南会津・田代山湿原


東北の山・福島県の山・南会津の山
湯ノ花温泉〜猿倉登山口〜小田代〜田代山〜木賊温泉

登山日 2001年10月20日〜21日
参加者 山野Y(L)、山野H、川口、尾崎
天候  晴
コース・タイム
会津高原駅9:40-10:40猿倉登山口10:46-12:05小田代-12:40田代山13:30-16:00林道(登山口)16:35車に乗る-16:50木賊温泉

 恒例となった南会津・紅葉の山旅は今年で3年目を迎えた。今年の7月に馬坂峠から1時間ほどで帝釈山に登る新道が開通した。タクシーの運ちゃんにはその旨伝えたのだが、幸か不幸かタクシーは猿倉登山口へと向かっていく。馬坂峠へは長いこと車に乗らないと着かないし、今日の長い行程を考えたら、運ちゃんは正解手順を踏んだように思う。湯ノ花温泉から数キロ進むと茅葺き屋根の家が散見されるようになる。畑にはススキの干す姿が目に映る。運ちゃんによれば、この辺では茅の代わりにススキを乾燥して屋根に使うとのことであった。今年は殊の外冷え込みが厳しく、紅葉する前に葉がちぢれてしまい、美しい紅葉は見られないという。「そんなことおっしゃらないで」と言いたかったが、周りの景色を眺めると、そんな感じがする。今夏は晴れの日が多く、秋は急に冷え込んだので、すばらしい紅葉を期待していた。今年はお彼岸に初霜がおり、その後も何回か霜がおり、そのことが紅葉には良くなかったようである。
 猿倉の登山口は少し離れて2ヶ所あるが、両方ともたくさん駐車している。どうもピストン登山者が多いようだ。私たちは上の南登山口から登る。突き抜けるような青空の下、はじめから結構急な登高である。この高度(1500m以上)ともなると落葉樹は少なく、オオシラビソが目立つようになる。登山者は全部で100人位いるのであろうか。とにかく賑やかであった。南会津というと静かな山を思い浮かべるが、この山はちょっと違うようであった。南には女峰山、赤薙山、男体山などの日光連山が澄み切った空にくっきりと浮かんでいる。眺めていると、とても幸せな気分になる。南西の方角に見える燧ヶ岳に似た双頭峰は何という山なのだろうか。ちょっと気になる存在だ。急な道が平らになると木道が敷かれた小さな湿原に飛び出す。小田代湿原は薄褐色に彩られ、日向ぼっこが気持ち良い。大きな体をした人が汗をタラタラ流して登ってきた。体重が105キロもあるという。10キロの水を背負っていると言っていたが、ザックは蝉がとまっているようにみえた。ここから高度差100mを登り切ると田代山の頂上湿原に飛び出す。夏はチングルマ、ワタスゲ、タテヤマリンドウ、ヒメシャクナゲなどいろいろな花で彩られるこの湿原も、今は薄茶色に彩られた枯れ草で覆われている。青い池塘がシラビソを投影し、たくさんの登山者が楽しそうにくつろいでいる。木道の上を弘法大師堂へ向かって10分ほど歩いて行ったが、帰りの時間のことを考え適当な場所を選んで昼食とする。標高が2000m近いので、午後の3時ともなると肌寒い。川口さん持参の美味しい味噌汁で暖まる。
 下り道は木賊温泉まで12キロと書かれた道標が立っている。この時間から下るにはちょっと不安がかすめたが、とにかく下り始める。のっけから熊笹の藪漕ぎである。このメンバーで大丈夫かなと思い「このまま下って行っても大丈夫?往き道に変更してもいいよ」と言ったら、みんなから「大丈夫。ここまできたら、行くっきゃないでしょ」という元気な返事が返ってきた。それではツエルトもあることだし、楽しく下ろう。藪で時々道を失うが、藪が切れた時に赤褐色に染まる山肌が眼にはいる。優しい景色に心はなごむ。あんなに沢山いた登山者の中で、この道を下るのは私たち1パーティだけであった。頂上にいたあるパーティが木賊温泉への道は廃道だよと言っていたが、赤布やテープが所々にあって道しるべとなる。憂愁感の漂う秋のたそがれもまたいい。落葉を踏みしめ、ミズナラやブナの黄葉の中に時折ハウチワカエデの紅が映える。だんだんと日没が迫ってきたが、高度計があるので、林道へでる時間が計算できありがたい。午後の4時に登山口の林道にでた。2時間半、6キロの急坂であったが、明るいうちに林道にでることができた。
 木賊温泉までは、更にあと6キロもある。けれども色があせているとはいえ、昏れゆく林に赤や黄に漂う落葉樹の林に心憩(やす)らぐ。このあたりは川衣と呼ばれ、地元では紅葉の名所のようだ。長い道のりを覚悟していたところ、後ろから営林署の方の車がやってきて、全員便乗させてもらう。彼らの話によれば「今年は紅葉するのが早く、けっこう美しかった」とのこと。短い期間ではあったが、山の上の方はいい紅葉が見られたようだ。車だと速い。15分ほどで木賊温泉についてしまった。
 今宵の宿は「ふる里」という民宿だ。紅葉の時期でもあり、客でいっぱいなのに奥さん一人で何から何まできりもりしている。夕食の準備に忙しくて、客の接待には手が回らない。尾崎君が夕食を運ぶのを手伝っていたら、他の客に宿の人と間違えられる一幕があった。とはいえ、お酒が回って楽しい夕食であった。テレビではプロ野球の日本シリーズ(ヤクルト・大阪近鉄戦)が行われていたが、酔いと疲れでじきに寝てしまった。

 明くる日の朝食後は奥さんにも少し余裕ができて、いろいろと村の話をしてくれる。少し前までは娘さんが宿の手伝いをしていたが、都会へ出ていってしまったようだ。最寄りのバス停まで車で送って欲しいと言ったら、でてきた運転手は奥さんの旦那らしき人であった。奥さんがてんてこまいの忙しさであったのだから、手伝ってあげればいいのになんて、みんなで思ってしまった。でも紅葉の美しいところへ立ち寄り、L字形の茅葺き屋根のある舘岩村・前沢曲家集落まで送ってくださる親切なおっちゃんであった。曲家を散策し、昨年登った大嵐山を仰ぎ、会津高原駅までバスに揺られていく。
写真撮影:尾崎、山野
  
         小田代湿原                 田代山頂上湿原
 
               

                             秋模様・木賊温泉への道              

   

      舘岩村・前沢曲家           前沢曲家・L字形の茅葺き屋根