ナイフリッジ状の稜線・鬼ガ面山から浅草岳


越後の山・奥只見の山
六十里越〜鬼ガ面山〜浅草岳〜カヘヨボッチ〜五味沢〜大白川
   
登山日 1982年6月12日
参加者 山野(CL)、江間、内藤、西川、稲井
天候  晴
コース・タイム
大白川6:21(タクシー)-6:51六十里越-9:10南岳-9:30鬼ガ面山-11:20浅草岳12:10-14:50白崩沢出合-五味沢-大白川

 六十里越は車が通っているとはいえ深い山の中という感じがする。一昨年苦闘の末毛猛山からこの峠へ降りて来たことを思うと感慨深い。また10年前の5月にここから浅草岳を目指したが、途中より下山した経験がある。今日の空は青く澄み渡り、絶好の登山日和だ。今回は山菜を食べることが目的とはいえ、ここまで来ればやはり浅草岳の頂に立ちたい。
樹々は新緑から翆緑へと変わりみずみずしい。樹々は覆いかぶさるように茂り、最初のうちは息もはずむ。路傍にはタムシバやタニウツギの花が美しく咲く。南岳に近づく頃より所々に雪渓が現れ、カタクリやイワカガミの可憐な花が眼をひきつける。南岳から鬼ガ面山にかけてはナイフリッジ状の稜線歩きであり、眼下に切れ込む急峻な雪渓が実に見事だ。所々に咲く青紫色のシラネアオイは鋭い岩稜と雪の中にあって、心安まる幸せの花だ。痩せ尾根の上にはレンゲツツジ、ムラサキヤシオ、サラサドウダン、ベニドウダン、ツリガネツツジ、シャクナゲなどが彩りあざやかに咲き競っている。南には残雪の横山や毛猛山から未丈ヶ岳にかけての稜線が、北に眼を転ずれば、守門岳が悠然と聳えている。激しい登り降りを何回となく繰り返すと、残雪豊かな広い草原に着く。静かで幸せな開放感が身を包む。ここで昼食をとり、しばらく登ると1586m浅草岳の高みに着く。9年振りに踏む頂である。あの時は横なぐりのメイ・ストームが荒れ狂い、寒さに震えていたが、今日は青空のもと燦々と陽がふりそそいでいる。越後三山や荒沢岳を経て平ヶ岳へと続く稜線が美しい。そして遠く燧ヶ岳まではっきりと見渡すことができる。
下りは残雪まだらな尾根を五味沢へと一気に下る。いつも泊まる大白川の守門荘は民宿をやめてしまったため、今日は別の民宿に泊まる。風呂で汗を流し、くつろいでいると疲れはふき飛んでしまう。いつもながら守門山麓の山菜は美味しい。