大雪連峰・クワンナイ川を遡って、ナキウサギの住む
カムイ・ミンタラ(神々の遊ぶ庭)へ
  
北海道の沢・大雪連峰の沢
天人峡〜クワンナイ川遡行〜天沼〜化雲岳〜五色ヶ原〜沼ノ原〜沼ノ原登山口〜上川〜美瑛

登山日 1998年7月17日〜20日
参加者 高橋(CL)、山野、富宇賀、山内、伊東T、伊東E
コース・タイム
 ○7月17日 
クワンナイ川出合12:30-15:00ポンクワウンナイ川出合8:50-18:58幕場
 ○7月18日 
幕場5:20-10:19化雲沢出合-11:34魚止めの滝-12:35滝ノ瀬十三丁-13:04二俣の滝-14:15オーバーハングの滝-上部二俣の滝-17:35源頭の幕場
 ○7月19日 
幕場5:10-6:10縦走路-6:40天沼-7:25ヒサゴ沼への分岐-9:35五色山-12:20五色ヶ原の水場-13:00沼ノ原分岐-14:55沼ノ原登山口-旭川-美瑛
 ○7月20日 
美瑛-美馬牛のファーム-旭川

7月17日(晴一時小雨)
 朝羽田を発ち、旭川から天人峡温泉へと向かう。途中キタキツネに出逢う。天人峡の少し手前からクワンナイ川へ入渓する。しばらく行くと堰堤に出合う。右岸の崩れ易い急な崖を登り、林道に出る。しばらく行くとポンクワウンナイ川に出合い、再び入渓する。渓は澄み、ゆるゆるとした流れが続く。カワガラスがしきりと川面を飛び、ミソサザイやコマドリの囀りが渓の中を流れて行く。途中一カ所ゴルジュとなり、右岸をへつって行くが、再び緩やかな流れの中を遡って行く。途中小雨に見舞われるが、じきに止んでしまう。5時、格好の幕場があったので、天幕を張る。富宇賀さんと伊東さんは釣りにでかける。オショロコマを2匹釣り上げて戻ってくる。広々とした川原の中で、火の粉をまきあげて豪勢な焚火をする。オショロコマの塩焼きを食べ、ビールを飲み、山の歌や童謡を唄う。コマドリもつられて唄いだす。私は山ではじめてリコーダーを吹く。こんな素晴らしいところはさらにもう一日キャンプしたい気持ちだ。夜は満天の星。天の川が大きく流れていく。

7月18日(晴)
 3時頃、コマドリの賑やかな囀りで眼を覚ます。今日は雲一つない快晴。すばらしい遡行日和だ。今日もまたゆるゆるとした流れの中を右へ左へと遡って行く。岩魚(オショロコマ)の魚影が濃く、糸をたれたら何匹でも釣れるような感じだ。一人初心者がいて思いの外時間を費やしているので、釣りはあきらめる。4時間かかって、ようやく化雲沢出合に着く。しばらく遡ると渓は南から東へと屈曲して行く。魚止めの滝は水しぶきをあげており、滝下は深い瀞となっている。ここは岩魚がたくさん釣れる所のようである。昼食後ここを抜けると、すばらしい世界がひろがる。"滝ノ瀬十三丁"と呼ばれるナメ滝が延々と続く。水は岩肌を滑るように流れ、あまりの美しさに酔いしれる。この景色に出会えるだけでも、はるばる北海道へやって来て良かったなあと思う。岩床には苔が生え、まるでジュウタンの上を歩いているような気分だ。両岸にはエゾキンバイが咲き、水粒は陽射しにぶつかって銀砂のように輝く。ナメの中間地点で黄金ヶ原からそそぐ15mの滝に出合い、しばらく休憩する。トモエシオガマやウメバチソウが咲く。至福のひとときが静かに流れていく。再びさらさらと水の流れるナメ床を遡って行く。ナメの最後は名残り惜しんで、幾度となく後ろを振り返る。7mのオーバーハング滝は残置ロープを頼りに右岸を捲いて行く。後続の人はロープで確保して登る。やがて二俣となり、右俣には大きな滝が懸かっている。40mの滝だそうだが、全景はうかがえない。地図上ではゴルジュとなって黄金ヶ原方面に突き上げている。我々は10mの滝の懸かる左俣に入る。左岸を高捲いて行く。ヒグマにでも出逢いそうな、そんな感じが漂うところだ。沢は源流の様相を帯びてくる。沢の右岸にはしっかりとした道がついている。エゾツツジの赤い花が眼に入る。ミヤマキンポウゲ、チングルマ、エゾコザクラ、アオノツガザクラ、エゾツガザクラ、イワイチョウ、ミヤマリンドウ、エゾヒメクワガタなどの花が咲き誇り、疲れてはいるものの心は静かに安らいでくる。源頭の稜線の見渡せる大きな草原に天幕を張る。お花畑と雪渓と重畳たる巨岩に囲まれた別天地だ。ピィッ、ピィッ、ピィッとナキウサギが良くなき、イワヒバリの囀りが賑やかだ。美しい夕暮れのシルエットが消えると、今日もまた満天の星。幸せが大きく我が身を包む。夜は冷え込む。今日一日の興奮も手伝ってなかなか寝つかれない。

