新雪の南会津・小野岳
  

東北の山・福島県の山・南会津の山
コース 大内宿
登山日 2004年1月24〜25日
参加者 2名
天 候 1月24日(雪のち曇)、25日(晴)
コース・タイム
林道入口7:20-7:53大内宿登山口8:00-9:40最後の水場-10:10送電線見回り道との分岐-12:10、1090m地点(引き返す)-12:30(昼食)13:20-13:45大内宿登山口-14:10林道入口

 今年一番の寒波のため、会津地方には大雪注意報が出され、会津若松市内でも大雪が降った。スノーシューで新雪の中をラッセルし、1090mまで登った地点で引き返した(小野岳は1383m)。スノーシューをはじめてはいたが、大雪後の新雪のため、最後は雪の中を泳ぐような感じであった。
新藤原駅につく頃から、車窓には降ったばかりの雪景色が美しく広がる。幾度となく訪れている南会津であるが、会津田島の駅に降りたのははじめてであった。会津田島からしばらくは右手に那須連峰の山々を遠望できたが、たちまち横殴りの雪となった。
湯野上温泉の近くには、観光地として
有名な大内宿や塔のへつりがあり、
紅葉の時期や雪祭りの時は賑わう
ようであるが、今は観光客もなく、
ひっそりとしていた。
湯野上温泉駅舎。
駅の待合室には囲炉裏があって、
みんなお茶を飲みながら、
電車を待っている。
駅前には湯野上温泉を象徴するように
小野岳がどっしりと聳え立つ。
小野岳
湯野上温泉の民宿”みやもと屋”に宿泊する。
これは露天風呂に向かう途中で撮った写真。
宿の夕食の時、緑山岳会、G登攀クラブで
活躍したSさんと谷川岳や穂高の岩場の
話で盛り上がる。Sさんはかなり卓越した
クライマーで、ひと昔前の山の話は
面白く、そして凄かった。
宿も露天風呂もグッドであった。
同行のYさん。
駐車場の左手の杉林の中に大内宿
登山口がある。
今回の登山目的の一つは
スノーシューの訓練。
買ったのは二年以上も前だが、
今まで使うチャンスに恵まれず、
やっと望みをかなえる日がやってきた。
はじめのうちは膝くらいまでのラッセルで
スノーシューの効き目を感じた。
とはいえ、大雪後の新雪で歩みは
遅々としている。杉林がミズナラの
大木となるあたりで左の分岐道を
選択する。このあたりから新雪と
いうよりも深雪のラッセルという
感じが漂う。
  

           苦しいラッセル。でも新雪の中にトレイルを刻んでいく歓びがある。

   

                     静かな静かな森の中

        急峻な登りとなり、深い新雪のため、雪は崩れやすくなる。スノーシューを
        はいても泳ぐような感じ。すぐ先がなかなか届かない感じになってきた。

               次の写真            小野岳 0405