名前 ヤマガラ
生まれ 東京都
住んでいる所 埼玉県
好きな山域 東北、越後、奥秩父などの静かな山
好きな山行形態 ブナの森、雪山、沢登り
趣味 登山、音楽鑑賞、将棋、読書(小説)、パソコン、野鳥観察
好きな音楽 中世、ルネサンス、バロック、クラシック、童謡、フォーク
好きな作家 三浦綾子、住井すゑ、水上勉、松本清張
血液型 O型






おいたち

【生まれた頃】

 ぼくが生まれたのは東京都大田区の久が原という所。1944年だから、あの戦争の末期である。母は私を背負って防空壕を出たり、入ったりしたそうである。だからぼくの家の庭には小学校の頃まで、いくつもの焼夷弾が散乱していた。夏は防空壕の中で良く遊んだ。父母は農業をしていたので、土には小さい頃から人一倍親しんでいた。父は植物がとても好きで、ぼくの自然への憧れはそういう環境の中で育まれていったような気がする。

【小学時代】

 いちばん成長する時に食料がなかったので、みんな身体が小さい。小学校の低学年の時はおとなしい子だったようである。それが高学年になると元気ないたずらっ子に変身した。ワルをしてはしょっちゅう廊下に立たされていた。両手にバケツまで持って。時々職員室の前にも立たされてバツの悪いことったらなかった。でもあの頃のイタズラは今のように陰湿ではなく、明るくかわいいものだった。

 学校から帰ればかばんを投げ出して、遊びまくっていた。トンボとり、蝉とり、えびがにとり、どじょうとり、メンコ、ビー玉、チャンバラ、凧上げ-------。でも男の子だ。高学年ともなれば、好きな女の子がいて、たまにはポーとすることもあった。

【中学時代】

 相変わらず、遊びまくっていたような気がする。学校が田圃の中にあったので、授業をさぼって、どじょうや魚をとったりしたこともあった。でも好きな女の子が隣の席に座るようになって、一所懸命勉強に励むこともあった。でもやっぱり遊ぶ方が楽しい。その頃の遊びはベー駒、ソフトボール、トンボとりが主流であった。

 あの頃の東京の空は澄んでいて、冬の朝、真白な雪をかぶった富士山がのぞまれ、その前衛の丹沢山塊もはっきりとのぞまれ、雪の状態も確認できた。兄も大学に入って山に登り始め、ボクもそのうち山へ登りたいなあと思うようになる。クラブは陸上競技部に入り、夜は兄と8Kmほど走る毎日が続いた。

 

【高校時代】

 高校に入って、すぐに陸上競技部に入り、長距離走の練習に励む。一年の時、盲腸炎を患い、悪化して腹膜炎となる。そして近くの病院に入院する。その時の看護婦さんが一才年上の清楚な女性で、毎日の脈拍をとる時に触れられる手で胸がドキドキしてしまう始末。この時彼女が山本有三の「波」という本を貸してくれたのを今でもはっきりと覚えている。2ヶ月ほどで退院したが、体調はあまり良くない。そんな状態の中で、走り始めたものだから体調はさらに悪化し、それ以降の体育の実技の時間はほとんどが見学という状況に追い込まれてしまった。外で暴れ回っていた人間が家にこもるようになり、病院通いの灰色の青春であった。その頃のぼくはクラシック音楽を聴くことが大きな楽しみであった。

【大学時代】

 灰色の青春から脱出するには、とにかく身体を鍛えなければダメだ。もともと自然の中を走り回ることが好きだったぼくは山のクラブに入ることを考えた。その頃、山のクラブとしては山岳部やワンダーホーゲル部もあったが、虚弱なぼくはためらわずにハイキング部に入った。入部した最初の夏山合宿は一週間がかりの四国山脈縦走であった。この時はかなり沢山の人が参加し、この時同じ班のメンバーの中に、その後将棋の名人になった米長邦雄氏がいた。ぼくもメチャクチャ将棋好きだったので話は良く合った。山は上り降りが激しく暑かった。縦走の途中、お寺で精進料理を食べたような記憶がある。それからしばらくして、クラスの仲間とテントを持って、3週間の北海道の山旅をしたりする。やがて厳冬期の八ヶ岳や鹿島槍ヶ岳を登ったりして、スッポリと山にはまりこんでしまうようになった。

 会社に就職して、しばらくは兄と一緒に山に登ることが多かった。そして入社1年位してから職場の山岳部に入部した。