晩秋の苗場山


越後の山
祓川〜和田小屋〜中の芝〜苗場山〜祓川

登山日 1967年11月5日
参加者 今林(CL)、山野、橋本、梅田、篠田、塚田、斉藤、千脇
天候  曇のち晴
コース・タイム
越後湯沢駅6:30-7:15祓川-8:08和田小屋-9:30下の芝-10:05中の芝-10:30中の芝-11:30苗場山11:45-12:10神楽が峯、直下13:55-15:25和田小屋-16:15祓川

 紅葉も終わり、冬の到来を待つ晩秋のぬかった道を寒さに身を震わせながら登った。中の芝に着く頃より深い霧が山全体を覆い、静寂を破るかの如く疾走。新雪のわずかに積もった頂上に着く。散在する池塘群は、あるものは凍りつき、あるものは秋風になびいて、静かな晩秋の香りがした。下山する頃より霧が晴れて、南に赤倉山から白砂山への峰々、東に越後沢山、巻機山、谷川連峰が望まれた。神楽が峯直下でおでんと焼ソバを腹一杯食べ、駆けるよに祓川へと降りた。