トムラウシ山の野鳥と高山植物


北海道の山・大雪連峰
層雲峡〜沼ノ原登山口〜沼ノ原〜五色が原〜五色岳〜化雲岳〜ヒサゴ沼〜日本庭園〜トムラウシ山〜トムラウシ温泉

登山日 1995年7月22日〜23日
参加者 高橋(L)、加藤、細井、平柳、島村、山野

 トムラウシ山系はこぼれんばかりの高山植物にあふれていましたが、真夏にもかかわらず、けっこう沢山の野鳥がさえずっていました。石狩川クチャンベツ川の渓流、沼ノ原登山口で出発前の朝の体操をしていると、私達の旅立ちを祝福するかのように、コマドリが高らかに囀り始める。沼ノ原への登山道はしばらくは緩やかな登りが続く。ナナカマド、ハウチワカエデ、ブナなどの生い茂る緑の森の中、ミソサザイの透る囀りが流れて行く。しかしこの道でいつまでも囀っているのはルリビタキである。やがて道は急登となり、ひと登りで沼ノ原湿原に飛び出る。ナガバノモウセンゴケ、エゾカンゾウ、ワタスゲ、ミヤマリンドウ、ヒメシャクナゲ、ツマトリソウ、イワイチョウなどの湿原植物が咲いている。北海道で繁殖するというノゴマ、それにビンズイ、ミソサザイ、アオジなどが軽快に歌う。湿原と高山植物と野鳥の囀り。まるで夢のような楽園の中に僕等はいる。トムラウシののびやかな山容がとてもすばらしい。
 五色が原にかけては花、花でいっぱいだ。チングルマ、エゾノハクサンイチゲ、チシマノキンバイソウ、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、、エゾツガザクラ、アオノツガザクラ、エゾコザクラ、ホソバウルップソウ、キバナシャクナゲ、コマクサ、エゾノリュウキンカ、トカチフウロ、イワヒゲ、エゾウサギギク、ホソバイワベンケイ、ヒメイソツツジなどが大地いっぱいに咲き乱れている。ノゴマのちょっと複雑な節回しが野原を駆けめぐる。五色岳から雪渓上を歩き化雲岳へ。さらに雪渓を下り、ヒサゴ沼へ向かう。ここに今日の塒である天幕を設営する。夜、雨となり、一晩中強い風が吹き荒れる。
 しばらく行くと日本庭園に出る。庭石にはチングルマが咲き、霧の中にいる僕等は幸せだ。トムラウシにかけてはロックガーデンの道がどこまでも続く。一瞬霧が晴れ、青空と雪渓が大きく広がる。しかし、またたく間に視界は悪くなる。強風に悩ませられながら憧れのトムラウシの高みに着く。しばらく下って行くと、今までの風と霧はうそのように遠ざかり、おだやかな湿原にでる。花と緑と雪渓の中でしばしまどろむ。やがてコマドリ沢の雪渓に出る。その名の通り、コマドリがいつまでも囀る。トムラウシ温泉への道のりは遠い。温泉近くで腕の血行障害を起し、しばらく休む。夕闇の中、森の名歌手オオルリがいつまでも謡い続ける。

<野鳥>
1 沼ノ原登山口〜沼の原
  コマドリ、ミソサザイ、ルリビタキ、ツツドリ、ヒガラ、エナガ、カケス

2 沼の原〜大沼〜五色が原
  センダイムシクイ、ビンズイ、ノゴマ、アオジ、ミソサザイ

3 コマドリ沢
  コマドリ、キセキレイ、カワガラス

4 カムイ天上〜トムラウシ温泉
  ヒガラ、エナガ、エゾムシクイ、ウグイス、オオルリ

<高山植物>
1 沼ノ原登山口〜沼ノ原
 ミヤマエンレイソウ、ゴゼンタチバナ、サンカヨウ、カラマツソウ

2 沼ノ原〜五色が原
 ナガバノモウセンゴケ、エゾカンゾウ、ワタスゲ、ミヤマリンドウ、ヒメシャクナゲ、ツマトリソウ、イワイチ ョウ、ミツガシワ、コバイケイソウ、タチギボウシ、ウコンウツギ、エゾノマルバシモツケ

3 五色が原〜五色岳〜化雲岳
 チングルマ、エゾノハクサンイチゲ、チシマノキンバイソウ、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、ミヤマ  シオガマ、エゾツガザクラ、アオノツガザクラ、ハクサンチドリ、エゾコザクラ、エゾムラサキ、ホソバウル ップソウ、キバナシャクナゲ、コマクサ、エゾノリュウキンカ、チシマフウロ

4 ヒサゴ沼〜日本庭園〜トムラウシ山
 ミツガシワ、イワウメ、イワギキョウ、エゾツガザクラ、アオノツガザクラ、チシマギキョウ、ヨツバシオガ  マ、キバナシャクナゲ、イワブクロ

5 トムラウシ山〜トムラウシ温泉
 キバナシャクナゲ、イワギキョウ、タカネナデシコ、ミヤマタネツケバナ、タカネオミナエシ、チシマフウロ 、チングルマ、エゾノハクサンイチゲ、ヒメイソツツジ、ウコンウツギ、サンカヨウ、カラマツソウ
 

 

                                    エゾコザクラ

 

                                    エゾノハクサンイチゲ