奥只見・中ノ岐川池ノ沢からの生還


越後の山・奥只見の沢
銀山平〜雨池橋〜中ノ岐林道〜平ヶ岳沢遡行〜平ヶ岳〜池ノ沢下降
登山日 2002年9月13日〜16日
参加者 K、S、Y
コース・タイム
○9月13日(曇)
大宮20:30
○9月14日(曇のち雨)
0:30銀山平・雨池橋(仮眠)6:05-8:07西沢橋-9:40中ノ岐林道終点10:05-登山口10:34-11:15剣ヶ倉沢出合-12:00二俣ノ滝-13:15、30m滝上-13:33、10m滝上-17:18上部のナメ-17:38奥の二俣-18:43水場(キャンプサイト)
○9月15日(曇のち雨)
6:45-7:05平ヶ岳-7:30水場-7:50池ノ岳-8:17玉子石-8:35池ノ沢下降点-15:00連瀑帯で滑落
○9月16日(雨のち曇)
6:55ヘリコプターで救助される

 2000年の暮れに山の文集をつくった時に、私はこんな文章を書きしるした。<8月に、私にとって6度目の奥只見・中ノ岐川・平ヶ岳沢が企画された。昨年に続き、今年も台風のため、中止になった。平ヶ岳沢はなんとも不思議な沢である。途中敗退3回、台風3回。渓の上流に桃源郷があるといわれ、最初の計画から14年もの月日が流れ、私にとって幻の沢となりつつある。いっそのこと夢だけを抱き続けていた方がロマンがあっていいのかも知れない>と。今回、Kさんに呼びかけ、Sさんも加わって、再び、そう8年振りの入渓が実現する運びとなった。パーティの力量不足やパートナーの靱帯損傷などで途中下山を重ねた平ヶ岳沢も今回は幻がうつつになるような、そんな気がした。夜の8時半に大宮を発つ。銀山平からの湖畔沿いの道はくねくねとしており、Sさんと私は車酔いをしてしまう。深夜の12時30分に雨池橋に着き、少々お酒を呑んでから仮眠する。

 朝になっても、昨日の車酔いが治らず吐き気がする。睡眠不足と相まって体調は優れない。それでも気合いを入れて6時に出発する。中ノ岐林道に入るのは今回が6回目である。50分ほどで灰ノ又沢に出合うはずだが、1時間半経っても現れない。灰ノ又沢には二度入渓しており、大きな沢なので見失うはずなどないと思うが、現実は見失ってしまったようだ。なんとなく不思議・・天気はどんよりしていたが、9時半頃には薄日が差し始め、剣ヶ倉沢の大滝や剣ヶ倉山から平ヶ岳にかけての稜線が望めるようになる。ヘリコプターが飛んでおり、平ヶ岳の木道の交換作業をしているようだ。3時間半の歩きで林道の終点に着く。伝之助小屋のマイクロバスの運転手さんと平ヶ岳沢の話をする。どこへ下降するのかと聞かれ、池ノ沢だと答える。明日11時までに戻ってくれば車で送ってあげるといわれ、一緒に記念写真を撮る。ここで朝食のおにぎりを1個食べる。渓流シューズに履き替え、平ヶ岳沢に入渓する。二俣の滝までは美しいナメが続く。しかし吐き気がし、何度もゲーゲーを繰り返すが、食べ物は出ずに苦しい。あまりの苦しさを見かね、リーダーのKさんから何度も引き返そうかと声をかけられる。山でこんな経験ははじめてであり、「今なら引き返せる」という言葉に私も迷う。でも何度も途中下山し、今回こそは登りたいという強い意志が「大丈夫。行きましょう」という返事になった。共同装備を少し軽くして貰い、再び歩き始める。出合から1時間半ほどで二俣ノ滝に逢着した。
 二俣ノ滝は右岸のルンゼから高捲いている記録が多い。私もそのつもりでいたら、Kさんは左の側壁から登り始める。2本の残置ハーケンでビレイをとり、何度かの乗っ越しの試みの後テラスに出た。細いバンドをトラヴァースし、滝上でビレイする。次にアッセンダーでビレイしながら、Sさんが登っていく。ホールドの岩がはがれ、一つは私の胸に、もう一つは右肩に当たる。胸に当たった落石は大きかったが、平らな面が当たったので、痛みは感じなかった。幸い大丈夫のようなのでホッとする。こういう場所でのビレイは登攀者の真下は避けなければならないと分かっていながら、それを守らなかった私のミスであった。なぜならば東京雪稜会の甲斐駒ヶ岳・黄蓮谷の落石事故の記録を読み、その教訓を学んでいたのだから。最後に私が登る。長いトラヴァースのため、スリングを外すと滑落した時に大きく身体が振られるので、外すことなくトライする。セカンドの強みで、1回のトライで難場をクリアーする。でも右手のホールドにした岩は手が離れると同時に剥がれかかる脆いものであった。トラヴァース中間点のランニングビレイ(残置)からスリングを外すともう滑落は許されない。滑落すれば身体は大きく振られ、奈落の底に吸い込まれてしまうからだ。慎重に細いバンドを伝っていく。滝の上は二俣になっており、左俣は水のないガラガラとした沢であり、右俣には30mの滝が懸かっている。中間リッジを登った後、右俣の右岸を小さく高捲いていく。二俣ノ滝の通過に1時間15分を費やした。トマノ風の1996年の記録ではここの通過に3時間もかかっているので、それに比べたら少ない時間だなと思った。あんなに吐き気がとまらなかったのに、この緊張の中で、知らぬ間に症状はおさまっていた。ここから10mクラスの滝が連瀑するようになる。二つほど右岸を高捲くが結構悪い。急峻なルンゼを登る左岸の高捲きでは、先頭のKさんが登ってしまうと、つるつるの泥壁となってしまい、上からロープを垂らしてもらう。最後は先達のとりつけた残置スリングを使って懸垂下降する。吐き気はないものの、食欲はまったくなく、Sさんからいただいたゼリー飲料(ウィダーインゼリー)だけで遡行を続ける。しばらく快適な滝登りが続き、やがて美しいナメ滝がつづくようになる。Kさんから「ようやく念願がかなったね」といわれ、心は憩(やす)らぐ。ナメが終わると、流れは真っ平らな小川のようになる。僕らはようやく桃源郷にやってきたのだ。とはいえ奥の二俣についた時は暮れなずみ、景色は朧(おぼろ)であった。ほんとうはすがすがしい朝陽のなかをのどかな気分で歩きたいところである。ハードな高捲きが多かったにも拘わらず、遡行中に何も食べておらず、疲れが一気にでてくる。格好のビヴァーク・サイトがあったが、「植物を痛めないように、上までがんばろう」と励まされる。イワイチョウが群生しており、植物のことを言われると<上流のせせらぎの中で一夜をあかしたい>とは言えないもう一人の自分がいた。私の歩みはどんどん遅くなる。情けないがどうしようもない。イワイチョウに交じってリンドウの花が咲いている。オオシラビソの林が展開し、18時43分水場のあるテント場につく。今日の夕食はわたくしお気に入りのマーボ豆腐であったが、食欲はなく、何も食べることなく、レモンティーを飲んだだけで眠りにつく。<いままでの山行で、行動食や夕食をほとんど食べないことなんてあっただろうか?>・・なかなか思いだすことができなかった。夜、雨が降り出すが、Sさんがセーターを貸してくれ、寒さを感じることなく眠ることができた。

