえようのない美しさで青空に映えている。緑の中に、いっぱいのタムシバが点綴する。可愛らしいミソサザイが足元から飛び立ち、ブナやミズナラの梢にとまるウソ、ルリビタキ、ジョウビタキ、センダイムシクイを真近かに見る。オオルリの囀りで始まった今回の山行はオオルリの囀りで終わった。
   

    丸山岳、会津朝日岳方面を望む