静かなる東海谷山塊・阿弥陀山から昼闇山縦走



越後の山
732高地〜阿弥陀沢左俣〜阿弥陀山〜鉢山とジャンクションピークとのコル〜昼闇山〜焼沢左俣〜笹倉温泉

登山日 1977年5月2日〜4日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
 ○5月2日(雨)
上野、前夜行21:48-4:31北陸線糸魚川駅5:15(タクシー)-5:45青海電化第一発電所(新倉)-9:25、732高地9:50-12:45稜線上のコル
 ○5月3日(薄曇のち曇、午後霧強し)
阿弥陀沢左俣のコル6:40-7:25阿弥陀山-8:25阿弥陀山南峰とのコル-9:05阿弥陀山南峰直下9:28-12:10鉢山直下(トラバース)-14:26鉢谷。鉢山とジャンクションピークとのコル-15:30ジャンクションピーク直下
 ○5月4日(曇のち晴)
ジャンクションピーク直下5:50-5:55ジャンクションピーク-7:37昼闇山8:00-9:20焼沢の左俣に入る-10:40焼山登山道に入る-12:45火打沢右岸の登山道に入る-15:55笹倉温泉

 私達は1976年の同じ時期に雨飾山から鋸山を経て海谷渓谷へ下った。その時、柔軟さと豪放さの両面を備えた海谷山塊の山の深さと静寂さに大きな魅力を感じた。私達は鋸山から西へと延びる鬼ガ面山や駒ヶ岳にも大きな魅力を感じたが、今回は阿弥陀山から昼闇山へと続く東海谷山塊の縦走を試みた。この縦走路は夏季はブッシュがひどく、積雪期のみ許されたルートである。
 21時48分発の上越本線回りの北陸本線に乗り込む。汽車はガラガラであり、ゆったりと坐れる。連休になると汽車も山も混むと一般に言われているが、そんなことは決してないと思う。場所さえ選べば静かな山旅を味わえることが多い。
 夜が明けたばかりの糸魚川の駅に降り立つと、予想通り雨がしとしとと降っている。駅からタクシーで青海電化第一発電所まで行く。発電所で、忘れてきたお茶を少々譲り分けて貰い、カッパを着込んで732高地へと向かう。登山口から雪上歩きである。後で分かったことだが左岸上方には2本の道があり、私達は右へとルートをとり過ぎ、悪い方のルートをとってしまった。千丈ガ岳の大岩壁は雨に打たれ、各ルンゼは一本の滝のようになり、水は垂直に近い岩壁の溝を抉るようにして海川へと薙ぎ落ちている。しばらく歩いて行くと右手に駒ヶ岳東面の巨大なスラブ状岩壁に出合い、何本もの急峻な沢の注入する雪渓のある所に出る。ここは昨年大きなブロック雪崩に出合った所である。ここから海川に向かって少し下り、下側にある登山道に出る。少し行ったところで雪渓上を対岸へと渡ると30分ほどで発電所の取入小屋のある732高地へ着く。
 雨は相変わらず降っており、休むと肌寒い。小さなテントが3つほど張られている。時計を見ればまだ9時半であり、雨が降っているものの視界が良くきくので阿弥陀沢の左俣を登って行く。雪渓は緩くも急でもなく手頃な傾斜で切れ目なく続いており、高度は順調に上がって行く。眼下には残雪の間を海谷渓谷が模様を画いてうねっており、正面には駒ヶ岳から鬼ガ面山にかけてのゴツゴツとした山並みが大きく聳え立っている。阿弥陀山の頂上は前峰に遮られて見えないが、私達の着実な足どりは一歩一歩コルに近づいて行く。新緑のブナ林の中でアオゲラがピョーピョーと叫び、下の谷間からはツツドリの鳴き声も聞こえる。約3時間の登高で稜線上のコルに出る。右手上方には阿弥陀山が急峻な雪渓上に大きく聳え立っていたが、すぐに雲の中に隠れてしまう。不動川側に雪洞を掘り、今日のねぐらにする。

