雪崩に驚かされた八海山


越後の山
山口屏風道登山口〜リョウガンの沢〜千本檜小屋〜大日岳〜入道岳〜五竜岳〜阿寺岳〜広堀登山口

登山日 1987年5月1日〜2日
参加者 山野(CL)、梅渓、内田
コース・タイム
○5月1日(曇時々晴)
山口屏風道登山口9:55−10:20三合目−10:54四合目11:10−11:38五合目-12:45六合目−13:30七合目−14:55リョウガンの沢−16:30千本檜小屋
○5月2日(晴)
千本檜小屋5:25−8:30大日岳−9:00新開道分岐−9:20入道岳9:55−10:22五竜岳−11:30阿寺岳(昼食)12:30−14:23広堀登山口

 当初2日に入山の予定であったが、3日は荒天が予想されたので、急遽予定を1 日早めて入山する。 
山口の登山口から見上げる八海山は黒々とした岩塊を連ね、そそり立っている。今年は例年になく雪が少なく、初夏の感じさえする程だ。ブナ林は新緑に萌え、梢ではオオルリが高らかにさえずる。可憐な赤紫のカタクリやキクザキイチリン草が路傍いっぱいに咲き、タムシバの白い花びらが新緑の中に彩りを添える。越後の雪解けの春はすがすがしい。
 清滝不動尊から上は岩稜帯となり、鎖場が連続する。小雨が降り出すが雨具を取り出すほどでもない。のぞきの松(七合目)に着くと展望は大きく広がる。八ツ峰の岩峰が威圧的にそそり立ち、大きな岩壁の中を大滝沢が長大な落差を持って薙ぎ落ちる。ここからは雪が現れ、アイゼンをつける。その時、まもなく横断しようとするリョウガンの沢で雪崩が起こる。日中暖まった雪が崩壊するいやな時間帯だ。薄く張り付いた雪の斜面をトラバースし、今さっき雪崩たばかりの沢を大急ぎで横切り対岸へと渡る。すると今度は下の沢で雪のブロックが崩れ、続いて上の登山道でも雪崩が起こり、ブロックはリョウガンの沢へと流れて行く。私達は小さな突起を隔てて、すぐとなりの窪地を歩いていたので難を逃れることが出来た。雪崩で削り落とされた道を不気味な思いで登って行く。私達が立て続けに起った雪崩に巻き込まれなかったのは運が良かったとしか思われない。今年は例年に比べ雪が少ないため、ブロックの崩れやすい、今が最も悪い状態の時のように思われる。
 ここからは鎖場の岩稜と雪渓が交互に現れ、アイゼンをつけたり外したりする。肝を冷やした屏風道も最後の緩やかな雪道を登ると千本檜小屋に着く。巻機山や駒ヶ岳へと続く縦走路が良く見渡せる、素晴らしいところだ。とてもきれいな避難小屋で我々だけの静かな夜を迎える。

 今日は八ツ峰の登り降りだ。鎖を頼りに鋭い岩峰の登り降りが続く。鎖を放したら奈落の底に吸い込まれてしまう。各峰には石像が祀られている。雪で鎖が埋もれている所もあり、なかなか厄介だ。雪の崩れ易いところや大日岳の登りは空身で登り、補助ザイルでザックを吊り上げる。入道岳に着けば岩場は終わり、後は伸びやかな雪稜が阿寺岳へと続く。青空の中、綿をちぎったような雲が幾つも浮かぶ。太陽はまぶしく、中ノ岳、駒ヶ岳は眼前に大きく聳え立つ。兎岳から巻機山へと続く雪稜が美しい。奥只見の重畳たる山波を見ていると気が遠くなりそうだ。五竜岳から阿寺岳にかけては幾つもの池塘が散在しているが、今は全て雪の下に眠っている。阿寺岳からは蛇場見沢の雪渓を一気に駆け下り、広堀へと降りる。