ヒメサユリ咲く守門岳

  曲はWarm Afternoon

越後の山
二口登山口〜谷内平〜青雲岳〜守門岳〜大岳〜保久礼小屋〜二口登山口

登山日 2004年6月27日
参加者 山野(L)、山田
天候  曇
コース・タイム
 二口登山口(猿倉橋)6:55-8:00谷内平-8:40標高1000M地点-10:20分岐点-11:00守門岳-11:20青雲岳 (昼食)11:43-12:40大岳-13:55保久礼小屋14:06-15:05二口登山口

 大雲沢ヒュッテから二口登山口までは車で行く。登山口の猿倉橋には立派な駐車場とトイレがある。雨も上がり、今日は登山日和である。少し歩くと、すがすがしいブナ林となり、ブナ林の歌姫・キビタキが軽やかに囀っている。ブナ林はこれから大岳と守門岳の鞍部である分岐点まで続いている。道は緩やかで、キビタキに加え、ホトトギス、シジュウカラ、ウグイスの囀り、アカゲラのドラミングと賑やかだ。だんだんと汗ばみ、エゾハルゼミの時雨が激しくなってくる。標高1000Mのところは見晴らしが良く、オカガミ沢の大滝を望むことができる。雨で洗われたギンリョウソウがことのほか美しい。分岐点に近づく頃より、高山植物が多くなり、ゴゼンタチバナ、ミツバオウレン、イワカガミ、マイズルソウ、ツマトリソウ等が眼を楽しませてくれる。大岳から守門岳へと続く稜線にでると人でいっぱいだ。あまりの多さにとまどいを感じてしまう。1981年の5月に訪れた時の登山者は私たちだけの静かな世界であった。この稜線の雪庇が大きく張り出していたのが印象に残っている。烏帽子山を見ながら守門岳へと向かう。頂上に着いた時は視界が悪く、眺望はきかず、近くの黒姫や浅草岳も見ることができなかった。青雲岳の平らな山頂でお弁当のおにぎりを食べた後、帰路の大岳へと向かう。雪渓のあるところは涼しさを感じる。穏やかな感じの起伏が続き、昼寝をしている人を見かける。大岳の頂上直下には今まで見られなかったヒメサユリが道端を彩っている。吉ヶ平からはブナ林となる。オオルリ、キビタキ、ツツドリ、カッコウ、クロツグミが囀っている。キビタキ小屋、保久礼小屋ともに10人位泊まれるが、キビタキ小屋の方が板敷もあり、快適に泊まれると思う。保久礼の駐車場は広く、長岡ナンバーの車が多い。地元の方にとっては気軽にヒメサユリ・ハイキングできる山として親しまれているのでしょう。二分キャンプ場を経て、車の置いてある二口登山口へと向かう。キャンプ場からは通りがかりの女性の車に乗せてもらう。私たちは保久礼から二分キャンプ場まで車道を歩いたが、登山道(守門村と書かれた道標あり)を歩けば近道のようである。

           プロローグはキビタキの囀るブナ林であった  

  
  

             チゴユリ                        ミツバオウレン

  

             イワカガミ                         マイズルソウ                    

  

            ギンリョウソウ                      ユキザサ

               次の写真