下黒姫沢から黒姫


  曲は Tender Lullaby

原生のブナ林に心憩らぎ、コバルトブルーの空に輝く白きたおやかな峰々。
その透明な世界に心は鎮まってゆく。


越後の山

五味沢〜下黒姫沢〜駒ノ神・黒姫間の稜線〜五味沢

登山日 2005年4月2日
天候  晴

半年続いた湿疹もようやく完治し、何とか雪の黒姫登山が実現の運びとなった。前日は大白川の大雲沢ヒュッテに泊まる。早朝、ヒュッテの浅井さんに車でムジナ沢のところまで送ってもらう。破間(あぶるま)川の橋を渡る所から登山が始まる。スノーシューを装着し、しばらくは林道を歩いて行く。30分ほど歩くと林道は切れ、右手の下黒姫沢を目指して下って行く。しばらくは下黒姫沢のすり鉢の底を歩く。右岸にはブナの木が生えていて、ほとんど雪崩ていないが、左岸は木もまばらで所々ブロック雪崩の跡がある。渦巻き状のブロックもいくつか転がっている。沢の途中から正面の枝尾根を避け、831mピークを目指して、左岸のブナ林を登って行く。巨木も所々にあって、気持ちのいい尾根である。Tさんは大分へばったらしくなかなか登ってこない。このペースだと頂上にたどり着けないと思ったので、ブナの根回り穴に荷物を置き、必要最小限に荷を軽くして登って行く。正面左手には駒ノ神が、右手には黒姫がたおやかに聳え、真っ白な雪山にコバルトブルーの空が映え渡っている。やがてエラオトシ沢と下黒姫沢の分水嶺に飛び出る。その後は北北東へと稜線を目指して登高する。しばらく待つがTさんはなかなか登って来ない。もう十分に雪山を楽しんだので、引き返すことも考えたが、天気も良かったので、稜線までは行こうと決める。大分下ではあるが、Tさんが登って来るのを確認して再び登り始める。最後の急峻な雪渓を登りつめると稜線にでた。丁度12時であった。燕市からやってきたという二人の山スキーヤーが休んでいた。まさに絶景である。左には駒ノ神から守門岳にかけての神々しいほど真っ白な雪で覆われた稜線。南東から南にかけては浅草岳、毛猛山、越後駒ヶ岳、八海山等、そして北に眼を転じれば破間川を隔てて烏帽子山が大きく聳え立ち、その奧には五剣谷岳、矢筈岳、粟ヶ岳等の川内山塊の山々が連なっている。30分ほどしてからTさんが登ってきた。間近には黒姫の白き峰が見えるが時間的にもう遅いので、ここから下山する。黒姫には登れなかったものの心は満たされていた。それは、すばらしい雪山に囲まれた大きな空間にいるからであろう。滑落に気をつけながら慎重に下って行く。沢の最後はスキーのトレイルに惑わされて山道を登ってしまい、途中から沢に引き返したため、時間をロスしてしまった。五味沢に着いた時は日が暮れる寸前であった。帰りが遅くなりヒュッテの方には心配をかけてしまった。有名な守門岳や浅草岳の影に隠れて、目立たない存在の山ですが、黒姫はすばらしい雪山であった。また行きたくなる、そんな感じのする山であった。今日はスノーシューが快適に似合う行程の山であった。

                   スライドショウ