秋の浅草岳・沼ノ平
  曲は One day in Autumn

東北の山・福島県の山・南会津の山
入叶津登山口〜平石山〜スダレの上〜沼ノ平〜山神杉〜入叶津登山口

登山日 2003年10月10日〜11日

参加者 山野(L)、富宇賀

天候  曇

コース・タイム
入叶津登山口6:00-7:00山神杉-8:10平石山-8:50ブナ平分岐-すだれ岩の上-9:40ブナ平分岐-11:10岩魚沼(昼食)12:12-小三本沢-12:40山神杉-13:15入叶津登山口

 朝8時に所沢を発つ。関越高速道路は空いていて、10時半には小出に着いてしまう。昨年9月の平ヶ岳・池ノ沢での怪我の時にお世話になった小出病院に挨拶に行く。5月に行った時は連休中のせいもあってお会いできなかった看護婦のAさんに会う。元気な彼女から「山で怪我をしたら、また病院に寄ってね」なんて言われる。只見線に沿って車を走らせ、大白川から守門岳・大原登山口へ向かう。少し登れば色づき始めたブナの大木があらわれる。秋空には浅草岳や越後駒ヶ岳などが浮かびゆったりとした時が流れる。大雲沢ヒュッテで手打ちソバを食べ、車は六十里峠へと向かう。アルペン的な鬼ガ面山を眺めながら只見へと下って行く。ちょっと早すぎる午後3時には叶津川・入叶津登山口に到着する。焚き火をしながらお酒を飲み、鹿島からきたという登山者と山の話をする。

 今回の山行は浅草岳登頂が目的ではなく、沼ノ平周辺のブナ林を散策することであった。山神杉までは65〜70才位の方とおしゃべりしながら登って行く。彼曰く「昨年、山神杉で熊に会った」という。沼ノ平へは何度も訪れているらしく、最奥の濁り沼へも行ったことがあるという。岩魚沼から不明瞭な八十里古道を行き、途中から藪を漕いで行けば濁り沼へ行けるという。当初、沼ノ平経由で平石山へ行く予定であったが、「沼ノ平から分岐点までの登りは相当に急であり、平石山へ登った後に沼ノ平へ行った方がずっと楽だ」といわれ、あっさりと予定を変更する。平石山への登りは緩やかで、ブナに加えてミズナラやトチノキなどの大木がいっぱい林立している。はじめのうちは朝靄の中のブナ林に酔い、靄がひいていった後は雲海に浮かぶ紅葉の稜線に眼を瞬かせる。ブナ平は名の如く、ブナの林立する平らな道だ。少し下ると沼ノ平への分岐点につく。朝日岳や駒ヶ岳などの山々が間近に聳えている。快晴の青空の下、浅草岳への尾根道の紅葉が見事だったので、予定を変更して少しばかり登って行く。あまりにも気持ちのいい景色なので、このまま頂上まで行きたい気分にかられたが、標高1162mのすだれ岩の上から下山する。北西に眼をやれば、ブナの森の中にエメラルド・グリーンの濁り沼などが静かに佇んでいる。分岐点から沼ノ平への道は急峻で、固定ロープがいくつも張られていた。沼ノ平付近はブナの大木が多い。森の中の岩魚沼、曲沼は樹影を沼に落とし、やすらぎで心が満たされる。今回は時間的都合で行けなかった濁り沼へいつか行ってみたい。ちょっとだけ歩いた八十里古道とはどんな道なのであろうか。そんなことを考えながら、沼ノ平を後にした。長いこと思い描いていた沼ノ平のブナの森へやっと踏みいることができた。予想に違わぬブナの姿に接し、満たされた心で奥只見を後にした。

                 写真はこちら              

           浅草岳・守門岳7305の記録          鬼ガ面山・浅草岳8206の記録