川床が美しかった・恋の岐沢から平ヶ岳姫ノ池湿原


越後の山・奥只見の沢
小出〜恋の岐橋〜西ミョウカン〜オボコ沢出合〜大滑滝〜池の岳直下〜姫の池湿原〜大倉山〜下台倉山〜平ヶ岳登山口〜清四郎小屋

登山日 1980年9月20日〜22日
参加者 山野(CL)、内藤、江間
コース・タイム
 ○9月20日 
前夜行上野22:11-3:59小出4:15(車)-5:45恋の岐橋6:00-6:15(朝食)7:00-10:40西ミョウカン-11:10(昼食)12:20-14:40連瀑帯-16:10オボコ沢出合-16:15幕営地
 ○9月21日 
幕営地6:00-10:00大滑滝-10:40(昼食)11:20-12:00ヤブ漕ぎ開始-稜線、池の岳直下-13:10姫の池湿原13:40-15:15大倉山15:40-16:05下台倉山-17:15平ヶ岳登山口-18:30清四郎小屋
 ○9月22日 
清四郎小屋8:00-船付場(尾瀬口)9:00-9:50奥只見ダム-湯之谷温泉-小出

 恋の岐沢。小湯の岐沢がまなってついた名前だという。こんなロマンティックな名前にひかれながら幻想的な平ヶ岳姫ノ池湿原帯に飛び出すだなんて何と素敵なことだろう。
 青々とした淵、澄んだ水の流れ、上流のせせらぎの美しさは今でも鮮明に心の中に残っている。十数年もの間にいくつもの沢へ通ったが、これほど私の心をとらえた遡行は数えるほどしかない。

9月20日(晴のち曇)
 薄明りの中、車はガタガタ道を銀山湖畔に沿って進んで行く。夜行列車による寝不足ですっきりしないのが、山へ登るときのいつもの気持ちだ。でも急流を飛び越えると素敵な滝があらわれ、やがてナメ滝がどこまでも続くようになる。
 清洌な水がナメ状の岩床をさらさらと滑るように流れ、小春日和のようなうららかさだ。まるでバッハのチェンバロ曲を聴いているような快さが身を包む。時々あらわれる小滝は大きな釜をもっていることが多い。ほとんどの滝は直登でき、釜も多少の緊張を味わいながら快適にへつって越えて行ける。水はあまりにも澄んでいるので岩魚がいればすぐに分かると思う。5年以上も前には沢山の岩魚がいたそうであるが、今は沢底の黒い枝や石ころを魚影と間違える程度で、糸をたれても魚はひっかからない。それもそのはず、はじめて渓流釣りをする私は針を魚ではなくて木にひっかけているのだから釣れるのはずがない。内藤さんには笑われ通しであった。
 やがて、陽差しが弱くなる頃に沢は大きく屈曲し、6m、8m、5mと続く見事な連瀑に出会う。右岸のしっかりとしたホールドに支えられて快適に直登して行く。大曲の滝場を越えると右岸より、水量豊かなオボコ沢を迎える。この沢ではじめての支流らしい沢である。今日は大分歩いたので、少し先の左岸の高台に素敵なテントサイトがあったので、ツェルトを設営する。焚火をして濡れた衣服を乾かし、身体を暖める。夜は思ったほど寒くなかった。

9月21日(晴)
 朝、2時半頃起床する。空は満天の星。西から東の空へと白鳥座、カシオペア、ぎょしゃ座のカペラ、オリオンなどの星が美しく天の川を描いている。夜空のもとでうどんをつくり、暖まったところで再び眠る。暖かくていい気持ちになり、1時間近く寝過ごしてしまう。
 今日は本当に良い天気。その上、河床は美しく、浅瀬を水がゆるやかに流れて行く。今日も小滝が続々とあらわれほとんどの滝は滝壺を持っていて、その青さといったら、たとえようのない美しさだ。やがて小さなゴルジュ状の谷が続くようになる。水は朝のやわらかい陽を受けて輝き、ワラジは気持良く岩の上を飛び跳ねる。源流へ行っても水はなかなか消えず、快適に小滝を越えて行く。やがて青空の中に稜線が見えるようになる。すると100m近いナメ滝の続くところに出る。ホールドはしっかりしており、中央を快適に登って行く。上からは暖かい陽が注ぎ、一枚岩にワラジがピッタリときまって気持ちが良い。
 大滑滝帯を過ぎると勾配は緩み、沢はブッシュにおおわれるようになる。沢は扇状の草原へと突き上げており、しばらく忠実に沢をつめて行くが、ブッシュがあまりにもひどくなってくる。
 少し引き返して右岸のブッシュの少ない枝沢を突き進んで行く。40分ほどヤブを漕ぐと、先頭の江間君が「立派な道があるぞー」と大きな声で叫ぶ。13時、ようやくにして池の岳直下の尾根道に出る。姫の池湿原に出ればもう夢のような世界が大きく広がっている。ツツジは紅葉し、湿原は茶褐色に染まり、点在する池は薄霧の中に幻想的な美しさでたたずむ。
 恋の岐沢を遡って姫の池湿原帯へ出るというロマンに満ちた山旅は長い間暖ためていた夢であった。こんな夢が現実となった今、私は山登りを続けていて本当に良かったと思う。
下りは急な滑り易い道を駆け足で降りて行く。内藤さんは源流で岩に打った足が腫れ上がって痛そうである。登りは長かったが下りは速い。3時間半ほどで登山口へ着いてしまう。今晩は清四郎小屋に泊る。


9月22日(晴)
舟は沢山の憶い出を乗せて湖上を静かに進んで行く。帰りは湯之谷温泉ゆのたに荘の湯にひたり、垢を落してから帰京する。