海谷山塊・雨飾山から鋸山
小谷温泉〜雨飾山〜鋸山〜鋸沢下降〜海谷渓谷〜732m高地〜山峡峠〜青海電化第一発電所

登山日 1976年5月3日〜5月5日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
 ○5月3日 
新宿10:30-19:45小谷温泉
 ○5月4日 
小谷温泉5:15-6:38堰堤-8:05荒菅沢出合の上の尾根末端部-11:10雨飾山-12:00鋸山への分岐-14:00鋸山直下の最底鞍部(雪洞)
 ○5月5日 
鋸山直下の最底鞍部5:15-7:05鋸山-9:10海谷渓谷-11:30、732m高地-12:52カゴ渡し-14:13山峡峠(海谷山塊新道入口)-14:38青海電化第一発電所15:05(車)-15:40糸魚川17:39-22:23上野

 海谷山塊は日本でも有数の豪雪地域である。駒ヶ岳山麓の御前山は4月末まで2mほどの雪があったそうで、冬は雪のため生活できず、冬の間は糸魚川に住み、雪がなくなったら山へ戻って来て農業をするそうである。
 海谷の山と渓谷は豪雪と雪崩に洗われて削り落とされたような急峻な岩壁と豊富なブナの木で形作られたような所である。兄はこの山塊へ入るのは今度で3回目であり、私にとっては待望久しきはじめて踏み入れる山塊である。

5月3日 曇
 大分、暗くなってから小谷温泉に着く。ここには5件ほど比較的大きな旅館があり、冬期以外は営業しているそうである。太田旅館に今日の宿をとる。

5月4日 雨
 朝より雨が降り始め、一時ちょっと止んだものの一日中雨が降り続く。小谷温泉からは大海川に沿って雪渓の上を歩いて行く。時々雪渓が切れて高巻きを何回となく繰り返す。荒菅沢に入ってから雪渓は切れ目なく続いており、フトンビシの岩壁を見上げながらガスのかかったスリバチ状の底を歩いて行く。笹平を抜け急峻な雪渓を登りつめると1963m雨飾山の頂に着く。頂上にはお地蔵さんが4つ並んでいる。黒姫山、戸隠連峰それに北アルプス、白馬から朝日岳方向の山並みが空高く聳立している。
 下山し始める頂より、雨も小降りとなり東には金山、焼山そして北には東海谷山塊の昼闇山、鉢山、阿弥陀山が、それに眼前には海谷山塊が、左より駒ヶ岳、鬼ガ面山、鋸山と並び大きな眺めである。海谷山塊への稜線の分岐点には人の立てる程の8人位寝られる大きな雪洞がある。雨も降っていることだし、今晩はここをねぐらにしようかなとも考えたが、明日の行程を考え今日はもう少し足をのばすことにする。金山方面へと続く繁倉尾根を見送り、鋸山への稜線へ踏み入る。道は比較的分かり易い。ただ最底鞍部の少し手前で稜線は直角に折れるので注意しないと、東北に伸びる尾根に入り込み易い。14時、鋸山直下の最底鞍部に着く。雪洞を掘り始めたものの雪が氷のように硬くはかどらず、3時間も費やしてようやく今日のねぐらをこしらえる。

5月5日 曇、一時にわか雨
 朝はコルリ、シジュウカラ、アオゲラ、コマドリなどの元気な小鳥の囀りで始まる。朝のうちは太陽がのぞき、雪の山々が朝日に輝いて美しい。今日は鋸山めがけて急坂を一歩一歩登りつめて行く。昨日登った雨飾山を背に、右手前方に東海谷山塊の山々が、後方に金山、焼山方面の山々が大きく展開する。鋸山頂上直下では夏道をはずれ、滑り易い草付きまじりの中央の岩場をよじ登って行く。7時、鋸山に着く。灌木の生えた平凡な頂であり、頂上らしくない所が良い。
 下りは、頂上直下の鋸沢をグリセードで下って行く。下部は物凄いデブリで石塊がゴロゴロしている。もうすぐ海谷渓谷へ降りられる少し手前で雪渓は切れ、大きな滝が出ており、沢通しの下降は出来なくなる。灌木を頼りに滑り易い草付きを大高巻きし、無事、海谷渓谷へ降りる。正面にはエビ倉下部の岩壁が大きく立ちはだかっている。渓谷へ出て、やれやれと思ったのも束の間、渓谷の雪渓はズタズタであり、危なっかしい大高巻き、徒歩を繰り返し、11時30分 732m高地に辿り着く。途中、兄は足を捻挫し、悪戦苦闘である。732m高地は小上高地と名付けられているが、この名はふさわしくない。上高地よりスケールが大きい。
ほんの少し行くと左岸に取入小屋があり、発電所の人が2人いる。ここからは比較的道もよくなる。しかし注意しないと分かりにくいところもある。はじめは右岸の高い所を歩き、カゴ渡しのある所から左岸へ渡り、そのまま左岸につけられた山道を辿って行く。谷の両岸は阿弥陀山、阿弥陀沢や旗振山、干丈ガ岳、駒ヶ岳の物凄い岩壁が続いており、そのスケールは谷川岳や穂高の岩場と比べても見劣りはしない。大きな岩壁、滝、雪渓に眼を驚かせながらゆっくりと下って行く。兄は捻挫の足をひきずり、大変苦しい下りとなる。途中、ブロック雪崩を目の前に見てその凄さに驚かされる。新緑のブナ林、杉林をくぐり抜け15時、青海電化第一発電所に着く。


(あとがき)
 雨飾山へは比較的人が入っているが、海谷山塊へはほとんど入っておらず、ここでは1パーティに会ったのみである。海谷山塊の縦走路は1972年に糸魚川勤労者山岳会等により切り開かれたばかりであり、いまだに新鮮な感じのする登山路である。今回のコースでの難路は海谷渓谷であり、処女的な感じのする所だ。渓谷の両岸には大きな滝や穂高の屏風岩のような一枚岩の岩壁が随所にあるのだから、岩登りマニアも腰をぬかしてしまうことだろう。