上越・吾妻耶山から谷川岳をのぞむ


上州の山
川古温泉〜仏岩〜吾妻耶山〜上牧

登山日 1973年1月3日〜4日
参加者 山野(L)、山本
コース・タイム
○1月3日(晴たり曇ったり)
後閑13:37(バス)-14:10相俣14:20-16:00川古温泉
○1月4日(晴)
川古温泉7:20-9:35仏岩-11:23吾妻耶山(昼食)12:36-15:00上牧

 猿ヶ京の奥の赤谷川流域は谷川連峰でも静かな山旅が味わえるところである。私たちは、谷川連峰の展望台である吾妻耶山へ向った。
午後の2時頃、相俣に着く。今年の上越国境一帯は例年に較べ雪が少なく、スキー客による賑いはほとんどない。川古温泉への道は広い自動車道であり、雪がわずかに積っている。1時間半程歩くと川古温泉に着く。この温泉は体温に近い湯温であり、神経痛に効くラジウム鉱泉とのことで、ほとんどの客は湯治客である。

 朝、寝坊してしまい、7時20分に川古温泉を発つ。小出俣林道のすぐ先の林道を東へ向って行く。1時間弱歩くと右手に杉と松の大木のあるところに出、ちょっと先の右手に仏岩へ向う道標がある。道標から少し行くと新田沢に出会う。ここより仏岩への道は雪のためわかりにくく30分程道に迷う。新田沢を横断し、2分も歩くと赤谷、仏岩分岐点に着く。ここより少しばかり歩き再度新田沢を横断すると、先ほど歩いてきた広い林道に出る。何のことはない、道標などに惑わされずに広い林道を真っ直ぐに歩いてくればよかったのだ。広い林道を横断し、今来た道を真っ直ぐに進んで行く。杉の木立の中を、わずかに積った雪の上を快適に歩いて行く。しばらく行くと道は直角に折れ、仏岩までジグザグの道が続いている。落葉樹の中、息をはずませながら高度を上げて行く。仏岩付近からは、トマノ耳から仙ノ倉にかけて白銀の嶺々が手にとるように見える。水上方面に眼を転ずれば上州武尊山が厳然とたたずんている。仏岩から吾妻耶山頂への道はかなり急であり心臓の鼓動も激しい。登山者は私たちだけであり静寂だ。急坂を1時間ほど登ると巨岩に形成された岩稜となる。岩稜の上をしばらく行くと石祠のある吾妻耶山の頂上に着く。11時23分。頂上からは谷川岳、武尊山、白毛門から巻機山にかけての山波、赤城、浅間、西上州の山々、それに富士山まで見える。風一つない暖かい太陽のもとで昼食のラーメンをすする。帰路は上牧に向かって一気に下って行く。雪は若干多く、30〜70cm。落葉松林を抜けると自動車道にでる。この辺りは伐採が激しく寂しい限りだ。上牧着、午後3時。