スズメバチに刺された・中ノ岐川・灰ノ又沢右俣から荒沢岳


越後の山・奥只見の沢
銀山平〜灰ノ又橋〜灰ノ又沢右俣遡行〜荒沢岳〜銀山平

登山日 2000年9月15日〜9月16日
参加者 大内、梅香、折笠、山野
コース・タイム
○9月15日(晴)
雨池橋10:10-11:00灰ノ又橋11:50-13:42花降沢出合-14:00裏荒沢出合14:45-15:35ゴルジュ終了-16:40二俣
○9月16日(晴時々曇)
7:25(右俣に入る)-8:25二俣-11:55荒沢岳12:28-17:00銀山平

 中ノ岐林道に入るのは今回が5回目である。想い出を一つ一つ拾い集めながら歩いていく。ススキがなびき、空は青く、そよ風も吹いている。これだけだと秋を感じさせるが、気温は30℃を越し、真夏さながらの強い陽が照っている。右岸を流れる中ノ岐川は美しいナメの河床が続いており、所々で釣り人が糸を垂れている。やがて左岸から滝沢が注ぐ。出合に50mのナメを懸けて林道へと水を走らせている。名が示すように、50m大滝を始めとして、多くの滝を懸け、荒沢岳支稜の本城山へと突き上げている。万年雪、深いゴルジュ、泳ぎと変化に富んだ沢のようだ。雨池橋から1時間も歩くと灰ノ又沢の出合につく。この林道をさらに2時間ほど歩けば、憧れの平ヶ岳沢に辿りつくことができる。今夏、台風のため中止になっただけに、何か後髪をひかれるような思いで灰ノ又沢へと入っていく。沢へ入れば気持ちはシャンとする。夏風邪をひき、体調があまり芳しくなかった。前夜の段階では山へ行くかどうか決めかねていた。朝も少々迷ったが、行けばシャンとなることが多いので、入山の決断をするのは早かった。
 渓は明るく、水は轟々と流れ、釜は大きい。水の冷たさが気持ち良い。大内さんは時々糸を垂れるが、釣果はない。左岸から注ぐ花降沢は20m以上の滝を4つほど懸け興味をそそる枝沢だ。25m四段の滝を左から越え、裏荒沢の出合で冷やしソーメンに舌鼓を打つ。小滝を次々と越えていき、深い釜のヘツリは緊張するものの楽しい。美しい渓の流れと適度の緊張感が徐々にわが体調を整えていく。12mの滝を左岸から快適に登っていくと、じきに二俣についた。
 高台にいいビヴァーク・サイトがあったが、水場が少し遠いということで、左俣を少し遡ったところにツエルトを設営する。大内さんと折笠さんは1時間ほど釣りに出かけたが、釣果はなし。ここには岩魚はいないんだね。夜はお酒を飲みながら話が弾み、歌がでる。満月に近い月夜であり、皓々と冴え渡る。薄雲がたゆたいながら流れていく。三つの光(月と星と焚火)が山と友の顔を照らす。みんな渓に溶け込んで、切絵のような夜景に酔う。大きな山懐に入れば、心は子供の頃にかえっていく。19年前に左俣を遡った時の二人の仲間の顔がふと浮かぶ。3時間の藪漕ぎの末、焚火はおろか濡れたままのビバークをしたことを思うと、今日はなんと恵まれているのだろう。梅香さんが夜通し焚火の番をしていて、朝まで燃え続く。

 セキレイの囀りで目を醒ます。懐かしき左俣に別れを告げ、右俣へと入る。6m二条の滝を左から越すと、釜を持った小滝が連続する。結構難しい滝もあったりして苦労するが、小気味良い遡行が続く。青空の中に荒沢岳の頂が聳える。柱状節理の岩場を越えると、雪渓が現れ、奥の二俣となる。シラネアオイ、ニッコウキスゲ、オタカラコウ、ハクサンボウフウ、コバイケイソウなどの花が目に入る。小憩後、右俣に入る。左に易しいルートがあるのに、練習とか言って、わざわざ逆層の難しい右壁に取り付いたりする。7mほどの滑りやすいクラックを抜けると源流となる。詰めは急峻で、崩れそうな岩や浮き石が多く、神経を使う。12時、荒沢岳1969mの高みにつく。まさに詰め上げた地点が頂上であった。南からの強風が吹き荒れている。風に煽られて、広げた20万分の一地形図がうまく畳めない。平ヶ岳方面は霞んでいるが、中ノ岳から駒ヶ岳にかけての頂稜が迫っている。北ノ又川の雪渓がひときわ目立って、幾筋もせり上がっている。眼下に見える裏荒沢は中から下部にかけて万年雪のある沢であるが、春に雪の多かった今年は上部にも沢山の雪を抱いている。
 下りの前嵒尾根は痩せており、前嵒からは長い鎖場が続く。眼下右手の中荒沢・西本城沢は万年雪を抱え、急峻なルンゼを波状的に広げている。荒沢岳から花降岳にかけての稜線は豪雪と雪崩に磨かれたように壮絶な岩場を形成している。眼下左手には荒沢岳を代表する険しい谷である蛇子沢左俣があるが、ここからではその凄さを窺い知ることはできない。やがて穏やかなブナ林となり、前方には黒々とした未丈ヶ岳が大きく聳え立つ。時々爽涼の風が山肌を煽り、美しい波紋を描いて流れていく。麓に近づく頃、スズメバチに三ヶ所刺される。注意して迂回すれば刺されなかったものを、油断して刺されてしまった。脅かさなければ刺されることはないだろうと蜂を信頼したのが間違いだった。後続の3人は雨具を着て、巣の辺りを避けるため藪を漕いで通過した。スズメバチは2回目が怖い。きちんとした対策をとらないといけないと思った。

 銀山平から仰ぐ荒沢岳はその名のごとく荒々しく聳えていた。

     

写真撮影 : 大内さん等