憧れの利根川源流の山々
春の越後駒ヶ岳から丹後山縦走


越後の山
駒ノ湯〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜兎岳〜大水上山〜丹後山〜十字峡
   
登山日 1990年4月30〜5月3日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
○4月30日(晴のち曇)
駒ノ湯5:35-7:05(朝食)7:30-9:33小倉山-12:35駒ノ小屋
○5月1日(風雪のち雪)
停滞
○5月2日(晴れたり曇ったり)
5:52-6:20駒ヶ岳6:30-7:15天狗平-8:00檜廊下-10:55中ノ岳避難小屋(昼食)11:35-11:40中ノ岳11:50-14:15兎岳14:28-14:53大水上山15:15-16:00丹後山避難小屋
○5月3日(晴)
5:35-7:35鉄砲平7:45-8:40登山口-8:50十字峡-9:10(昼食)10:00-11:05野中

 6年前の5月に駒ヶ岳へ登ったが、霙、風雪のため、駒ノ小屋直下で残念ながら引き返した。そして一昨年および昨年の5月にも駒ケ岳の山行を計画したが、一昨年はパートナーの病気で、昨年は私自身の病気という具合で、いずれも見送られた。そういう事情があったので、今年こそは是非とも頂上をきわめたい気持ちであった。幸いな事に今回は久々に兄が同行してくれることになり、楽な気分で山へ入ることができた。
 今年は異常なほどの暖冬のため、山麓の駒ノ小屋周辺には雪は全くない。予備食を含め4日分の食糧を背負って小倉山へと歩を進める。新緑の森の中に赤紫のヤシオツツジ、白のタムシバが美しく映え、路傍にはイワウチワやカタクリが咲き乱れる。4時間ほどの登高で小倉山に着く。今までの緑の森の景色は一転し、残雪豊かな荒沢岳から灰ノ又山にかけての頂稜が眼前に大きく聳え立つ。
ここからは雪の上にステップを刻むようになり、ようやく春山に来たのだなあという気分になってくる。ミソサザイ、ツツドリ、ゴジュウカラ、コマドリなどが気持ちよくさえずっている。百草ノ池に着く頃から風が強くなってくる。駒ノ小屋への最後の登りはクラストしてきたのでアイゼンをつける。12時35分、駒ノ小屋に着く。視界は悪く、地吹雪となったので、時間的には早いが、予定通り、ここに泊ることにする。今日の宿泊は私達2人と小屋番の3人だけだった。 夜半より猛烈な風が吹き荒れ、やがて風雪となる。視界が全くきかず、雪も降り続いているので停滞と決める。退屈な一日だったが、夜には雪もやみ、夜空には星が煌めくようになる。

朝起きると気持ちの良い快晴である。前日降った新雪の上に新しいトレールを刻んで行く。大きく張り出した雪庇を突き破り、白雪の駒ケ岳の高みに立つ。2003m。眼前には八海山、中ノ岳が大きく聳え立ち、そして荒沢岳から平ケ岳にかけての雪稜も真近にのぞまれる。かつて同じ5月に兄と一緒に登った守門岳、浅草岳、未丈ケ岳、毛猛山などの山々が朝陽の中に輝き、懐しい。
 駒の頂上から檜廊下にかけては広大な雪稜散歩といった感じだ。暖冬で山麓には雪がなかったが、稜線上は膨大な雪におおわれ、山々は新雪でさらに美しくなっている。やがて檜廊下という檜や北五葉松、石楠花などの混生した中を跨いだり、こぐったりしながら歩いて行く。歩きにくい道だが、思ったよりも早くここを通過する。水無川上の雲海はことのほか美しく、行手には中ノ岳が大きく迫ってくる。中ノ岳への雪稜はアイゼンを小気味良くきかせて登高する。11時中ノ岳避難小屋に着く。ここで昼食をとった後、兎岳へ向う。

 

憧れの利根川源流の山々

 このあたりは雪が多い。中ノ岳の下山途中で濃い霧のため、視界が極度に悪くなってくる。だだっぴろい稜線で迷い易い道だが、先人のトレールがあるので気が楽だ。しかし、大水上山に着く頃より霧は少しづつ引いてくる。利根川源流は深い雪に包まれ、巨大な雪庇と相まってまるで冬山の中にいるような感じだ。山は静かにたたずみ、山へ来た幸せに心がなごむ。丹後山にかけては山を楽しみながらのんびりと歩く。霧は速い速度で流れて行き、見渡す限り雪嶺がくっきりと浮かび上がってくる。つい先ほど、山の高みにいた中ノ岳は流れる雲の上に大きく浮かび上がっている。何度も何度も後を振り返りながら、丹後山へと向かう。丹後山の避難小屋はとてもきれいである。我々を含め4人がここに泊る。

 今日は入山以来、最高の天気だ。右手に中ノ岳を見ながらどんどん高度を下げて行く。1時間ほど歩くと雪はなくなり、急坂となる。何パーテイーかの人達とすれ違ったが、登りばかりの急登でさぞかし大変だなあと思う。3時間ほどの下降で十字峡に着く。今は大規模なダム建設工事の真只中である。

                   写真の続きはこちら