南会津・志津倉山

東北の山・福島県の山・南会津の山

大沢コース〜シャクナゲ坂〜ブナ平〜志津倉山〜細ヒドコース
登山日 2004年10月15日〜16日
参加者 山野夫妻、富宇賀、尾崎
コース・タイム
10月15日(雨のち曇)
 西武池袋線・小手指駅5:45-東北自動車道-塩原-会津田島-昭和村-大辺峠-11:05登山口11:10-12:42シャクナゲ坂入り口-13:10三本松-13:55志津倉山1234M(昼食)14:40-16:05登山口16:20-18:50新潟県・入広瀬村・大雲沢ヒュッテ(泊)

10月16日(晴)
 守門岳&浅草岳山麓にてキノコ採り。

 東北自動車道経由で南会津へと向かう。志津倉山登山口に向かう林道の入り口には“二階の清水”の標識が立っている。大辺峠までジグザグを繰り返しながら登って行き、そこからしばらく下って行くと大沢に架かる橋に出会う。ここが志津倉山の登山口であり、登山案内板と“志津倉の鐘”がある。出足から落葉樹の茂るいい雰囲気の道である。歩き始めは小雨が降っていたが、じきにやむ。今年は例年よりも紅葉が大分遅く、あたりは紅葉していない。大沢の左岸には雨乞岩と呼ばれる巨大なスラブが出現する。なかなか見事な眺めである。日照りの時に雨乞岩で祈れば、たちどころに雨が降るという言い伝えのあるところだ。しばらく急登が続き、登山道は沢から遠ざかって行く。「まだ水を汲んでいないよう。まぁいいか」と言いつつ登って行くが、猫啼岩とか扇風岩を通り過ぎると再び大沢に合流し、ポリタンに水を汲む。ここからシャクナゲ坂の急峻な道となる。木の根や鎖に掴まりながら痩せ尾根を登高する。ブナ林の茂みの奧には屏風岩が聳え立つ。優しいブナ林と怖れ多い切り立つ岩場の対比がおもしろい。標高1000mを越えるあたりから、ブナ林も色づきはじめ、落葉を踏みしめながら登ってゆく。ブナ平で急登から解放され、優しさの漂うブナの森となる。至福の時を刻みながら、平坦な道をちょっと辿って行くと志津倉山の頂上につく。ちょうど空も晴れ上がり、越後や南会津の懐かしい山々が一望できる。ナメコ汁を啜りながら、お弁当の“おいなりさん”を食べる。下りは10分ほど稜線を歩いた後、北北西へと向かう細ヒドコースを下る。この道も急峻であるが、ブナの茂るすばらしい道だ。見惚れるような大木があちこちに聳立している。今年の紅葉は鮮やかとは言い難い。でもかすかに彩られた秋色がなんともいえない美しさであった。

会津宮下からR252に入り、六十里を越えて新潟県の入広瀬村に入り、大雲沢ヒュッテに泊まる。明くる日はヒュッテのオーナーと一緒に守門岳&浅草岳山麓でキノコ採りを行った。主な収穫はナラタケとスギヒラタケであった。

               写真はこちら