巻機山の沢に遊ぶ


越後の沢
清水〜米子沢〜清水〜割引沢〜舞殿〜割引山〜五合目焼松〜清水

登山日 1967年6月16日〜6月18日
参加者 金井(CL)、今林、山野、橋本、篠田、塚田
コース・タイム
 ○6月17日 
清水6:50-7:20米子沢遡行取付き点(朝食)8:00-9:30 F3(ロック・クライミングの練習と昼食)12:55-13:25 F11 13:40-14:10 F3(ロック・クライミングの練習)16:00-16:30米子沢遡行取付き点16:40-17:05清水ユース・ホステル(泊)
 ○6月18日 
清水6:15-7:00割引沢、吹上の滝の下7:30-8:30天狗岩8:50-11:15舞殿(昼食)12:20-12:50割引山13:00-14:20五合目焼松14:25-14:45米子沢遡行取付き点-15:30清水

6月17日(晴)
 早朝六日町に着き、1時間ほどバスに揺られ、6時半清水に着く。今日は米子沢を途中まで登り、適当な場所で岩登りの訓練を行うのが目的である。
 米子沢の取付き点の橋のところまでは良く整備された道であり、山あじさいがところどころに咲いている。行手には天狗岩の威圧的な壁とともに割引沢の雪渓が長く続いており、ここから見ると割合と急峻に見える。30分ほど歩くと橋が架かっており、橋の下には米子沢の清き水が流れている。河原に降り、朝食を取った後、遡行を開始する。すがすがしい空気を吸いながら、快調にゴーロの中を進んで行く。小滝を越えてしばらく行くと、ナメノ沢の少し手前の右岸にロック・クライミングに格好なゲレンデがある。ここで次の沢登りのためにロープ・ワーク、ロック・クライミングの訓練を2時間ほど行う。一汗かいたところで、付近の雪渓の下で流しそうめんを食べる。冷たくて格別に美味しい。
 ナメや滝の続く、明るく美しい沢の中をF11付近まで遡って行く。今日は完全遡行が目的ではなかったので、ここからは沢を下降する。明るい午後の太陽が快く私達を包み込んでいく。先程の岩場で再び2時間ほどロック・クライミングの訓練を行う。あとは途中雷雨にあいながらも快調に清水へと向かう。夜は風呂で汗を流した後、山菜とビールで愉快に夕食のひとときを過ごす。みんな食欲旺盛で何杯も何杯もごはんをおかわりし、宿の奥さんが二階の食卓まで何度も足を運び、さぞかし大変であったに違いない。いつまでも笑いと酔いの絶えない幸せな夜だった。

6月18日(晴)
 5時起床。今日もまた気持ちの良い天気である。昨日歩いた道を辿り、米子沢にかかる橋を渡り、割引沢に入る。吹上の滝の下部より沢は雪で埋まっており、雪渓はかなり上部まで続いている。カッコウが鳴くのどかな初夏の一日。天狗岩の大きな壁をはさんで沢は大きく2つに分かれる。私達は右手のヌクビ沢を見送って、そのまま真っ直ぐ割引沢の本流をつめて行く。2時間ほど登りつめると雪渓は左へ大きくカーブする。源流では左手の側壁をザイルを使って1ピッチ登る。ブッシュ帯を20分ほど漕いで行くと、11時15分舞殿と称する平坦地に出る。
 ここで昼食を取った後、背丈を超すブッシュの中を割引山を目差して登って行く。頂上からは谷川連峰や越後三山などの峰々が指呼できる。そして巻機山へかけては緑の豊かな草原状の尾根が続いている。雲行きがあやしくなってきたので巻機山には登らず、井戸尾根を直ちに下山する。龍王の池付近の雪渓と樹林は美しく、紅色のシャクナゲがよく目立つ。ここからは駆けるようにしてジグザグの尾根道を下って行く。途中、展望台より、米子沢に何段も続く奔流する白い瀑布がはっきりと見える。来年は米子沢を完全遡行しようと心に誓って展望台を後にする。山桜、山椿、コブシなどが美しく咲いている。今日もまた夕方、にわか雷雨におそわれる。雷三日というが、今日は丁度3日目にあたる。
    初夏の米子沢(1968年6月)  真夏の米子沢(1985年8月)

   秋の米子沢(1989年10月)