秋の八十里越

  曲はTender Lullaby

新潟県の山
吉ヶ平(404m)〜番屋乗越(895m)〜ブナ沢〜鞍掛峠(965m)〜田代平〜木ノ根茶屋跡〜松ヶ崎〜大麻平(505m)〜入叶津

登山日 2009年9月22日
参加者 8名
天候   小雨のち曇
コース・タイム
 大白川・大雲沢ヒュッテ4:50(車)-5:50吉ヶ平6:05-6:12馬場跡-7:12椿尾根-8:12山の神-8:28番屋乗越-9:57ブナ沢-10:21空堀茶屋跡-10:30空堀-11:40鞍掛峠(昼食)12:05-12:50田代平13:03-13:35木ノ根茶屋跡-14:20松ヶ崎-16:25大麻平-17:05入叶津手前17:15-(車)17:20入叶津-18:10大雲沢ヒュッテ

 八十里越とは越後・下田村吉ヶ平から会津・只見町叶津へ抜ける古道で、およそ8里。32kmであるが、険しいためにその10倍の行程に感じるということで名付けられたといわれている。でも実際の距離は32kmよりも少ないようである。かつては越後と会津を結ぶ重要な生活道路であった。戊辰戦争では、長岡城の攻防戦で負傷した長岡藩家老河井継之助が会津に逃れるため、この峠を越えたという史実が伝えられている。昔の人々を偲びながら、雪国の古道を歩くのも楽しみの一つである。守門岳山麓の大雲沢ヒュッテで八十里越登山が企画され参加した。

 宿から車で約1時間、吉ヶ平につく。小学校跡の少し先が八十里越のスタート地点である。出発と同時にカケスが飛び立ち、小雨が降り始める。ノコンギク、カメバヒキオコシ、クロバナヒキオコシ、キバナアキギリ等の秋の花が咲く緩やかな道を登っていく。この先、会津の大麻平まで、やや滑り易い所にはトラロープが張られ、そういうへつり気味の箇所が時々現れたが、道はよく刈り払われ、概ね歩き易かった。歩きは比較的ゆっくりとしたペースであった。最近は長時間、長距離の登山をしておらず、おまけに腰痛持ちなので、今の私には丁度よいペースであった。約1時間の登高で椿尾根につく。大分歩いたねと言ったら、まだ今日の行程の10分の1だという返事が返ってきて、大笑い。
 山の神につく頃には雨も止む。しばらくして、番屋乗越につく。流れ弾を膝に受けて倒れた河井継之助が戸板に載せられて会津へ落ち延びる時、ここで、「八十里 腰抜け武士の越す峠」と自嘲の句を詠んだといわれている。しばらく歩くと北に大谷川を隔てて粟ヶ岳等の川内山塊の山々が連なって見えた。初めて沢らしい水の流れに出会うとブナ沢であった。沢はせせらぎのようですが、この沢の下流にはすばらしいゴルジュがあることを高桑信一さんの著書で読んだことを思い出す。しばらく歩くと古道の名残である石積が見られた。ブナ沢の支流、高清水沢を横切る。高清水沢の奧壁を抱えた烏帽子山の眺めが素晴らしい。雰囲気のいいブナ林も現れ、八十里越も佳境に入った感じがしてくる。鞍掛峠にかけてはシソ科のクロバナヒキオコシが多く、この小さな暗紫色の花の蜜 を吸うスズメバチをよく見かける。リーダーが葉を払ったりしないようにと再三注意をよびかける。確かに、そっと見ている分には襲ってくることはない。でも大好物のクロバナヒキオコシが多いので、細心の注意が必要である。何せ9年前の秋に、荒沢岳でスズメバチにばっちりと刺された経験があるだけに尚更である。ヒキオコシ“引き起こし”は、別名をエンメイソウ(延命草)といい、弘法大師が倒れていた旅人に葉の絞り汁を飲ませたら元気を取り戻したという伝説がある。空堀茶屋跡を通過すると、直に空堀の分岐点につく。丸倉1.6Kと書かれており、ここへは山菜採りの方がよくやってくるそうです。大きなキノコが散乱しており、リーダーからマスタケだと教わる。やがて川内山塊のよく見渡せる所にでる。リ−ダーから矢筈岳、青里岳、五剣谷岳、光明山を教わる。いずれも登山記録を読んで名前は知っているが、登ったことのない憧れの山々である。五剣谷岳は来春に登りたい山の一つである。11時40分、八十里越で一番標高が高い峠、鞍掛峠(965m)に到着し、ここで昼食をとる。時間的にはここが八十里越のほぼ中間点で、距離的にはこの先の田代平が中間点のようである。この先、開けた所では黒姫と袴腰が展望できる。黒姫には春に反対側の下黒姫沢から二度登っており、今日もたおやかに聳えている。橋台の石積跡を見ると直に田代平につく。湿原は紅葉で淡く彩られ、一足早い秋模様に包まれていた。眼前には浅草岳が大きく聳えている。林道を少し歩き左手の新道に入る。古道は浅草岳・沼ノ平を通る道なき藪道であり、リーダーは踏破している。新道にはトラロープの下がる箇所もいくつかあるが、概ね緩やかな下り道である。福島県に入ると天気はよくなり、日が差しこむようになる。泥道も度々現れるが、ブナ林が多くなり、心も鎮まる。ブナに癒されながらの気持ちのいい下降である。道端には淡紅紫色の唇形をしたオニシオガマがいっぱい咲いている。ナメ状の沢を渡ると、広い道となる。16時25分、国道工事中の大麻平につく。アスファルトの道を2Kmほど歩いたところで、リーダーの奧さんの車の出迎えを受ける。ありがとう!楽しい歴史の山旅でした。入叶津から田子倉ダム、六十里峠を経て約1時間で、大雲沢ヒュッテにつく。浅草・守門山塊はよく歩いていますが、八十里越をしていないことが心残りでした。腰痛を抱えながらも、11時間、約30キロの山道を歩けたことがとても嬉しかった。


          写真はこちらのカメラをクリックしてください