阿弥陀岳北稜


八ヶ岳・美濃戸口〜行者小屋〜阿弥陀岳北稜〜阿弥陀岳〜中岳へのコル〜行者小屋〜美濃戸口

登山日 2001年12月29日〜30日

参加者 高橋(CL)、加藤、山野

コース・タイム

○12月29日(晴)

中央本線・富士見駅10:44-11:00美濃戸口-11:55美濃戸(昼食)12:25-14:50行者小屋(泊)

○12月30日(雪)

行者小屋6:55-7:10赤岳文三郎道分岐-7:15北稜取付き-7:55北稜-9:08第一岩稜下-11:05阿弥陀岳-11:47中岳へのコル-12:32行者小屋(昼食)13:23-14:40美濃戸14:50-15:37美濃戸-16:10中央本線・茅野駅

 キュッ、キュッと新調したゴアテックスの登山靴が快い音をたてていく。つい1ヶ月前までは沢登りに集中していたが、今日はこうして雪の大地に立っている。沢登りというと全くといっていいほど登山者には出会わない静かな山旅であるが、ここ行者小屋への道はとても賑やかである。冬の八ヶ岳には何度も来ているので、「又やって来たよ」と山々に挨拶する。何かふろさとに帰ってきたような、そんな気がしてならない。今年の二月に、今回の高橋リーダーを含め4人で北稜に行く予定をしていたが、気管支炎のため、私だけは参加できなかった。今回ふたたび高橋さんから八ヶ岳に行かないかとの声がかかった。候補として、赤岳主稜、横岳石尊稜、阿弥陀岳北稜があげられ、北稜に決まった。風邪をひかないように夜は加湿器をかけ、日和田山のアイゼン・トレーニングを二回行い、山行に備えた。

 今回のメンバーは高橋さんと彼女のフリークライミング教室の仲間で加藤さんという女性である。年齢は不詳であるが、私よりははるかに若い。八ツのオープニングはヒガラの囀りで始まる。美濃戸でお弁当を開け昼食をとる。のどかで暖かく春のような陽気である。明日登る阿弥陀岳が凛然として聳え立つ。南稜、広河原沢奥壁、中央稜が美しく刻まれている。ひとつひとつの想い出を重ねて懐かしく眺め入る。雪をかぶったシラビソの林に入ると心は憩らぐ。そよ風に吹かれてひらひらと風花のように雪が舞う。林を抜けると青空のもと雪の鎧で身を包んだ横岳から赤岳へと続く岩稜がパッと眼に入った。ひときわ目立つ大同心の大岩の右手に昨年登った大同心ルンゼがはっきりと望まれた。写真をパチパチと撮りながら、のんびりと歩む。それでも3時ちょっと前には行者小屋に着いてしまった。

 小屋の周りには年始を山で迎える人たちのテントが30くらい張られている。白銀の山々が間近に大きく迫り、夕陽に照らされて黄金色に染まる。明日登る阿弥陀の北稜をじっと見入る。小屋番のいる山小屋に泊まるのは春の五竜岳以来だから、11年振りということになる。小屋泊まりは何もしなくていいので、楽ちんだ。夕食はけんちん汁風のお吸い物であった。オモチを入れれば正月用のお雑煮になるのであろう。外に出れば星が煌めき、ペガスス、アンドロメダ、ぎょしゃが中天を飾っている。月あかりの中の雪嶺がことのほか美しい。テントからは灯りがこぼれ、夕餉の楽しさが伝わってくる。この天気はいつまで持つのだろうか。東北に中心をもつ大きな低気圧が明日はやってくる。午前中だけでも天気がもちこたえてくれたらいいのだが。小屋に入れば暖かい炬燵があって、冬山を感じさせない。愛知から来たという二人連れと、しばらく山の談義をする。高橋さんとはフリークライミングの話で弾む。明日はどこを登るのと聞くと、冬の行者小屋に泊まりたかったとのことで、特に登るところも決めていないような感じであった。そのうちに60才位の小柄な方がカラビナをガチャガチャさせて入ってきた。13人パーティでここまでやって来て、今山から下りて来たが、テントの中に自分の寝場所がなくて、小屋にやってきたようだ。「どこを登ってきたの」と聞くと、午後5時に小屋を発ち、一人で北稜を登り、今(午後8時30分)降りてきたという。登る仲間を誘ったが、誰も応じてくれなかったようだ。月明かりで、ヘッデンもいらなかったという。ほんまかいなと聞いていたが、山にはこんな軽業師というか、達人のような人がいるものだと感心する。「北稜へは私のトレースはついている。岩場のハーケンは掘り出してある。阿弥陀の下降のラッセルが深かった」などと話がつづく。夜間の登攀訓練だったともいう。聞きはしなかったけれども、北稜には何度も登っていて勝手を知ったルートなのだと思われた。月と星に照らされた夜の雪嶺の一人歩きは荘厳で、さぞかし美しかったに違いない。ふだん山小屋に泊まらない私であるが、山小屋泊まりも楽しいなあと思った。炬燵に足を突っ込んで寝ているので、とても暖かい。夜中の2、3時になると身を震わせるいつもの仕草も今朝はなかった。

