ヒメサユリ咲く浅草岳

  曲はTwinkle Snow

会越国境の山
ネズモチ平登山口〜浅草岳〜天狗の遊び場〜浅草岳〜カヘヨボッチ〜桜ゾネ登山口

登山日 2004年6月26日
参加者 山野(L)、山田
天候  雨
コース・タイム
 ネズモチ平登山口10:18-12:45浅草岳-13:05天狗の遊び場-13:30浅草岳-14:10カヘヨボッチ-15:00桜ゾ ネ登山口-15:35ネズモチ平駐車場

 前夜は石打にある親戚の別荘に宿泊した。R17からR252へと入り、大白川からネズモチ平へと走って行く。今日は守門岳に登る予定であったが、朝から雨が降っていたので、登高時間の短い浅草岳に変更する。梅雨前線の北上による雨ではあるが、幸い小雨であり、登山に支障はない。雨に濡れたウラジロヨウラクが美しい。ギンリョウソウ、ヒメサユリ、ツクバネソウ、ユキザサ、ショウジョウバカマ、コミヤマカタバミ等が眼につく。小雨の中ではあるが、オオルリ、ウグイス、ミソサザイ、コマドリが囀っている。中でもオオルリの囀りが目立つ。前岳から頂上にかけてはヒメサユリが群生している。雨でしっとりと濡れたヒメサユリは可憐である。木道の上を歩いていると、三月まで勤めていた会社の山の会の10名位のパーティとばったりと出逢う。頂上に着いた時は視界が悪く、風が吹いていて少々肌寒い。ちょっと天狗の遊び場まで行ってみる。頂上直下にはヒメサユリに加えて、ツバメオモト、ゴゼンタチバナ、イワハゼ、ハクサンシャクナゲ、コバイケイソウ等が観察された。天狗の遊び場には、高山植物は咲いてなく、天気が良かったら昼寝でもしたくなる草原であった。浅草岳山頂でお弁当を食べた後、帰りはカヘヨボッチを経て桜ゾネへと下って行く。車で大白川へ行き、今夜は守門岳山麓の大雲沢ヒュッテに宿泊する。
  

                      雨で滴るウラジロヨウラク                                         

  

         マイズルソウ&ゴゼンタチバナ                イワハゼ

  

                         雨降る浅草岳山頂 1586M

  

             ヒメサユリ                    最後に残った一輪(シラネアオイ)

  

             ツマトリソウ                       ギンリョウソウ

                        雨に濡れたヒメサユリ