越後・荒沢山


越後の山
越後中里〜柄沢山〜荒沢山〜キレット〜荒沢本谷出合〜土樽

登山日 1979年4月14日〜15日
参加者 山本、山野、内藤、大工
コース・タイム
 ○4月14日(曇のち雨)
越後中里7:25-9:12北沢の頭9:30-9:55柄沢山-10:57荒沢本谷源頭-11:40荒沢山直下
 ○4月15日(快晴)
キャンプ地7:05-7:10荒沢山7:50-8:00キレット8:20-8:30キャンプ地8:45-9:10荒沢本谷源頭-11:25荒沢本谷出合13:15-13:55土樽

 荒沢山、足拍子岳は谷川岳のすぐ隣にあり、遡行価値のすぐれた沢や岩登りルートも沢山あるのに、谷川岳があまりにも有名なため、山好きな人達でも名前すら知らない人が多い。土樽駅の真前に大きくそびえ立ち、駅からも深く抉られた谷を白布をかけて薙ぎ落ちる様子を手にとるように見ることもできる。東京雲稜会が『岩と雪』の24号・25号に地域研究・越後・足拍子岳周辺の谷を「喧噪をきわめる谷川岳の近くで不遇をかこつ山-荒沢山と足拍子岳・標高わずか千数百メートルだが、その周辺には興味ある谷が刻まれている」というタイトルで報告(1972年)し、最近ではこぶし山の会の近藤和美氏らによって厳冬期の岩壁ルートの開拓が積極的に行われている。
 越後中里スキー場のところから尾根にとり着く。はじめのうちは少々道も悪いが、しばらくすると歩き易い道となる。今年は暖冬のため、やはり雪が少ない。そのため4月の山というよりも5月下旬〜6月上旬の山という感じがする。それでも平標山から万太郎山にかけての残雪豊富な山々を身近に見るとき、春たけなわという感じがする。仙ノ倉の西ゼン・東ゼンはびっしりと雪に埋まっている。
肌寒く、今にも降り出しそうな天気だったが、案の定ポツリ、ポツリと雨が降ってくる。北沢の頭、松の廊下を経て柄沢山へと向かう。雨はしとしとと降り、誰もいない静かな山稜だ。晴れていれば素晴らしい山道なのだが、あいにくの雨で愚痴が多い。柄沢山からは稜線上を南へ南へと進む。荒沢山直下の雪渓上に雪洞を掘り、今日のねぐらとする。雪が少なかったため十分な雪洞は掘れなかったが、ツェルトを張ってスペースを拡げる。雨で濡れたため夜は寒かった。

 朝、目を覚ますと雨は上がり、昨日は見えなかった足拍子川本谷のスラブ状岩壁が眼前に吸い込まれるような感じで聳え立つ。東には大源太山や柄沢山から巻機山へかけての白い山並みが手にとるように見える。朝食後、空身で荒沢山そしてキレットまで行ってみる。今日はすっかり晴れ上がり、足拍子岳へはやせ尾根が続き、足拍子の岩壁やセナコウチ沢の急峻な雪渓がくっきりとのぞまれる。荒々しく岨立ち、恐怖の岩壁だ。ここから眺める谷川連峰は高く大きく、燦々とした春の陽射しを受けて、残雪をまばゆく輝かせている。下りは荒沢本谷沿いの細々とした道を下降する。荒沢本谷は滝、滝の連続であり、激しい水しぶきを上げている。この山道は可憐なイワウチワが咲き乱れ、キブシの黄が春らしい美しさを添える。暖かな天気に浮かれたクジャクタテハが舞う。正面にタカマタギの雄大な山稜を見ながらのんびりと下る。きのうのうっぷんを晴らすかのように春の陽射しを身体いっぱいにあびる。荒沢本谷の出合で2時間もの大休憩。山菜を食べ、ひなたぼっこをしてくつろぐ。

                     荒沢山 80年4月