雨のち晴れ・春の浅草岳、守門岳

  曲は”君の笑顔が好きだから”
越後の山
田子倉〜剣ガ峰〜山神の峰〜浅草岳〜ムジナ沢〜守門山荘〜守門荘〜三ノ芝〜袴岳(守門岳)〜守門荘〜大雲沢〜守門荘〜大白川

登山日 1973年5月2日〜5月5日
参加者 山野Y(CL)、石川、三ツ間、山野T
コース・タイム
 ○5月2日 
前夜、上野23:20-3:46小出5:35-6:55田子倉7:05-10:00、900m地点-11:00剣ガ峰-11:05山神の峰(昼食)-14:55浅草岳-16:05ムジナ沢大滝-18:15五味沢音松荘(泊)
 ○5月3日 
音松荘6:05(マイクロバス)-6:30守門川入口-7:35守門山荘-15:20守門荘(泊)
 ○5月4日 
守門荘5:15-6:10守門山荘-7:15登山口-8:30エデシ-9:30比較的広い雪の大地-10:20三ノ芝-11:20袴岳(守門岳、昼食)13:20-14:55三ノ芝とエデシの中間点-16:15登山口-18:45守門荘(泊)
 ○5月5日 
守門荘4:35-6:10登山口(朝食)-7:15大雲沢に入る-8:45布引の滝9:00-10:10ダム-10:40大原橋-11:05守門荘

 昨年の5月にも浅草、守門岳の登頂をめざして奥只見に入ったのであるが、雨にたたれて守門岳には登れず、浅草岳も途中までしか行けなかった。従って、今回の山行は最初から雨のことが一番気がかりであった。
 春は9日周期で"寒のもどり"がやってくると言われており、4月6日と4月23日〜24日にかけて"寒のもどり"があったので、私達が浅草岳に入山する予定の5月2日の八十八夜はまさしく"寒のもどり"にあたる日であった。
 4月30日、18時の天気図によると、秋田の西に1020ミリバールの高気圧があるものの、長春および上海付近に発達した低気圧があり、この影響で上海の天気は雨であった。上海で雨が降った2日後に日本本土で雨が降るという一説に従えば5月2日は雨である。そして、それを裏書きするように1日、9時の天気図では発達した低気圧が黄海を通って本州に向かっている。こうまでデータが揃っていて、2日の日に山に入るのは馬鹿みたいな話であるが、山へ行く気になって東京にいても仕様がないということで、予定通り1日の夜行で山へ入ることにした。