 一夜眠り、朝食のウドンを食べることもでき、体調はだんだん良くなってきたようだ。私の体調を気づかい、「下りは尾根にする?それとも池ノ沢にする?」とKさんが聞く。私が「どちらでもいい」と答えると、「どちらでもいいということは尾根を下りたいということだね」といわれる。とはいえ、最終的には予定通り、池ノ沢を下降することに決まる。<しかし、今思えば、結果論ではあるが、昨日の体調を考えたら、尾根を下りたいというべきであったと思う>
 せっかくだからと、平ヶ岳の頂上を目指す。栂の廊下をへて20分ほどで2140m平ヶ岳の高みにつく。霧のため視界はきかず、記念写真を撮ってすぐに引き返す。帰路、玉子石に立ち寄る。Sさんは木道の上をまるで少女のようにピョンピョンと弾みながら、狭霧の中へ消えてゆく。私とKさんはゆっくりと後を追いかける。湿原にはイワイチョウの花がポツンポツンと淋しげに咲いている。もう少したてば、この湿原はすばらしい草もみじに彩られることだろう。
 池ノ岳付近から池ノ沢を下降する。少し下った所で玉子石方面から流下する本流と合する。しばらく快適なナメやナメ滝が続く。体調も徐々に回復し、幸せで心が満たされてゆく。倒木帯を過ぎ、しばらく下降すると滝が連続するようになる。途中分かりにくい藪の高捲きでは「Yちゃんの好きな藪だね!」と冗談を言ったりする。Kさんはていねいに遡行図を書いている。<几帳面な人だなあ>と思った。そういえば8月に尾瀬の小淵沢を遡った時もHさんがていねいに遡行図を書いていた。6つほどの滝を慎重に懸垂下降する。支点は大岩に巻き付けるのであるが、大きなスリングをあまり持参してこなかったので少し苦労する。ザイルを回収し、先に進んだKさんの後を追う。連瀑帯の高捲きは急峻な草付きで少々悪い。Sさんは「怖い。怖い。あまり先へ行かないで」という。私は振り返り、声をかけ、心配しながらしばらく待つ。私は足場が悪いとは思ったが、怖いという感覚はなかった。草を掴みながら、再び少し前へ進んだ時、足を滑らした。あっという間のできごとだった。草付きを滑り、バーン、バーンと音をたて、岩に何度か叩きつけられた。胸と背中を交互に打ち、転がるように落ちていく。短い時間ではあるが、現実とは思えず、夢の中にいるような感じであった。滝壺に落ち、何回か水を飲んだことで、<自分は滑落したんだ>と思った。水に溺れ何度かもがくが、なかなか岸にたどりつかない。へばって身体が少し沈む。
<もう駄目かと思った>
たぶん最後の力を振り絞ったのだろう。やっと岸にたどりつき、その場にへたり込む。上にいるKさんからコールがかかり、「大丈夫」と答える。ザックが浮力として働いたのだろう。ヘルメットをかぶっていたので、頭をやられずにすんだ。
<私は午後の3時頃、15〜20m滑落したようだ>
しばらくしてKさんが、もうしばらくしてSさんが降りてきた。Kさんが「ザイルはどこにある?」という。滑落の際に、落としてしまったらしい。Kさんが探したが、見つからないという。しばらくすると上半身の痛みは強くなり、座ることも、歩くこともできなくなる。抱えられるようにして、狭いながらも平坦な場所に移された。Kさんはただちに下山し、Sさんが私の介護をすることになる。Sさんは雨が凌げるようにツエルトを張る。滝壺で濡れた雨具の上からSさんのセーターやズボンを着せてくれる。その上に銀マットをかぶせ、寒さを防いでくれる。(後の話では、その他フリースのベスト、シュラフカバー2枚をかぶせ、渓流シューズを脱がして、冬用の靴下をはかせたとのことであった)夜、小雨が降る。背中と胸が痛い。息苦しい。寝返りも打てない。しかし意識はしっかりとしている。寒さは痛みの中に紛れていってしまう。<この時、私は背骨をやられたのかと思った>Sさんは「薪がないので焚き火ができない」「山野さん、Kさんの下山の状況により、2日間のビヴァークも覚悟してガンバッテ!」という。私にとって大変なことではあるが、最悪2日間のビヴァークに耐えるよう覚悟する。Sさんは「大丈夫?山野さんガンバッテ!一緒にガンバロウね!」と夜通し励ましてくれる。いつもは子守歌のような瀬音も、今夜は鉛のような痛みの中に溶けこんでいく。
<あの後も滝が続き、ザイルもなく、Kさんが二重遭難でもしたら大変だ。無事に下山してくれと祈る>
その後のKさんの話では、23時20分に湯之谷村・折立から救助要請の110番をしたとのことだった。

