真夏の水遊び・巻機山米子沢


越後の山・巻機山の沢
清水〜登川・米子沢遡行〜巻機山〜井戸尾根〜清水

登山日 1985年8月16日
参加者 山野(CL)、稲井
天候  晴

三度目の米子沢。美しいナメ滝、緑の草原と澄んだ碧空が実に気持ち良かった。

 夕昏時清水につく。清水へは14年振りにやってきたが、立派な民宿やロッジが立ち並び、昔日の面影はまったくなくなっていた。でも宿泊した雲天という民宿は素朴な感じがとても良い。山の幸がいっぱい食膳に並んだが、半分程度しか食べきれなかった。
 5時半起床。清水から米子沢出合まで最近できたキャンプ村の中を縫ってゆく。6時40分、米子沢に入渓。しばらく巨岩の中を遡ると、右岸よりナメ沢が注入する。名の示す如く、ナメ、ナメの連続で井戸尾根に突き上げている。米子沢の岩はしっかりとしており、明るい。美しい滝やナメが次々とあらわれ、序盤の三段40mの滝を除けば、ほとんどの滝は直登可能であった。最後のゴルジュ帯を突破すると、数百メートルにも及ぶナメが我々を魅了する。源流近くでは稲井君が行水を楽しむ。
 しばらく昼寝をしたりしてノンビリとした時を過ごす。真っ青な空。風に吹かれて美しい模様を描く草原。静寂な稜線にはイワイチョウやミヤマリンドウが咲き、池塘が散在する。こんなすばらしい一日に感謝の気持ちでいっぱいだ。
 下りは井戸尾根の急坂を駆け降りる。上であまりにものんびりしたので、清水に着いた時は18時であった。17年前の昔をしのびながら、快適な遡行を楽しむことができた。次は紅葉の頃にふたたび遡ってみたい。

   

   

                                 ひゃっこくて気持ちいいなあ!

  

     <米子沢6706>     <米子沢6806>     <米子沢8910>