蜘蛛の巣をつつくエナガ・荒船山と鳥帽子岳


西上州の山
荒船不動尊〜星尾峠〜艫(とも)岩〜行塚山〜星尾峠〜線ガ滝〜雨沢〜シボツ沢出合〜マル〜鳥帽子岳〜雨沢〜下仁田

登山日 1978年5月1日〜5月3日
参加者 単独
コース・タイム
 ○5月2日 
前夜行、上野23:58-3:31小諸6:31-7:05中込8:30-9:00神房橋-9:35荒船不動尊-10:13星尾峠10:30-10:40行塚山への分岐-11:05艫岩12:10-12:20昼寝12:40-12:50行塚山への分岐-12:57行塚山13:08-13:18星尾峠-14:30線ガ滝14:43-14:47星尾登山口-15:40羽沢16:00-16:25雨沢(千歳屋)
 ○5月3日 
雨沢5:00-5:30養魚場-6:00シボツ沢出合6:30-6:55二俣8:00-9:05稜線に出る9:15-9:35マル-9:55鳥帽子岳11:00-11:50二俣-12:06シボツ沢出合-12:55雨沢13:10-13:35下仁田

5月2日(雷雨のち晴)
 小諸駅に着くなり雷雨が降りそそぐ。しかし、寒冷前線が遠ざかるとともに天候は回復に向かい、小海線に乗る頃より陽が射し込んでくる。車窓から眺める桜は美しく眼を引きつける。中込駅で降りて円山牧場行きのバスに乗り継ぎ、神房橋で降りる。
 星尾峠への道はとてものどかである。落葉松の梢ではいろいろな野鳥が賑やかにさえずり、空気は澄みわたり、降りそそぐ陽は和やかだ。落葉松の林がブナやナラの林に変わると、じきに荒船不動尊に着く。ここからは1時間ちょっとの緩やかな登高で星尾峠に着く。静かで汗ばむ、まどろむような峠路である。峠から艫岩までは落葉低木の連なる平らな道である。カヤトや笹原が至る所にあり、寝ころぶにはもってこいの所だ。艫岩は断崖絶壁となっており、眼下の村がはっきりと見渡せる。頂上で飲む紅茶はとても美味しい。登山者は一人もおらず、2羽のエナガは安心しきって蜘蛛の巣についた虫をあさっている。昼食後、艫岩から少し歩いたカヤトの原でしばし昼寝をする。陽は暖かく気持が良い。こんな広々とした、しとねに独りでくつろげることが幸せであるとともに、少々もったいない気もする。やがて思い出したように歩き始め、行塚山を一気に登り、下りは星尾峠から星尾へとスイスイと下って行く。威怒牟幾不動と立岩の2つの大きな岩が堂々と居座っている。大上に近づく頃、星尾川には50mにも及ぶ"線ガ滝"と呼ばれる見事な滝が現れ、水流はアカヤシオツツジの咲く林の中を一気に落下している。星尾からは雨沢へとバスに揺られ、今宵の宿は雨沢の千歳屋にとる。荒船山は登り降りが緩やかで、家族ハイキングに格好の山であろう。

5月3日(晴)
 4時45分、鶏の鳴き声につられて起床する。5時に雨沢を発ち、1時間ほどでシボツ沢の出合に着く。出合付近はスーパー林道御荷鉾線の工事中であり、荒れ果てている。工事中のためシボツ沢右岸にあるはずの山道が分からず、最初からシボツ沢の中に入る。しばらく行くと沢は2つに分岐する。ここで朝食をとったのち右俣を一気につめて行く。水はじきに涸れ、枯れ葉のつまった窪んだところをグイグイと登って行く。シボツ沢は沢の出合からツメのような感じのする味気のない谷だ。ただ木々が割合と茂っているのと、静かなことが心を落ち着かせてくれる。二俣から1時間ほどで稜線に出る。マルを通って鳥帽子岳へ向かう道は歩き易い。頂上直下のアカヤシオツツジの群落は陽に輝いて美しい。鳥帽子のてっぺんは空間に躍り出たような所で実に景色が良く、近くの三ツ岩岳、荒船山、赤久縄山はもちろんのこと、妙義のゴツゴツとした山群の奥には、奥志賀方面の山々が白雪を抱いて浮かんでいる。眼下には山の上へ上へと連なる段々畑が手にとるように見える。今日もまた、山のてっぺんで独り静かに紅茶をすすり、昼寝を楽しむ。
下りは、マルと鳥帽子のコルより膝までもぐる落葉をかき分けて足早におりて行く。往きに見つからなかったシボツ沢出合の山道は、堰堤の下に丸木橋で通じている。そして300mも下ると民宿がある。大仁田の村はどこの家にも大きなコイノボリがあり、五月晴れの青空の中を気持ち良く泳いでいる。下仁田でさしみこんにゃくを買い求め、上信電鉄に乗って高崎へと向かう。車窓からは赤久縄山から御荷鉾山へと連なる西上州の山々が手に取るように眺められ、またの旅立ちを誘われる。