5月2日(曇のち雨)
(浅草岳)
 上野発23時20分の上越線に乗り込む。汽車は空いており、登山客もほとんどいないようだ。寝不足とメーデーの疲れから、たちまちぐっすりと眠ってしまう。朝早く小出に着く。空はどんよりとした高層雲である。ツバメとシジュウカラがさかんに囀っている。小出で笠井さん手作りの美味しいおにぎりを食べた後、只見線に乗り換え田子倉へと向かう。車窓からはタムシバやオオカメノキの花がよく見える。田子倉に着くと小雨が降っている。しかし、雨のわりには視界は良く、鬼ガ面山や浅草岳がはっきりとのぞまれる。雨がちょっと気になったが、十分な食糧と装備があったので浅草岳を登ることにする。最初は只見沢の右に分かれる枝沢に沿って登って行く。茨城大の人達はこの沢をつめて行くと言っており、私達もこの沢をつめようという案があったが、雨が降っているし無理をしないということで、沢を渡って只見尾根に取付くことにする。沢を渡る所で石川さんが水の中に落ちてしまう。でも、たいした事もなく尾根に入る。最初は雪のため非常に道が分かりにくく、割合と時間を費やしてしまう。新緑のブナの大樹の中を雨に打たれながら登高する。ブナは大きな根回り穴を作っており、見事に聳えている。シジュウカラやヒガラがせわしく囀っており、時々アオゲラがピョウ!ピョウ!と合いの手を入れる。遠くからはツツドリの鳴き声も聞こえる。やがて900m地点の見晴台に着く。ショウジョウバカマやカタクリ(土地の人達はカタロッパと言っている)の花が咲き乱れている。只見沢の雪渓を隔てて鬼ガ面山の東壁が圧倒的に迫る。相変わらず雨に打たれながら山神の峰へと向かう。
 ここでツエルトを被って昼食を取る。この時、只見沢の鬼ガ面山東壁基部付近でドドド−とブロック雪崩があり、はっきりと見える。
 お腹がいっぱいになったところで浅草岳へ向かって登り始める。雨が降っているものの意外と視界は良く、鬼ガ面山の黒々とした岩壁と無気味なルンゼや滝がよく見渡せる。南には前毛猛、毛猛の山並みと静まりたたずむ田子倉湖が霞んで見える。浅草岳直下は雪の状態が悪く、雪面をトラバースしたり、ブッシュを漕いだりしながら登高する。頂上も間近い急峻な雪のトラバースでは初心者がいたのでザイルを出す。風雨の中、寒さをこらえながら石川さんを確保する。頂上ではメイ・ストームが荒れ狂っている。記念撮影後、直ちに下山する。時計を見ればすでに午後の3時である。浅草岳直下の下りは横なぐりの強風雨が私達をたたきつける。でも、みんな元気だ。カヘヨボツチの手前よりムジナ沢に入る。兄はスキーで沢を滑降して行く。しばらく行くと風は凌げるようになったが、みんな雨でびっしょりだ。1時間ちょっと下ると大滝に出合い、左岸の急峻な雪面をトラバースして捲いて行く。大滝からは左岸の赤布に導かれてどんどん下って行く。そして重い足どりでスギ林の中を40分ほど下って行くと、五味沢の音松荘に着く。時計はすでに6時を回っている。
 宿のおばさんは私達のためにストーブをつけてくれ、濡れたものを乾かす。夕食はとても食欲がすすみ、夜は暖かいフトンの中でぐっすりと眠る。

