越後・下権現堂山
   
越後の山
コース 戸隠神社
登山日 2004年4月17日
参加者 2名
天 候 曇
コース・タイム
西武池袋線・小手指駅6:00-関越自動車道-小出-只見線・薮神駅-8:50広神村・戸隠神社登山口9:20-11:40下権現堂山12:10-12:30弥三郎清水(昼食)12:58-14:20戸隠神社-入広瀬村・大白川・大雲沢ヒュッテ(泊)
  

               戸隠神社                         ユキツバキ

  

              ユキツバキ                       イワウチワ

  

              イワウチワ

  

                                          ショウジョウバカマ

  

            ショウジョウバカマ                     キクザキイチゲ

  

             ユキツバキ                         シュンラン

登り始めは可憐な春の花が美しい。中腹よりブナ林が現れ雪道となる。ホオジロが多く、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラなどの囀りが快い。守門岳や浅草岳が間近に望まれたが、雲に覆われていた。
  

           下権現堂山896M                      毛猛山塊

  

            上権現堂山                       霞んで見える越後三山

  

             カタクリ

入広瀬村の大白川・大雲沢ヒュッテに行く。大白川には思い出がいっぱいあり、ふるさとに帰ってきたような気持になる。ヒュッテの前でホオジロ、アオジ、アカゲラ、カワラヒワなどを観察する。ヒュッテのマスターによれば、守門岳山麓にはイヌワシやアカショウビンがいるとのことだった。この地でイヌワシを見たり、アカショウビンの音色を聴きたいと思った。