毛猛山塊・太郎助山


  曲はTender Lullaby   

越後の山
R252〜542m峰〜762m峰〜足沢山1107m〜1084m峰〜足沢山〜R252

登山日 2006年5月10日
天候  晴
参加者 2名
コース・タイム
 R252、5:10-5:43、542m峰付近-6:50、762m峰-8:22、930m分岐点-9:10足沢山9:27-10:15、1084m峰
 -11:00足沢山11:50-12:20、930m分岐点-15:05、R252

春の声を聞くと、越後の山麓、越後の山へ行きたくなる。
R252の足沢山の登山口まで、宿泊したヒュッテのオーナーに車で送ってもらう。542m峰を目指して、小さな雪渓から登り始める。もう少し東の地点から登れば、末端から尾根通しの登高も可能である。雪渓は急峻であるが、約30分の登高で尾根道に合する。尾根道に雪はなく、たくさんのイワウチワが可憐に咲いている。この花はこれから先、この尾根道に随所に咲いていた。イカル、シジュウカラ、ヒガラ、オオルリ、センダイムシクイ等のさわやかな囀りが流れていく。オオルリは至近距離のブナの木で囀っていた。今年になって初見である。やがてブナの新緑の拡がる幅広い尾根に出、762m峰目指して急峻な雪稜を登高していく。ヒガラがよく目につき、イカルやオオルリに加え、ツツドリ、ジュウイチ、アオゲラの鳴く声が響いてくる。762m峰あたりから、雪のない尾根道となる。落雷のあった痕のあたりから展望は大きくひらけてくる。左正面に太郎助山、背後に浅草岳や守門岳を見ながら登高する。コルリの透る囀りがすがすがしい。やがて極度に痩せたざれた感じのところに出る。数カ所、崩れやすい道を慎重に登っていく。この尾根は痩せ尾根なので、とくに雨の時はスリップに注意する必要がある。だんだんと気温は上がり、汗ばんできた。時折、雪崩の音が響いてくる。今日、長岡市では32.3℃を記録したそうである。雪崩れやすいわけである。タムシバの白とミツバツツジの紅紫が雪山に花をそえている。アズマシャクナゲやカタクリも咲いている。標高930m付近で、822m峰からの尾根道と合する。ここからは膨大な積雪の雪稜を登っていく。1107m足沢山の高みに立てば、素晴らしい景色が拡がっている。とても1100m足らずの山とは思えない。間近には太郎助山、百字が岳、桧岳、その奥には越後三山が聳える。西には黒又川第二ダムを隔てて、唐松山、上権現堂山、下権現堂山へと連なっている。そして浅草岳と守門岳がひときわ大きく見える。1ヶ月前に登った黒姫も、守門岳の東に白きたおやかな姿で浮かんでいる。
Oさんは下りでの足の調子が心配なので、ここで待っているという。私一人で太郎助山へと向かう。雪庇の亀裂で歩きにくい道がつづく。1084m峰に着いたところで、歩くペースが鈍ってきた上に、雪崩の音を聴いているうちに、これから先に進むのをやめてしまった。足沢山へと引き返し、頂上でお湯を沸かして、至極のんびりとした時を過ごす。陽射しは強いものの、雪景色は遠くまでくっきりと見える。越後のたおやかな雪山に囲まれて、至福の時が流れていく。下りは持病の背筋痛・腰痛が悪化し、休み休み下っていく。振り返ってみれば、太郎助山を途中下山したのは正解だった。ヒガラ、クロジ、イカル、モズ等の囀りが流れる。雪解けの山麓にはキクザキイチゲ、ショウジョウバカマ、カタクリ等が咲いていた。
 越後の春は何度訪れても、新たな喜びに包まれる。越後の春に心はやすらぐ。

              写真1