7月19日(晴)
 今日もまた快晴。コルを目指して巨岩の中を登高する。イワヒゲ、ミツババイカオウレン、アオノツガザクラ、エゾツガザクラ、チングルマ、エゾイソツツジ、ホソバイワベンケイ、イワウメ、キバナシャクナゲ、コケモモなどが咲いている。ナキウサギを見たくて眼をキョロキョロさせる。運良く富宇賀、伊東夫妻が見つける。しかし、あっという間に岩穴に隠れてしまう。近くでなき声は聞こえるけれど、姿を見つけることは難しい。しかし岩の上にイワヒバリやミソサザイの姿をみつける。稜線に出てからは天沼を経て化雲岳へと向かう。十勝連峰が良く見渡せる。化雲平からは白雲岳や旭岳への連山が良く見える。アオノツガザクラ、エゾコザクラ、チシマフウロ、ヨツバシオガマ、ハクサンイチゲ、チングルマ、チシマギキョウ、コマクサ、エゾキンバイ、ワタスゲ、エゾゼンテイカなどの花が大地いっぱいに咲き乱れている。ヒメアカタテハが舞い、ノゴマやビンズイが軽やかな節回しで唄う。五色ヶ原ではハイマツにとまる三羽のノゴマに出逢う。アカエゾマツの茂る森を見下ろしながら急降下する。今日はうだるような暑さの道が続いたので、五色の水場で冷たい水を飲んだ時は喉がなった。やがて今回の山行の最後を飾る沼の原湿原に入る。ナガバノモウセンゴケの白い花が咲くまどろむような美しい湿原。そう、実際に昨夜はほとんど眠れなかったので夢心地で木道の上を歩く。
 山に入る前は足の親指の爪がはがれそうで痛むし、左腕の持病に加え、右腕も時々ずきずきと痛み、とても山へ行けるような状況でではなかった。だから化雲平からは両腕ともむくんでしまい、腕を交互にマッサージしながらの下降となる。今年は東北を中心にいくつかの沢登りを予定していたが、この身体ではしばらく山に行けそうにない。でも今年は3月の阿弥陀岳南稜、5月の白神山地、今回のクワンナイ川と想い出深い山行が続いたので、「しばらくはお休みなさい」という天からのお告げなのかも知れない。旭川を経て夜は美瑛に泊まる。暮れなずむ丘の中、ホトトギスとアカハラがいつまでも囀る。夜はビールを飲んで、ぐっすりと眠る。

7月20日(晴)
 4時に起床する。朝霧に煙る美瑛の丘は美しい。今日は早起きしたおかげで、アカハラ、ホオジロ、カッコウ、カワラヒワ、アカゲラ、コゲラなどの姿を見ることができた。美馬牛のファームに立ち寄ってラベンダーの畑に囲まれ、芦別岳を遠望する。34年前の夏に登った想い出の山だ。午後、北海道・旭川を後にする。

○観察した鳥
1) 山の中で
 キセキレイ、ミソサザイ、カワガラス、ウグイス、コノハズク、コマドリ、ヒガラ、イワヒバリ、ルリビタキ、カヤクグリ、ビンズイ、ノゴマ、アオジ、オオルリ、モズ、ヒガラ
2) 美瑛の丘で
 シジュウカラ、ヒガラ、アカハラ、アオジ、ホオジロ、カッコウ、カワラヒワ、ホトトギス、アカゲラ、コゲラ、キジバト、ヒヨドリ、モズ、イカル、スズメ、トビ、ハシブトガラス

                   写真の続きはこちら