 6時40分、雪洞を後にする。薄曇りであり、天気はあまりぱっとしない。阿弥陀山の頂上直下はもろい岩壁であり、岩をつかむとすぐに崩れてしまい、岩を押すようにつかみながら慎重に登る。頂上には小さな石仏がある。北に眼を向ければ鳥帽子岳が、南へ眼を転ずれば鉢山が、いずれも広大な雪渓の上に黒々とした屏風のような岩壁を連ねている。阿弥陀山本峰から南峰まではブッシュに悩まされながらの腕力登山である。南峰直下の急峻な雪渓を登ると、またも深いブッシュが頂上へと続いている。頂へは登らず左側を回り込み、デブリのゴロゴロする鉢沢側の雪渓を下り、鉢山との最底鞍部に出る。この頃から陽射しは強くなり、吉尾平の広大な雪渓が眼に眩く映る。南には今下ったばかりの阿弥陀山が高々と聳え、その右には鉾ガ岳から放山にかけての稜線が間近に見える。
 ここからしばらく登って行くと鉢山の取付きに出る。取付きは土と小さな岩のミックスした滑り易い急峻な所であり、その上は灌木帯を経て岩稜へと続いている。2人とも荷物が重いなどと弱音をはいてしまい、東西に連なる岩壁基部の早川側の雪渓をトラバースすることにする。スリップは許されないので一歩一歩慎重にトラバースして行く。鉢山とジャンクションピークとの間のコルを目指して行ったが、3分の1位行った所で霧にすっかりと包まれ、視界がまったくきかなくなる。うだるような暑さが急転して肌寒くなり、一時は小雨までぱらついたりする。もうそろそろコルに出る頃だと思い右上したところ、鉢山のスラブ状の岩壁に出くわしてしまい、また少し下ってさらにトラバースを続ける。やがてかすかに視界がひらけた頃、最底鞍部に出る。少し休憩していると鉢山からあるパーティが降りてくる。彼等は今回の山行で出会った唯一のパーティであった。彼等の話によると鉢山のキレットは10mほどアップザイレンすると海谷渓谷側に巻き道があるとのことで、キレットよりもその前の岩稜の方が馬乗りになるナイフリッジなどがあったりして緊張したと話してくれる。ここからしばらく行くとジャンクションピークがあり、頂上直下の早川側に雪洞を掘る。雪が柔らかく、1時間20分ほどで3人分程度の大きさのものが掘れる。ここは鉢山から鳥帽子岳へかけての山稜を正面にした素晴らしい眺めのねぐらである。
 夕刻、霧は晴れ上がり、残照が海谷山塊の山々に映え、静かなくつろぎの時が流れていく。私達のほかは誰もいない静かな山稜。広大な雪渓と急峻な岩峰。日本海は雲にとざされて見えないけれど夕陽の温もりは今日一日の疲れを癒やしてくれる。今日辿った道程を一つ一つ確かめながら眼で追っていく。梢ではさきほどからオオルリが爽やかにさえずっている。

 5時50分、雪洞を後にする。5分ほどでジャンクションピークに着く。ここからは雨飾山から駒ヶ岳へかけての稜線が良く見え、昨年下った奥鋸沢の雪渓もここから見ると「あんなに急だったのかなあ」と驚くほど急峻に海谷渓谷へ落ち込んでいる。昼闇山への道はブッシュもほとんどなく軽快な雪稜である。アイゼンをきしませて雷光線形にステップを刻んでいく。コマドリやオオルリがさかんにさえずり爽やかな朝だ。昼闇山は雪、雪、雪に囲まれた景色の良い所だ。海谷山塊はもちろんのこと、眼前には焼山や火打が、そして南西には北アルプス北部の白い山並みが北から南へとうねっている。朝方あった雲もすっかりと消え、春の陽光が燦々と輝き、眩しいばかりだ。ここからは当初、焼山へ行く予定であったが、時間的に無理なので東へと延びる尾根を下って行く。所々に灌木があり、ウグイスがさかんにさえずっている。このような雪稜でウグイスのさえずりを聞けるなんて幸せこの上ない。1時間少々下ると尾根は南へ直角に折れるようになる。その少し手前で焼沢の左俣に降りる。急峻な雪渓をグリセードで下降し気持が良い。焼沢をしばらく下降したのち適当な所で右手の台地状の焼山登山道に出る。岳樺が所々に立つ幅広い尾根である。振り返れば焼山がやけに大きく聳え、かすかに煙をたなびかせている。しばし燦々と輝く太陽の下で昼寝をむさぼる。雪渓を大きく下ると火打沢の水音が間近に迫るようになる。
 最後の急峻な雪渓を下れば今回の山行も終わりに近い。グリセードの体勢をつくって下を見たがとても急であり、無事下降できるか転倒するかの確率は5分5分だ。ピッケルが短いので「無理かなあ」と思ったりする。けれど覚悟をきめて下降する。下降してまもなくバランスを崩し、それにザックの重みが加わって、途中からシリセードになったものの余りのスピードにたえきれず一回転してしまう。おまけに転倒のショックで足を捻挫してしまう。
火打沢を対岸に渡り、夏道を痛い足を引きずるようにして下る。「馬鹿なことをしたなあ」としきりに後悔する。雪渓のトラバースと木の上を跨いだり、木の下を潜ったりする道が2時間ほど続く。早川側から見る東海谷山塊は雪渓の上に黒々とした岩峰を連ねており、その大きな山並みはとても1500〜1800m程度の高さには感じられない。鳥帽子岳を正面に見るあたりで夏道を見失う。そこからは火打沢に向かって直角に下降して行く。しばらくすると笹倉温泉が眼下に見えるようになる。フキノトウ、コゴミ、トリアシ、ウドなどの山菜が豊富にあり、雪解け水が勢い良く田圃に注がれている。山村にも春の躍動が始まり、もうすぐ田植えが始まろうとしている。笹倉温泉の湯にひたり、夕刻憶い出多き海谷山塊を後にした。