5月3日(雨)
(守門山荘付近でグリセードの練習)
 朝起きると雨である。この浅草岳はよく雨に好かれた山である。6時頃音松荘を発ち、マイクロバスで守門川の出合まで行く。大原スキー場ロッジを経て守門山荘へと向かう。守門山荘への道はツクシが沢山首を出しており、チャセンバナ、カタクリ、タチツボスミレ等の花が路傍を彩っている。1時間ほどで守門山荘に着く。小屋の中は非常に荒れている。ここには新潟大学の山岳部の学生が8人ほど来ており、色々と話を聞く。それによると、昨年山小屋の主人が亡くなって、現在は営業しておらず、学生らがこの小屋を買い取るとのことであり、小屋の修繕のためにここに来ているとのことであった。彼等は、冬にはここへよく来るとの事で、冬は静かで素晴らしいスキーが楽しめると言っている。けれども私達の心を痛めつけるもう一つの話があった。それは、この辺一帯のスキー場建設のことであった。ここへ来る前に噂には聞いていたが、これほどひどいとは思わなかった。話によると、現在ではこの小さな大原スキー場一つだけであるが、これからは浅草岳を中心に東洋一のスキー場を建設するのだそうである。そのために太平洋クラブがこの辺一帯の土地を買い占めつつあるとのことだ。ああ、この静かな山林と水々しい自然の破壊が間近に迫っているとは...。何もスキー場など作らなくても、このあたりでは自然のままの豪快なスキーが出来るではないか。スキー場建設によって野鳥は逃げ、高山植物は踏みつぶされ、木々が枯れ果ててしまうのは火を見るよりも明らかである。
 一つそして一つと美しい自然が破壊され、空しい喧噪だけが辺りを覆っていく...。そんな事が本当に許されて良いのだろうか。そんな事は何も知らないかのようにフキノトウやツクシが一生懸命首を出しており、ウグイスがさかんに春の歌を歌っている。
 ここは私達の今宵の宿の予定であったが、学生たちによく聞くと予約した宿はここではなく、守門川出合のすぐ近くにある民宿であることが分かった。雨は依然として降り続いている。軽食を取った後、付近へ散歩に出かける。
 グリセードの練習に格好のゲレンデが随所にあり、今日は思い切りグリセードの練習をすることにする。雨が降っているとはいえ、グリセードと滑落停止の練習を繰り返していると汗ばむほどである。三ツ間君はフォームも良く、なかなか上手だ。とても初めてやるグリセードとは思えない。石川さんも転びながらも一生懸命だ。飽きるほど練習したところで、フキノトウ、ツクシ、フキ、ゼンマイ等の山菜を採りながらのんびりと山を下る。3時20分、民宿の守門荘(浅井さんの家)に着く。戸は開いているけれども留守のようである。ツバメの巣が玄関の中にあり、開いた戸から出入りしている。私達は濡れた身体で外で待っているのも辛かったので、家の中に入って休ませてもらう。テレビを見ながら家の人が帰ってくるのを待つ。5時頃、「村の親戚の者に不幸があって遅れてすみません」と言いながら奥さんが帰ってくる。
 夕食には、ますの塩焼きや山菜料理が食膳を賑わし感激してしまう。石川さんなどは感激で幸せそのものの顔をしている。
 参考までにメニューを紹介すると、キクラゲ、ウルイのおひたし、生ウドの味噌そえ、コゴミ、コンフリ、ウドの天ぷら、ホウガンダラ、トリアシの味噌和えである。それに、これは私のおごりだと言って奥さんが、熱燗や夏ミカンを出してくれる。
 ほろ酔い気分で奥さんと色々な事を話す。山菜の名前と料理法を一つ一つていねいに教えてもらう。奥さんの話によると、旦那は昨年亡くなったそうで、今この家では一番下の息子と二人で暮らしており、あと子供3人は東京の方へ出て行ってしまっているとのことである。子供達は豪雪のこちらには戻って来る気はなく、時々空気の入れ替えにこちらにやって来るとの事であった。
 一番下の息子も今日は東京へ行ってしまい、私達4人と奥さんだけであり話も弾む。話しているうちに、例の東洋一のスキー場建設の事が話題になり、奥さんも困ったものだとさかんに嘆いている。そんなに大きなスキー場など出来てしまったら、こんなにゆったりとした気持ちで山菜など食べることだってできなくなってしまうし、それに村全体が騒々しくなってしまうだろう。
 いつの間にか雨は止んでおり、まばらではあるが中天にはおおくま座やしし座などの星が輝いている。
 この家には、かいこの糸を紡ぐ機械が置かれており、私達も使わせてもらう。すぐに糸が切れてしまい、慣れないと難しい。記念にと糸を紡ぐ姿を写真におさめる。
 明日以降の天気が気になっていたので、22時の気象通報で天気図を書く。18時の天気図によると、本州東方海上から南方海上にかけて前線が連なっているものの、ヴルウ島、京城、華中付近に高気圧の中心があり、いずれも時速35キロで日本本土に向かっており、ここ2日ばかりは比較的良い天気になることが予想された。
 今日もお風呂で汗を流し、夜はぐっすりと眠る。
 
