初夏の巻機山・写真1

  曲はTender Lullaby

新潟県の山
井戸尾根登山口〜避難小屋〜巻機山〜井戸尾根登山口

登山日 2008年6月15日
参加者 7名
天候  晴
コース・タイム
 井戸尾根登山口4:15-7:48避難小屋8:00-8:20巻機山9:25-12:15井戸尾根登山口

 前日、飯士山に登り、夕刻に清水集落の民宿・雲天につく。雲天に泊まったのは1989年の10月以来だから、数えて19年振りである。その時は米子沢を遡ったのであるが、秋晴れの素晴らしい天気であった。雲天の巻機山スキー場建設反対の活動は感動的である。前回泊まったときは新築前の小さな民宿であったが、今は大きなけやき造りの民宿である。夕食の膳には食べきれないほどの山菜が並ぶ。八海山を飲みながら舌鼓をうつ。

 桜坂駐車場に車をおき、井戸尾根登山口から登る。青空にタムシバやムラサキヤシオが映え、キビタキ、オオルリ、コルリの透る囀りがさわやかだ。5合目焼松からは米子沢が大きく展望できる。上部は雪渓で埋まっている。米子沢は6月(2回)、8月、10月に遡行しており、私に沢登りの楽しさを教えてくれた沢でもある。ここからはブナの二次林の中の道となる。相変わらず野鳥の囀りは美しく、登高のいい伴奏となってくれる。6合目展望台からは割引沢の支流・ヌクビ沢と天狗岩の大きな姿が指呼できる。ヌクビ沢はほぼ完全に雪で埋もれている。割引沢を最初に遡ったのは41年も前の6月であり、感慨深い。6合目から上はイワカガミ、イワナシ、ミツバオウレン、イワウチワ、ミヤマリンドウ等の可憐な花々が目を楽しませてくれた。巻機山上部は美しい雪模様を描いている。避難小屋は小綺麗であり、近くにはミツババイカオウレンが咲いていた。約4時間の登高で巻機山1967Mの高みについた。遠くには残雪多い妙高、火打そして北アルプス北部の山々が望まれる。燧岳、至仏山、上州武尊山も望まれる。間近には越後三山が堂々と聳え立つ。朝日岳へと続く稜線の向こうには谷川連峰が見渡せる。こよなく晴れた空の下、素晴らしい展望を満喫する。今までの巻機山は沢登りばかりであったが、今回の尾根歩きでは巻機山の違った一面に触れることができた。下り道、避難小屋付近でオオシラビソの木のテッペンにとまるビンズイを見る。囀りながら頭上を飛んでいった。往きは目立たなかったミヤマリンドウが下り道ではよく見かけた。往きは野鳥の囀りが賑やかだった中腹の道はエゾハルゼミの時雨れる道と変わっていた。帰りがけ、雲天でおみやげの山菜をいただいて帰途についた。

<観察した野鳥>
ホオジロ、ホトトギス、オオルリ、キビタキ、コルリ、ウグイス、ハシブトガラス、センダイムシクイ、ヒガラ、トビ、ヤブサメ、ヤマガラ、ビンズイ、カッコウ、ジュウイチ、イカル

<観察した主な高山植物>
ササバギンラン、イワカガミ、イワナシ、ムラサキヤシオ、ミツバオウレン、ミヤマリンドウ、イワウチワ、ハクサンシャクナゲ、タムシバ、ツクバネソウ、ミネズオウ


                                    OLYMPUS E-500_ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影

  

                                                 タムシバ

 

           ムラサキヤシオ                           イワウチワ

 

         天狗岩と割引沢・ヌクビ沢の雪渓              

 

      北アルプス北部と妙高山・火打山方面

                              写真2