守門山塊・下黒姫沢から黒姫


  曲は Spring Come Soon   

越後の山
五味沢〜下黒姫沢〜1328m峰〜五味沢

登山日 2006年4月10日
天候  曇
参加者 4名
コース・タイム
 五味沢・ムジナ沢橋5:35-7:20下黒姫沢から左岸尾根へ(ブナ林入り口)-7:50、831m峰-10:15稜線
 10:28-10:50、1328m峰11:08-14:05五味沢・ムジナ沢橋

当初の予定では烏帽子山を登る予定であった。しかし、下黒姫沢を遡り、831m峰に到着した段階で、午後から天気が崩れるとの予報に加え、時間的にも無理があると判断し黒姫登頂へと目標を切り替えた。

9日に登山の予定で8日の夕方に大白川に入り、大雲沢ヒュッテに泊まった。9日は雨や雪のため、登山日を一日遅らせることにした。お昼前、明日のコースの林道終点までスノーシューを履いて山の様子を見にいく。雪は結構湿っぽい。ヒュッテに戻ってからYさんとTさんは大原スキー場へいく。私は昔お世話になった守門荘のおばあちゃんに会いに行ったり、ヒュッテにおいてある山や野鳥や植物の本を読んだりして楽しく過ごす。本がいろいろとあるので、停滞していても飽きることはない。夕方から天気は回復し、夜中は星空であったが、出発の頃から曇り始めてきた。夜だけ天気がいいとはちょっと巡り合わせが悪い。昨年のようなピーカンの天気との願いは叶わなかったが、まずまずの登山日よりである。
 ヒュッテのAさんも参加されることになり、4人で五味沢・ムジナ沢橋を発つ。Aさんはワカンで、他の3名はスノーシューで足ごしらえをした。林道をしばらく歩いた後、適当な所から下黒姫沢の雪渓に下降する。右岸の尾根や山は名こそついていないが堂々とした連なりを見せている。その尾根をAさんは愛犬シロと途中まで登ったことがあるそうである。その時の写真はヒュッテに飾られている。650M付近は右岸からの大雪崩によるデブリで本流の谷底は塞がれている。Aさんたちは3月26日にここを通っており、その時はなかったことから、3月末頃に発生したもののようだ。あの頃は大雪の後に大雨があったようである。私は3月29日に下黒姫沢から烏帽子山へ行く予定であったが、風雪で登山を中止しただけに、考えさせられる光景であった。さらに歩を進めると、700M地点で沢は二俣に分かれるが、左俣上部から大きな雪崩が発生していた。私たちは左岸尾根をブナ林目指して登って行ったが、途中から雪崩痕を眺めると、まるで川を流れるような生々しい光景であった。この雪崩はごく最近発生したもののようであった。雪塊は山腹にあたって積み上げられていた。Aさんによると、26日に登った時に、雪崩のあった沢にスキーの真新しいシュプールがあったとの話である。ということはラビーネンツーク(雪崩の通り道)をスキーヤーが滑ったという話になる。おやおや驚き。

眼を転じれば、そんな景色はなかったかのように原生のブナ林が広がっている。ゴジュウカラやアカゲラが囀ったり、飛び回ったりしている。アカゲラのドラミングも聞こえる。道は急峻であるが、この長閑な雰囲気が気をやすらげてくれる。上黒姫沢の対岸に黒いものを発見する。一瞬熊かなと思ったが、Aさんが双眼鏡で確認した所、カモシカであった。YさんとTさんのスノーシューは中央にアイゼンがついており、そこに雪が団子になってくっつき、歩き辛いとこぼしている。Tさんのアイゼンは取り外し可能なので、取り外して歩きやすくなったようである。831m峰に着いたところで、先に述べたように今日の行き先を烏帽子山から黒姫に変更する。ここからも傾斜は緩まらず、雷光線形にステップを刻んでいく。一昨日から昨日にかけて降った新雪は60cmくらいである。1030m平地付近から1328m峰の左の鞍部目指して登高する。見渡す限り真っ白な世界が広がっている。ムジナ沢橋から5時間弱で稜線に到達する。稜線上を20分ほど歩くと1328m峰につく。西には駒ノ神から守門岳にかけての稜線が美しい。南東から南にかけては浅草岳、毛猛山が聳える。越後三山は霞んで見える。北には破間川を隔てて烏帽子山が大きく聳え立つ。その奧には五剣谷岳、矢筈岳、粟ヶ岳等の川内山塊の山々が望まれる。1328m峰から黒姫への道は新雪が積もって危険性が増していたため、ここから引き返すことにした。

 往きに苦労した急峻な道も帰りは早い。黒姫への真白き稜線もあっという間に、大きく見上げる高さになった。ブナ林では、ゴジュウカラ、アカゲラ、コゲラ、シジュウカラに巡り会う。タモ平付近では、ヤマドリ、カケス、キクイタダキ(Aさんが双眼鏡で確認)に出会えた。ヒュッテのAさんも山行を伴にし、生々しい雪崩痕を見たりと想い出に残る山行となった。登山前日には25年振りに守門荘のおばあちゃんと会うことができた。85歳になったそうであるが、達者な姿をみて懐かしかった。守門山塊は憩らぎのあるたおやかな山が多い。黒姫に「また来てねぇ」と呼びかけられているような気がした。山深き大白川にはこれから本当の春がやってくる。緑に包まれ、野鳥の囀る瑞々しい春がやってくる。

    写真1           黒姫0504        雪国のノスタルジア