北海道3週間の山旅


北海道・利尻山・羅臼岳・斜里岳・芦別岳・大雪山・その他湖巡り
登山日 1964年8月

 大学の時、クラスの仲間3人で、周遊券を買って3週間の北海道の山旅をした。テントを持って自炊を続け、最後の標茶の一泊だけは宿をとった。利尻山では魚でも買おうと言って、食料は米と醤油だけを持参した。しかし、魚屋はなく、3日間朝から晩までフキ料理だけで過ごした。島の往き帰りとも船酔いし、利尻山も高熱にうなされての登山であり、景色の記憶がない。船酔いのため花の礼文島はとりやめし、知床半島・羅臼岳へ向かった。アブがもの凄かったが、頂に立ちて、大きな海や島を見て、北海道の山に来たんだなあという感慨にひたった。何故か今でもはっきりと覚えているのは網走から斜里へと走る汽車から眺めた草原の花の美しさである。あの美しさの中にもう一度入ってみたいと思う。あの頃、記録をとっていたら、斜里岳や芦別岳の記憶もいろいろと思い出せるとは思うのだが・・最後に日高の山に行く予定だったが、時間切れでとりやめた。3週間もいたのに写真もあまり残っていない。
 
 

         羅臼岳に登った時の写真