鎖場の夜道は長かった・裏妙義・烏帽子沢から丁須岩


西上州の山・裏妙義の沢
国民宿舎・裏妙義〜木戸〜中木川烏帽子沢右俣左沢遡行〜赤岩〜丁須岩〜御岳〜横川

登山日 1999年10月30日
参加者 山野(L)、川口、折笠、島村、小林
天候  晴
コース・タイム
横川10:03-10:15国民宿舎・裏妙義10:20-11:15木戸11:40-11:50烏帽子沢出合-13:45二俣-14:00奥の二俣(昼食)14:35-15:30登山道-16:20赤岩-17:05丁須岩-19:00御岳-22:40横川

 妙義の記録を辿っていたら、1979年の7月に中木川・小山沢を遡り、11月に入山川・ホトケ沢を遡り、中木川・谷急沢左俣右沢を下降している。従って、今回は丁度20年振りの遡行である。籠沢を左岸、右岸、左岸、右岸と繰り返して行くと、1時間ほどで木戸につく。10分ほど歩くと、本流の籠沢は右へと曲がり、私達は正面の烏帽子沢へと入っていく。まもなく大きなチョックストンを抱えた滝があらわれ、行く手を塞ぐ。滑べ滑べの滝であり、直登は無理である。アンザイレンして右側のルンゼを50mほど登り、左へトラヴァースしていく。ここで下降点がなかなか見つからず、思いの外の時間を費やしてしまう。結局小尾根を越えて滝上にでる。次の滝もアンザイレンして、右側から越えていく。落口にでるところはヌルヌルして滑り易く、そっと足をおく。次に登ってきた川口さん、ヌルヌルしたところではそっと足をおかなければならないのだけれども、力が入っておいたものだから、ツルッと滑ってしまった。でも「大丈夫」ちゃんと確保しているから。沢登りのブランクが大きかったから、経験を積んで身体で覚えていけばいいと思う。
 ここで沢は二つに岐れ、右俣へと入る。しばらくナメを快適に登っていく。ただ水が乏しく、ちょっとさびしい。奥の二俣で昼食休憩をとる。左沢に入ると、8mほどの滝がいくつか続く。しっかりとしたホールドに導かれて快適に登っていく。今回、後続の人から、登れないと思った時に「ザイルを出して!」と言われてほんとうに助かった。危険だと感じたらザイルを要求することが大切である。無理して登ってきて、滑落でもしたら困るのだから。
やがて最後のナメを登り、ルンゼをつめていくと登山道にひょっこりと出る。時計は3時45分を指している。予定より到着が大分遅れたので、三方境のコースへ変更すべきであったと思う。しかし予定通り赤岩へと向かってしまう。いつもは沢を登ってしまえば、後は気が楽なのだが、今回はこれからが大変であった。
 赤岩の基部を鎖につかまってトラヴァースしていく。紅葉が美しくひろがる。しかし足場が悪く、のんびりと眺めているわけにはいかない。赤岩の頂に出る所は夕暮れが迫っていて道が良くわからない。あちこち道探しをする。ところが道でないと思っていた壁にはよく見ると鎖が懸かっていた。チムニー状の岩場を鎖につかまって腕力で登り、丁須岩に着いた時はもう陽が落ちてしまった。鍵沢のコースを少し下って行ったが、沢沿いの夜道はわかりにくいと判断し、また登り返す。そして御岳へと向かう稜線のコースを下降路として選ぶ。しかしこのコースも鎖場が多く、ライト頼りの下降に難渋する。御岳を越えるあたりから眺める山麓の夜景はとても美しい。御岳の下りにもいくつかの鎖場があり、なかなか麓につかない。最後の鍵沢をわたる所は道を失い、よく探したら滝の所に鎖が懸かっていた。暗闇で何度も道を失い、明るければ何ともない鎖場の下降も、暗闇ではとても神経を使った。10時40分、やっと横川の駅についた。もう終電車もなく、駅の待合室で寝ることにする。寝支度をしていると、駅員が外に出ていってくれと言う。頼んでも駄目であった。今まで駅で何度寝たか分からない。こんな事を言われたのは生まれて初めてである。朝の連続ドラマ"すずらん"で、明日萌駅に集う人々の暖かみに感動していただけに、駅員の人情味のなさにはがっかりした。ふと35年前の野辺山駅でのことを想い出した。あの時は待合室で寝ていたら、「寒いだろう」と言って駅員がストーブを焚いてくれ、安らかに眠ることができた。赤々と燃える八ヶ岳連峰の夕陽の美しさとともに駅員の暖かさが今でも心に残っている。国鉄からJRに移行する際、合理化の嵐が吹き荒れ、多くの真面目な労働者が強制配転されたり、解雇された。今回のできごとはこれと無関係ではないように思われて仕様がなかった。2、3人用のツエルトに5人が被って寝、夜が明けるのを待った。
 今回たどったコースは東京からの日帰りでは無理な計画であった。あとで案内書を良く読んだり、妙義に詳しい友人の話を聞いたりすると、私達の選んだ御岳への下山コースは一番大変なコースであり、はじめに選んだ鍵沢のコースが一番楽だったようである。「山は気を抜くと、必ずしっぺ返しをくらう」とよく言われる。事前の調査が不十分であったことを大いに反省した。今回の山行は反省すべきことが多かったが、これからの山行に前向きに生かしていきたいと思う。時を経て、懐かしく思える時がきたらいいなあと思う。鎖場の夜道を文句も言わずに長時間歩いてきた皆さんに感謝したい。

   

  写真撮影:折笠さん                                    丁須岩を背景に