紅葉のブナの森にひっそりと佇む尾瀬・幻の大池


銀山平〜尾瀬口〜御池〜天神田代〜渋沢温泉小屋〜幻の大池〜小沢平〜尾瀬口

登山日 1974年10月12日〜10月13日
参加者 山野(CL)、山本、川畑、石川、岡部
コース・タイム
 ○10月12日 
上野、前夜23:20-3:43小出5:40-6:25銀山平8:00(船)-9:25尾瀬口9:30-11:40小沢平12:00-15:05御池15:40-天神田代(シボ沢林道)-渋沢温泉小屋(泊)
 ○10月13日 
渋沢温泉小屋4:00-4:50カゴ渡し5:10-6:45見晴台6:50-8:50松嵒高山と幻の大池分岐-8:35幻の大池9:00-11:15カゴ渡し-11:25小沢平(昼食)12:00-13:40尾瀬口14:05(船)-14:40奥只見15:30-小出16:44-20:22上野

 幻の大池(白沢池)へ行きたいなあと思ってからもう6年もたつだろうか。念願が実現する運びとなって心は大きくはずむ。

10月12日 曇
 朝靄の湖上を船は静かに進んでいく。ぼやっとした雰囲気で景色は霞み、意識も次第にまどろんでくる。みんなはじめのうちは甲板にいたが、寒さの中で船室にもぐりこんでしまう。「船が着きました」と誰かが叫ぶ。何となく漠然とした船着場だ。
 尾瀬口からは御池に向って野ぶどうをほうばりながら林道をのんびりと歩いて行く。すすきが秋風の中にただよい、ウルシの赤がひときわ目立つ。ホオジロが秋のすがすがしい感触の中でめまぐるしく飛び交い、正面に景鶴山が見え出すとじきに小沢平に着く。小沢平からはトクサ沢沿いのくねくねとした林道となる。ブナやナラの紅葉がとても鮮やかに映え、気持ち良い。しかし車道であるため車の往来が次第に激しくなり、心も落着かなくなってくる。夜行の疲れで時折睡魔が激しくおそってくる。途中何回か昼寝をむさぼりながら秋の午後の感触を楽しむ。御池小屋で紅茶をすすり、夕暮の裏燧林道を足速やに進んで行く。上田代・横田代・天神田代と静けさを取り戻した秋枯れの湿原地をもの思いにふけりながら歩んで行く。ああ、なんともの悲しく、また、なんと深々としているのだろう。
 途中より渋沢温泉小屋に向ってシボ沢林道を下る。カサカサと葉を鳴らしながら、積った落葉をかき分けて行く。今日は地下足袋なので葉っぱの感触がくすぐったいように伝わってくる。アベベのようにはだしで走りまわりたいような感じのする道だ。今日は一人ではないのでそんなまねもできないことが少々辛い。ブナやカエデの大樹が見事に紅葉し、山を大きく包んでいる。霧が立ちこめ、幻惑的な色彩が夕暮れの森に漂う。あまりの美しさに、皆んなしばし感激する。落葉の上に寝ころび空高く聳える大樹を見上げながら静かなひとときを過ごす。
懐中電灯を手に少し下ると渋沢温泉小屋に着く。

10月13日 曇
 小屋の人達に見送られ、4時に温泉小屋を発つ。暗闇の中を一人一人只見川のカゴ渡しに揺られ対岸へ渡る。トチやブナなどが森をおおい、紅葉が美しい。朝のしじまの中で谷ではカワガラスが鳴いている。滑り易い急坂をぐんぐん登っていくとシン鼻ノ峰手前の見晴台に出る。流れる白雲の上に燧〜大杉〜会津駒の稜線が大きく横たわっている。ブナの生い茂る道はあくまでも静かであり、シジュウカラが梢の上で元気いっぱい唄っている。こんなところに住んでいる小鳥たちはなんと幸わせなんだろう。カゴ渡しから3時間ほどで地図上1703.8mピーク付近に着く。さらに南へ行けば松嵒高山への道なき道であり、私達は西の幻の大池に向って一気に下って行く。15分ほどで神秘的な大池のほとりに着く。
 静まりかえった森の中に池はひっそりと佇んでいる。水はなんと清らかなんだろう。森は赤や黄や緑の色彩を巧みに織り混ぜ大樹は池を大きく包みこむ。ナナカマドは紅の葉を誇らしげにひろげ、ブナは赤々ともえ、樹影を水面に写す。誰もが、去り難い気持ちを抑えて大池を後にする。大きく深呼吸すれば秋の香りがいっぱい忍び込んでくる。
 下りはとても滑り易い。トチの実が沢山落ちている。トチの実はクリの実に似ているので"クリモドキ"と言うそうである。シイタケに良く似たキノコを沢山とってきて、小沢平の山荘のおじいさんに聞いたらツキヨダケだと言われ、あわてて手を洗う。ここでとても美味しい手打そばを食べさせてもらう。梢ではモズが甲高い叫びをあげている。