 朝外に出ると雪が舞い、新雪が積もっている。山の上部は風が強そうである。登攀用具で身をかため、7時に小屋を発つ。雪は1〜1.5m位積もっており、12月の八ヶ岳としては例年になく雪は多い。真綿で包まれた新雪のシラビソの林は気持ちよい。赤岳文三郎道分岐より、中岳沢を200mほど登ると北稜へと登るトレースがうっすらとついている。昨晩軽業師がつけた道だ。結構もぐりながらも少し登ると枝尾根に出会う。雪が深いので、ラッセルを交代しながら進んでいく。この尾根をしばらく登った後、トラヴァースを続けて行くと北稜に合した。ここまで取り付き点から40分。稜を左に折れようとすると右だというので、そちらに行ったが間違いであった。磁石で確かめ南へと進路をとっていく。方角が南西に向かうあたりから雪稜は急峻となる。高橋さん、加藤さんの二人とも馬力があり、グイグイと登っていく。その後を、心臓をパクパクさせながら追っていく。9時には第一岩稜の下につく。乳白色の空からは雪が舞い、風も吹き肌寒い。テルモスのふたを開けようとするが、凍っていてなかなか開かない。暖かい紅茶を飲んで一息つく。

 高橋さんはこの一年間多くのフリークライミングをこなし、今年の二月にも北稜を登った経験があるので、今回のリードは高橋さんとあらかじめ決めておいた。岩壁の基部にビレイをとった後、ピッケルをふるいアイゼンを軋ませて、凹角をジリジリと登っていく。6mほど直上したところで、左に折れ姿は見えなくなる。ロープが25mほど延びたところで、動きは止まったが、なかなかゴーサインがこない。ビレイをしていると寒さで身がガタガタと震える。じっとしていると寒いので、加藤さんも体や足をしきりに揺り動かしている。そのうち笛がなり、加藤さんはアッセンダーで登り、最後は私が登っていく。第二岩稜も同じオーダーで登る。視界がぼやけているものの、右手はスパッと切れており、身が引き締まった。短い雪のナイフリッジを越え、しばらく登高すると石仏や石碑のある阿弥陀岳2805mの高みについた。
 光を失った空間の中を南稜方面から登山者が登ってきた。僕が踏む6度目の阿弥陀の頂きは視界が全くきかず、風雪が舞っていた。アンザイレンをほどき、下りの方角を地図で確かめると、記念写真を撮ることもなく、そそくさに下山を開始する。視界は極度に悪いので、下山路はわかりにくい。最近、北西稜登攀の帰路、間違えて中央稜の方へ誘い込まれ、重度の凍傷を起こした事故があったので、気をつけないといけない。一時北稜への道に誘い込まれたが、すぐに軌道修正し、中岳のコルを目指し北東へと進んでいく。雪が多いので岩が隠れ、かえって歩き易い。中岳沢への分岐で休憩し、紅茶を飲む。幸せで心もなごむ。中岳沢は雪が吹き溜まっている。かつて大雪崩を起こしたことがあり、注意しないといけない。下から吹き上げる風雪で、眼を開けていられない。そのうち眼に入った雪片で眼が見えなくなる。ゴーグルをつけてようやくちゃんと歩けるようになった。今日は天気が悪かったので、北稜を登ったのは私たちだけであった。明日は晴天が予想されるので、みんな明日登るのであろう。

 5時間半の行動中はほとんど食べ物を口にしなかったので、行者小屋でゆっくりと昼食をとる。下山路は往きと同じ柳沢の南沢を選ぶ。年末年始を行者小屋で迎える人たちが次から次へと登ってくる。みんな大きなザックを背負っており、登攀用具と同じだけ、年越しそばやモチやお酒がつまっているものと思われた。今回は50cmアイスバイルだけを持参したが、雪のラッセルが多く、ピッケルが欲しいなあと思った。私が阿弥陀の北稜に登りたいなあと思ったのは1965年の正月に兄たちと県界尾根から横岳、赤岳を経て阿弥陀岳を登った時であった。ジャスト20才の時であり、あれから37年の月日が足速やに過ぎていった。新しい仲間とともに冬の八ヶ岳の想い出がまたひとつ加わった。