綴れ錦の秋と温泉の山旅・南会津・大嵐山
東北の山・福島県の山・南会津の山
湯ノ花温泉〜大嵐山〜湯ノ花温泉

登山日 2000年10月28日
参加者 山野Y(L)、山野H、富宇賀、内田、川口、尾崎、折笠
天候  曇
コース・タイム
会津高原駅9:40-10:15登山口10:25-10:35湯ノ倉山-12:25、1450m地点-13:15大嵐山14:00-15:50登山口-16:10湯ノ花温泉

 南会津と聞いただけで、静かな心優しい山村風景と森が浮かんでくる。今回の山行は昨年の秋に登った南会津・窓明山のメンバーに2名(富宇賀さんと川口さん)が加わった。顔ぶれが多彩となり、往きの車の中から賑やかな山旅となる。車窓に映る紅葉で心が弾んでくる。登山口から10分も歩くと、昨年切り開かれたばかりの湯ノ倉山への登山道に出会う。この道は大嵐山の迂回路のような形でつけられている。始めのうちは滝沢沿いのやや暗い感じの林の中を縫っていく。沢筋で日の射し込みが弱いため、紅葉はいまいちである。シダやヤグルマソウがびっしりと地肌を被い、トチ、カツラ、サワグルミの原生林が静けさを誘う。沢筋を離れると道はブナ林の中の急登となる。カミさんは1年振りの登山であり、少々息苦しそうではあるが、足どりは快調だ。昨秋の窓明山では雨降るぬかるみの中を、普通の靴で下ったために、滑って手首の骨にヒビが入ってしまった。今年はその反省から、ゴアの雨具と登山靴を新調し、下りもバランス良く降りていた。やがてイワウチワ、ツルリンドウ、チゴユリなどが見られるようになり、昨年足げに通った窓明山から会津駒ヶ岳への稜線が指呼できる。燧ヶ岳の双頭峰も良く見える。頂上直下はアズマシャクナゲが多い。33年前の今頃、会津七ヶ岳へ登った時のことをふと思いだし、南会津の山並みの優しさに憩らぎを感じる。ハウチワカエデのあでやかな紅葉は少ないけれども、山々は錦繍の秋模様に彩られている。南会津の山々は静かで素朴な感じが漂う。秋がとても似合う心を持っている。大嵐山の頂に着いた頃には肌寒くなり、甘酒とミルクココアを飲んで少し身体を暖める。大嵐山の南には枯木山という夏道のない藪山がある。緑豊かな渓(湯ノ岐川・渡沢)のあたりに眼をそそぎ、あそこを遡り枯木山の頂に立てたら「素敵だな」と夢を馳せる。帰りは往路をそのまま引き返す。湯ノ倉山への道は行きたい誘惑にかられるひっそりとした道であったが、一瞥しただけで素道りした。赤や黄や橙の落葉樹に抱かれ、落ち葉をカサカサと踏みながらの下りは快い。今宵の宿「湯ノ花温泉・みやま荘」には4時頃に着く。温泉の後は笑いの絶えない賑やかな夕食となる。呑めない私でも、おいしい骨酒を呑むことができ感謝でいっぱい。話が弾んで、時計は12時を回り、一緒に山に登り自由に話せる仲間がいることは幸せなことだと思った。南会津には静かでいい山がいっぱいある。中高年のさすらい人にはうってつけの山々が連なっている。おみやげの赤かぶは家族や近所の人たちに大人気。トチの実大福を食べながら、大嵐山のトチを想い浮かべた。
      頂上で甘酒呑んだよ!     
   

                                撮影者:尾崎さん