 
5月4日(曇時々晴)
(守門岳)
 朝、起きるとクロツグミがリズミカルに朝の歌を唄っている。外は激しく雲が動いている。5時15分に守門荘を発つ。守門山荘を通って2時間ほどで登山口に着く。ここからは、ブナの鮮やかな新緑の中を登山道の幾分左手の急峻な雪渓上を登高する。オオルリ、ツツドリ、センダイムシクイ、アオゲラ、ウグイス等が久々の天気に機嫌を良くして力一杯囀っている。
 1時間ちょっとでエデシに着く。ここからは大雲沢がよく俯瞰できる。けれども沢の上部は霧が漂っていて見えない。ここからはイワカガミやタムシバが多く、シジュウカラがミズナラの林の中をさかんに飛び交っている。9時半に比較的広い雪の大地に着く。霧が濃くなり、何も見えなくなってくる。視界のきかないしじまの中でコゲラがさかんに木を啄いている。しばらくその音を聞きながら休む。
 1時間ほど雪の道を登高して行くと、大きな雪原である三ノ芝に着く。樹々には霧氷がついている。この頃より、霧がだんだんと切れていき、背後には浅草岳や鬼ガ面山、それに越後三山などがはっきりと見えてくる。自然とみんなの顔はほころんでくる。
 三ノ芝から袴岳にかけての道は、東側は大きく雪庇が張り出ており、深い雪の中に大きな亀裂が何本も走っている。頂上に近づくにつれてだんだんと天気は良くなってくる。11時20分、全員快調な足どりで袴岳(守門岳)の頂上に立つ。東には中ノ峯岳、袴腰岳、駒の神、鳥帽子山へと連なる雪稜が、西北には青雲から大岳にかけての雪稜が指呼できる。そして浅草岳、鬼ガ面山、毛猛山、越後三山などの雪嶺が春の陽光に照らされて悠然と聳え立っている。その背後には燧岳や至仏山なども浮かんでいる。写真を撮ったり、グリセードをしたりして頂上で2時間ほど過ごす。2、3パーティがスキーを背負って登って行き、頂上付近で滑っている。
 下りは往路を引き返す。
 1時間半ほど下った三ノ芝とエデシの中間点は大雲沢の眺めがとても良い。明日の遡行に備えて双眼鏡で偵察を行う。ここからは大雲沢下部のゴルジュ帯も望見できるが、雪の状態は定かでない。大雲沢上部の枝沢は黄蓮ハゲ沢、中ノ峯沢および袴腰沢の突き上げはかなり急峻であるが、後切沢は前の3つの沢に較べると若干緩やかだ。そして私達が登る予定である中の平〜奥ノ平にかけてのコースは死角で良く見えない。いずれにしても下の平より上部は雪が完全につまっており、技術的にはさして問題となるような所はない。従って、遡行の成否は下部ゴルジュ帯の雪の状態にすべてがかかっている。
 ここからは上祝沢の支流をグリセードで下降する。昨日の訓練のおかげでみんな快調に飛ばして行く。4時15分登山口に着く。あとは昨日と同様、山菜を採りながら、のんびりと山を下って行く。足を捻挫してから初めての山行であり、下りは足がだるい。みんな山菜をビニール袋にいっぱい入れて帰る。守門荘に着いた時は7時に近かった。
 夕食は昨日と同様食べきれないほどの秋と春の山菜が食膳を賑わす。今日はアケビの木の芽のおひたしも食べさせていただく。
 
 
 

        上祝沢の支流をグリセードで下降

5月5日(晴)
(守門岳・大雲沢遡行) 山野兄弟
 一足先に帰京する石川さんと三ツ間君に見送られて、4時35分、守門荘を発つ。1時間半ほどで登山口に着く。おにぎりの朝食をとった後、ブッシュを漕いで強引に大雲沢に下降する。7時15分、大雲沢に入る。雪渓は切断されており、歩きにくい。徒渉したり、雪をカッティングしながら布引沢の下まで行ったが、ここより先は深いゴルジュ帯であり、雪渓の状態からみて先へ進むのは無理のようだ。布引の滝は60米位の見ごたえのある滝だ。9時に布引の滝を後にし、引き返す。大雲沢を基部から遡行するには、もっと雪の多い4月上旬から中旬でないと無理のようだ。今日は入山以来初めての快晴であり、春の陽が燦々と輝いている。11時頃守門荘に着く。守門荘の奥さんに聞くと、石川さんと三ツ間君の二人はまだ帰っておらず、裏の獅子畑山へおにぎりを持って散歩に出かけたとの事であった。
庭でひなたぼっこをして衣類をすっかり乾かした後、3時ちょっと過ぎに、色々とお世話になった守門荘を後にする。帰りの汽車の窓からは越後三山、巻機山、谷川連峰などが展開していく。そして、高崎付近では上州の山々、浅間山が夕陽の中にシルエットとなって浮かび、私達の山行のフィナーレを飾ってくれる。
  

          大雲沢                           布引沢・布引の滝

              

            守門荘