 Sさんの献身的な介護と励ましで、長い一夜は明けた。ヘリコプターの爆音が渓にこだまし、爆風がツエルトを激しく揺する。救助のヘリがやってきたんだ。そう思うと、嬉しさがこみあげてきた。後で聞いたところ、7時頃だったという。長いワイアーが垂れ下がり、二人の若く凛々しい救命隊員(後に新潟県消防防災航空隊員であることが分かった)が降りてきた。ヘルメットには小出消防署と書かれていた。私は救命ボートのようなものに縛り付けられ、霧の漂う中をヘリに吊り上げられていく。狭い渓で、岩の庇がすぐそこまできている。私が落ちた10mほどの滝が二つ連なっているのが良く見える。
<ああ、あのあたりを落ちたのか? ああ、僕は助かったのだ>
私に続いて、Sさんや救助隊員の人たちが吊り上げられた。名前と住所などを聞かれた。15分程の飛行で小出消防署に着き、直ちに近くの県立小出病院に搬送された。レントゲン、CTスキャンなどの診察の結果、多発肋骨骨折(左7本、右3本)、右腕肩甲骨骨折(入院してしばらくしてから言われる)、肺の内出血であり、背骨やその他の内臓(肝臓、腎臓、心臓、胃、腸など)は異常なしとのことであった。肺の内出血治療が10日間ほど行われた。

[あとがき]
 何故滑落したのか?・・現場は急峻な草付きであり、慎重に下降したつもりであったが、足元が崩れたためか、足の置き方が悪かったためか、あっという間のできごとであり、正確なことはよく分からない。若い頃は夜行列車、仮眠そして登山というスタイルが多かったが、最近は体力や年齢を考え、朝に都心を発つという登山スタイルが多かった。今回の山行初日は車酔い、睡眠不足、吐き気、食欲不振が重なり、体調が不十分であった。事故当日の体調は比較的良かったと思われるが、前日の体調不良が微妙に影響していたのかも知れない。今まで山での怪我は捻挫程度しかしたことはなく、今回の事故はまさに青天の霹靂でした。今日私の命あるのも、Kさん、Sさん、所属する山の会の皆様、小出の消防署、警察署等の献身的な救助そして県立小出病院の皆様の治療の賜であり、深く感謝いたします。

                   写真はこちら