初夏の巻機山・米子沢


越後の沢・巻機山の沢
清水〜米子沢遡行〜清水〜清水峠〜土合
   
登山日 1968年6月22〜23日
参加者 今林(CL)、山野、金井、山渕

 6月の声を聞くと、私の脳裡に2つの山が鮮明に浮んできた。それはレンゲツツジに色彩られた八ヶ岳とこの巻機山であった。八ヶ岳山行を終えると直ちに巻機山山行を計画した。巻機山は秋の紅葉の頃が一番美しい言われているが翠緑の今頃も捨て難い味がある。樹々の緑に加えて、雪解け水が奔流する米子沢の渓観はぼくらに大きな希望と勇気を与えてくれた。われわれの山岳部では過去、6月に2度この沢を訪れており、今回が3度目である。

6月21日(雨)、 22日(晴のち曇)
 22時3分上野を発つ。外は雷雨が荒れ狂い、夏山の到来を告げている。午前零時、本庄駅で岳友、金井さんを迎え入れ、4時朝靄かすむ六日町駅につく。しばらく、駅でゴロ寝した後、一番バスで平家の落村である清水に向う。今日の一夜の宿となるユース・ホステル(一般に言われるユース・ホステルとは違って農家の民宿)の奥さんに一礼したのち村を後にする。雨雲は私達に敬意を表してか、急速に姿を消してゆき米子沢の上にかけられた橋にたどりつく頃には暖かな太陽が射し込んでくる。
 序盤のゴーロ歩きを避けるため、30分ばかり尾根道を歩き、良く踏まれた道に導びかれて沢筋へと降りる。金井さんの奥さんのつくってくれた小さく快味な握り飯にありつく。食事後、15分も歩くと昨年ロッククライミングの棟習をした最初の滝につく。昨日の雨のため岩肌は濡れており登りにくい。滝上には早くも雪渓があり涼しい。右岸にそそぐナメ沢を見送り、スラブの上を快適に登高する。F6からF10は右側を巻いてゆく。途中、今林君が毛虫に首筋をかみつかれ大きく腫れあがる。F11からF14までば左側を巻いたり、しっかりとしたホールドに導びかれて、岩肌をへつったりしながら登って行く。左岸からツガの沢が合流し、3つほどの滝を乗り越えると、左手に大きな岩壁、燕岩が立ちはだかる。上部ばガスにおおわれている。左岸から大きな岩崩が押し出している所で一休みする。
 ここより、しばらく行くと今までの様子とは一変し、完全なゴルジュ帯となる。滝を直登したり、巻いたり、側壁をへつったり、雪渓の上を歩んだり、変化に富んだコースとなる。大きな滝が連続し、見事な眺めだ。滔々と流れる水をたんのうしつつ登高する。
 やがて、F28を右側から越すと400mにも及ぶスラブが続いている。この美しき一枚岩の上を清冽な水が滑るように流れて行き私達を魅了する。この頃より、沢には厚い霧が舞い降り、肌寒い。スラブの上のゴーロでラーメンをすゝり、身体を暖める。ゴーロを過ぎ、2、3の滝を越すと雪渓の道が山頂近くまで突き上げている。源流には寝ころぶのに手頃な緑の草原がいたるところにあり、シラビソその他の針葉樹林が寂しく林立し、静寂だ。30分ばかり昼寝をする。小川のせせらぎだけが静かに耳に響きわたる。ときどき薄日の射し込むのびやかな草原。夢は空高く飛翔してゆく。
 あまりにも道草をしたので、頂上につく頃は2時近かった。熊笹と岳芝の道を歩み、ニセ巻機山につく。ここより井戸尾根を下る。竜王の池付近には紅い花をつけた石楠花が咲き競っている。ジグザグの尾根道を駆け下り、5時30分、ユース・ホステルにつく。夜は例の如く山菜に舌鼓を打つ。我、ウルシにかぶれ、全身真赤に染まる。皆、私の身を思い、風呂に入ることも遠慮し、私に付き合って早めに就寝する。

6月23日(晴のち雷雨)
 6時起床。外をのぞく。どうやら今日の天気は良さそうだ。例によってワラビ、タケノコなどの山菜が食膳に並び、腹一杯食べる。身体の方は、昨日あれほどかぶれたのが嘘のように、ほとんどかぶれの跡はなくなっていた。しかし、ストッキングをはくと、たちまちその部分がかぶれてしまい、大急ぎで抜ぎ捨てる。ともかく、7時半にユース・ホステルを後にする。昔の旅人が上州と越後を結ぶのに使用した由緒ある道だ。往時をしのびながらのんびりと歩いて行く。何しろ藍色に染まる山々を眺めているよりも、道端のワラビに気をうばわれている時間の方が多い。始めのうちは多少スタイルの悪いものもかき集めていたが、そのうちスタイルの良いものばかりを集め、品評会まがいの品定めをする。ワラビは日影の山側にはなく、谷側の日当りの良い所に群生している。ウドを取ったり、ちょっと寄り道をしてフキを取りに行ったり、なかなか楽しい。6月と言えども陽射しは峻烈だ。紫外線のためか、ウルシのアレルギー症状がぶり返し、身体中が痒くなる。悪化してはいけないとばかり、この暑いのに長袖のユニホームを捲り上げる事もできず、気が苛立ってくる。とは言え、道は平坦でのどかだ。またまたワラビの群生に出合い、眼をそばたてる。全収穫はナップザック2袋となる。単調な道に飽きる頃、清水峠へと続くジグザグ道の入口にたどりつく。
 道はようやく樹問を縫うようになり、暑さが少しでも凌げるようになる。樹々は水々しい浅緑色をしており、気持が良い。少し遊び過ぎたので快ピッチでジグザグ道を登りつめて行く。緑の頂に残雪を散りばめた朝日岳方面の嶺々が見え隠れする。清水峠の近辺には小さな色とりどりの花が咲き競っている。12時頃清水峠につく。あまりにも蚊が多いので早々に峠を後にする。しばらくすると西の空より雷雨がやってくる。すばらしい轟音を鳴り響かせて山々をこだまする。何しろ四方八方が山々に囲まれているので、音響効果がすばらしく良い。単調な山歩きにいくらかでもアクセントをつけてくれ有難い。2時間程で雷雨は晴れ上がり、自毛門より朝日岳へと続く山波とそれとは対称的な谷川岳東面の岩峰がはっきりたした輪郭を描き出す。足がけだるくなる頃、芝倉沢出合につく。あとは新道を急ぎ足で土合へと向う。土合着、16時35分。
 その後、1985年8月と1989年10月の2回米子沢を遡行した。夏は釜で泳いだりして楽しみ、秋は紅葉と群青の空、水しぶきをあげる滝を直登すると、上部は新雪の渓歩きであった。米子沢はスッキリとした岩、清冽な水の流れ、それに山麓の山菜が魅力であり何度訪れてもまた行きたくなる所だ。


それから17年後に遡行した時の写真
           1985.8.16撮影

初夏の米子沢(1967年6月)

真夏の米子沢(1985年8月)

秋の米子沢(1989年10月)