厖大な残雪・未丈ヶ岳から毛猛山縦走


越後の山・奥只見の山
三又小屋跡〜未丈ヶ岳〜大鳥岳〜毛猛山〜大白川

登山日 1980年5月2日〜5日
参加者 山野Y(CL)、山野T、江間
コース・タイム
 ○5月2日 
小出駅4:10(タクシー)-4:40シルバーライン14号・15号(朝食)5:20(黒又川中イモリ沢)-6:45引き返す-17:30、14号・15号-8:00、13号・14号(黒又川オソノ沢)-8:50三又小屋跡9:07-12:00(昼食)12:40-15:00未丈ヶ岳直下(雪洞)
 ○5月3日 
キャンプ地6:00-6:40未丈ヶ岳7:05-10:05赤柴山(昼食)12:07-13:22大鳥岳13:45-15:00、一の沢の頭(雪洞)
 ○5月4日 
キャンプ地6:10-9:00毛猛山9:30-10:45道行坂付近(昼食)12:10-15:35前毛猛山15:55(大鳥沢右岸の支尾根〜大鳥沢)-17:00国道252号17:10(車)-17:30大白川-17:45守門荘
 ○5月5日 
守門荘-大白川

5月2日(雨のち曇)
 今日は晴れ上がると思っていたのにしとしとと雨が降っている。駅前でタクシーに乗り、シルバーラインへと入って行く。今年は雪解けが遅いのだろうか。残雪が多い。あたりの景色は春の山というよりも冬の山のような感じがする。車から降り、三又口へと向かう黒又川オソノ沢沿いの夏道にとりつこうとしたが、垂直の雪の壁に阻まれ、やむをえず、少し先の中イモリ沢に沿った道を歩いて行く。デブリがあちらこちらにあって時折雪崩が山にこだまする。歩くに従い道はだんだん悪くなり、先が思いやられる感じがしてきたので途中で引き返す。「今日はどこへまで行けるのやら」・・・・・。
 トンネルの中をまた少し戻り何とかオソノ沢へ向う出口を見つける。入口でもたもたしてしまい2時間半ほど時間をロスしてしまったが、夏道を見つければもうしめたもの。オソノ沢の右岸をトラヴァース気味に進んで行く。雨がうっとうしいが足どりは軽い。三又口から沢筋を離れ尾根道となる。尾根道に入ると雪はうそのように少なくなり、しばらくはザレた感じの歩きにくい道が続く。
雨は小降りではあるが依然として降り続いている。でもけだるい暑さがなくて歩みははかどるようだ。やがて高度はぐんぐんと上がって行き積雪量も増えてくる。雲の激しい流れの中で、荒沢岳や越後三山などが背後に大きく迫ってくる。黒又川は無数の枝に分れ豊かな残雪を敷いて急峻にせり上がっている。ゴジュウカラやツツドリのさえずりが静かな山の中にひびきわたる。ときどき雪崩うつ早春の山。やがて雨が上がり、毛猛へと続く稜線が眼前に大きくひろがってくる。真白な雪におおわれた未丈ヶ岳頂上直下に雪洞を掘る。

5月3日(晴)
 今日は快晴。未丈岳頂上へ向かってすがすがしい登高がはじまる。頂上付近は5月1日夜、猛吹雪だったらしく、新雪が30〜50cm近く積っている。40分ほどで1553m、未丈ヶ岳の高みに着く。荒沢岳、越後三山、昨年登った朝日〜丸山岳へと連なる山波。奥只見山塊の重畳たる山波は豊かな残雪を抱いて朝陽の中で照り輝やいている。未丈ヶ岳からは俄然雪が多くなり、トレールの消えた新雪の中に大きな足跡を残しながら登り降りを繰り返して行く。赤柴山付近はブッシュがひどく意外と時間をくってしまう。ブッシュが多いかと思うと雪の吹きだまりもあったりしてときどきラッセルを強いられる。とは言っても春の雪、たいしてもぐることはない。陽はだんだんと強くなり、顔が暑さでひりひりとしてくる。未丈〜毛猛の稜線は厖大な積雪があり、ところどころに大きな雪庇があり、照りつける暑ささえなければ冬山を歩いているような景色だ。
 もう随分、昔から歩きたかったこの縦走路。長い間心に暖め、今こうして歩いていると歓びが大きくふくらんで行く。
今日は一ノ沢山直下に雪洞を掘る。

5月4日(晴)
 今日は待望の毛猛山への登りだ。高度差300mほどを一歩、一歩ゆっくりと登って行く。毛猛山の高みに立てば田子倉湖を隔てて横山〜猿倉山へかけての稜線が手にとるように見え、浅草岳や守門岳などの懐かしい山々も眼前に大きく立ちはだかる。遠くには白雪の飯豊連峰ものぞまれる。今までたどってきた未丈〜毛猛へとS字状にうねる雪稜を感慨こめて見つめる。
 前毛猛方面から登って来た2人パーティは前毛猛まではずうっとすごいブッシュでもう戻る気のしない道だという。ぼくらも相当のブッシュは覚悟して、百字ヶ岳〜太郎助山へと続く稜線を左に見ながら、道行坂へ向って一気に下って行く。あっという間に鞍部に着いたのは良いが、ここから前毛猛山への道のりが長い。毛猛の頂上から見たときは割合近くに見えたのになかなか着かない。暑さとブッシュと重荷に疲労が加わってペースがだんだん落ちてくる。
 前毛猛山へ着いたときはすでに3時半。これからは噂に聞く毛猛のほこる猛烈なブッシュ帯が待っているし、今日中に麓まで降りられないのではないかと思ったりする。幸か不幸か、先人者のトレールはブッシュ帯から離れて行き、名も知らぬ支尾根へと入り込んで行く。でもこの道は歩き易く、高度もぐんぐん下がって行く。やがてトレールは大鳥沢へと吸い込まれて行く。大鳥沢の雪渓は完全に雪で埋っており、幾度となく快適なグリセードを繰り返しながら一気に下って行く。前毛猛から国道252号までは最低3時間かかると思っていたのに1時間ほどで着いてしまう。
運の良い時は重なるもので、たまたま国道の除雪作業の方が車で来ており、大白川まで乗せてもらう。歩けば3時間もかかる道を車はスイスイと下って行く。ブナの新緑が萠え始めたばかりで、山麓の守門荘の宿の庭にもたくさんの雪が残っている。今年は昨年川口さんが見つけたウドの秘密の群生地へ行こうと思ったが、この雪ではあきらめざるを得なかった。また山菜の時期には早すぎて、山菜をあまり食べられず、ちょっと残念であった。しかし、3人とも山麓の湯で汗を流し、すばらしい縦走の充実感にひたることができた。

5月5日(雨のち曇)
 守門荘を朝発ち、只見線、上越線に揺られ、夕刻帰京した。

(後記)
今年は昨年と違って雪解けが遅く、残雪が豊富であった。未丈ヶ岳からの荒沢岳の眺めは見事であり、来年は登りたいなあと思った。

  

           毛猛山塊・太郎助山0404

         毛猛山頂上
 バックは横山〜猿倉山へかけての稜線