清津川・セバト沢右俣


越後の沢
越後湯沢〜赤湯〜セバト沢出合〜谷急沢出合〜40m大滝〜セバトの頭〜湯ノ沢本流〜浅貝

登山日 1978年8月25日〜8月27日
参加者 牧、江間、金井、山本、内藤、沢田、山野
コース・タイム
 ○8月26日(晴)
上野、前夜23:20-3:05越後湯沢3:15(タクシー)-4:00林道終点4:15-4:35棒ノ沢出合-5:00鷹ノ巣峠-5:40赤湯6:42-7:40セバト沢出合-8:20天狗岩-9:00猿岩沢出合9:20-9:22二俣(右俣へ入る)-9:40谷急沢出合-10:35(昼食)11:40-13:00、30m滝上-15:30、40m大滝上-15:35キャンプ・サイト
 ○8月27日(晴)
キャンプ・サイト5:52-6:50セバトの頭7:00-8:46、1563mピーク下9:05(湯ノ沢下降)-9:41湯ノ沢本流-10:04(昼食)11:00-12:25林道12:35-13:15浅貝13:40-14:50越後湯沢

 清津川本流の徒歩は腰ぐらいまで水につかると聞いていたが、今年は全国的な雨不足のため膝より上まで水に浸かることはない。広河原状の単調なゴーロ歩きがしばらく続く。途中、左岸より赤倉沢が注入し、出合はガレており、水も涸れている。さらにしばらく行くとやはり左岸よりナラズ沢が注入する。この沢の核心部は滝が連続し、快適な遡行が味わえると聞いているが、沢の出合は殺風景である。ナラズ沢を過ぎるとじきに右岸よりセバト沢が注入する。
 セバト沢に入ってからもしばらく単調なゴーロ歩きが続く。やがて、天狗岩と呼ばれる高さ50mほどの逆層の岩壁が左岸に現れ、谷も徐々に狭まってくる。釜を持つ7mの滝を左から、すぐ上の5mの滝を右から快適に越えると左岸より屏風沢が注入する。しばらく赤茶けた壁を見ながら遡って行くと、右岸より12m 2条となって落下する猿岩沢を迎える。しばらくして二俣となり、私達は南へと向かう右俣に入る。左岸に谷急沢(聞くところによるとナメと小滝の続く快適な沢だそうである)を迎える頃から沢の水は全く涸れ、傾斜の強いゴーロの上の小滝の連瀑帯も一滴の水もない。水があれば美しい滝場となる所であろう。このまま源流まで水が涸れることは絶対にありえないと思っていたものの、全国的な水不足が気にかかり、30分近くも水が現れないと皆本気で心配するようになってくる。「水筒一本で7人分の夕食は無理だなあ」「今日は下って赤湯泊まりで、明日は岩魚釣りでもしよう」などと嘆いたりする。右岸はしばらくの間赤茶けた脆い岩壁が高く岨立ち威圧的な感じすらする。
 やがて水音が聞こえ皆の顔もほころぶ。昼食をとり、小滝を若干登ると30mの滝が飛沫をあげ、屈曲して落下している。下部は右手に階段状のホールドがあって容易に登れそうであるが、上部は下からではよく伺えない。登ってみたい滝であったが、右岸を高巻くことにする。なんとなくうしろ髪をひかれながら、前方の支尾根を登り越え、1時間近い大高巻きのすえ滝の上に立つ。ここからはゴルジュ帯の中に小滝が連なり、セバト沢の中で最も快適な所である。ゴルジュ帯を抜け出ると40mの大滝が眼に飛び込んでくる。一枚岩を滑るがごとく激しく落下し、実に見事な眺めである。右岸の草付きがルートであるが、悪そうなので少し下った左岸の枝沢から大きく高巻いて行く。都合、2つの大滝を高巻いてしまい物足りなさを感じたのは私だけなのだろうか。
 大滝の上には砂地の快適なビヴァーク・サイトがあり、ここにツエルトを3つ並べて設営する。夜は豪勢な夕食をとり、キャンプファイヤーで暖をとる。静かな谷間で火は赤々とともり、梅酒のほのかな酔いと合まって今日一日の歓びが我が身を大きく包んでいく。

 今日もまた素晴らしい天気である。メボソムシクイが爽やかにさえずる中を南から南南東へと沢を忠実につめて行く。ヤブ漕ぎに苦労することもなく1時間ほどで簡単にセバトの頭に出る。ここからは三国峠へと続く笹でおおわれた国境稜線を東へ東へと進んで行く。途中、道が消えることが時々あるが天気も良いし、道を間違えることはない。赤倉山から佐武流山にかけての稜線が手に取るように見える。1563mピークの少し手前のコルから湯ノ沢へと下降する。青苔でおおわれた枝沢をしばらく下降すると水量豊かな湯ノ沢本流に出る。この沢は大滝こそないが、セバト沢の赤茶けた岩と違って岩床は美しく気持の良い下降が続く。途中から林道に出て浅貝へと向かう。