三時間の藪漕ぎ・中ノ岐川・灰ノ又沢から荒沢岳


越後の山・奥只見の沢
小出〜灰ノ又沢出合〜花降沢出合〜灰ノ又沢左俣〜灰吹山付近の稜線〜荒沢岳〜前嵒〜銀山平

登山日 1981年9月5日〜9月6日
参加者 山野(CL)、江間、川口
コース・タイム
 ○9月5日(小雨)
小出3:40(タクシー)-5:15巻倉沢出合5:43-5:55灰ノ又沢出合-6:30最初の連続する滝場通過(朝食)7:25-8:25花降沢出合-9:00裏荒沢出合9:15-13:07二俣-16:20灰吹山付近の稜線16:30-17:35キャンプ・サイト
 ○9月6日(煙霧のち晴)
キャンプ・サイト7:03-7:18荒沢岳8:03-9:14前嵒9:30-11:52銀山平、三渓荘

 小雨降るゴーロの中を少し行くと5mほどの滝が勢い良く水飛沫を上げている。右岸の崩れ易い岩場を慎重に高巻いて行く。ゴルジュの中に連続するいくつかの滝を巻き気味に通過したのち朝食をとる。ここからは美しい滝が連続し、快適な遡行がしばらく続く。沢が大きく左折すると左岸より花降沢が出合う。少し行くとくの字状の25mの滝に出合う。流れが急で滑り易い岩肌なので、右岸の階段上の岩場を高巻いて行く。裏荒沢の出合あたりからは直登できる滝が連続し、小気味良い遡行となる。
 やがて5mほどの滝が行く手を阻む。ゴルジュ状で水が深く、右岸をへづり気味に登って行く。中程でピトンを打って突破を試みたが、岩がもろく断念し、左岸の悪い草付を登って高巻く。ここで大分時間を費やしてしまい、二俣に着いた時は13時であった。当初は滝の多い右俣へ入る予定であったが、予定より大分遅れたので、今日中に山麗へ下山する可能性のある左俣へと入る。左俣は滝はほとんどなく、ヤブ漕ぎが延々と続く。なんと3時間もの苦斗のすえ、ようやく灰吹山あたりの稜線に飛び出し、感激の握手を交わす。
 稜線上は道があるとは言え、細々とした道で背丈の高いクマザサが覆いかぶさり、しかもササが雨で濡れているので始末が悪い。カッパを着込んでもずぶ濡れとなり、歩いても歩いても荒沢岳へなかなか着かない。17時30分、もう暗くなってきたのでササの切れた平坦地にツェルトを設営する。今日は間断なく小雨が降り続く。焚火をする適当な木もなく、暖をとることもできず、ちょっとみじめな夜だ。

 15分も歩くと荒沢岳の頂上に着く。今日は晴れると思ったのに煙霧で視界が悪い。太陽が射し込み、兎岳方向の緑の稜線が見えたのも一瞬の事、たちまちのうちに煙霧に包まれてしまう。苦しくも充実した遡行に満足し、銀山平へと下り始める。前嵒付近は頻繁に鎖が取り付けられており、鎖を伝って急降下して行く。蛇子沢や中荒沢は沢山の雪が残り、荒々しい水音をたてている。銀山平に着く頃、陽が射し始め、ほのぼのとした幸せが身を包んでいく。