尼ヶ禿山から迦葉山


  曲は Tender Lullaby

群馬県の山

水上駅〜藤原湖〜玉原越〜尼ヶ禿山1466M〜迦葉山1322M〜沼田駅
登山日 2004年11月2日
参加者 単独
天候  曇
コース・タイム
 8:10水上駅8:22-8:42長沢橋(新立岩トンネル)-9:14変電所-9:30玉原越・登山口-10:40玉原 越起点-11:15鉄塔-11:42尼ヶ禿山(昼食)12:05-12:32アスナロ林-13:33白樺湿原-14:08迦葉 山(かしょうさん)14:20-15:30弥勒寺-16:30迦葉山・バス停16:49-17:30沼田駅


                        藤原湖〜玉原越え


玉原から尼ヶ禿山に登るには、沼田駅からのバスが迦葉山までしか入らないので、タクシーかマイカーを利用するのが一般的のようである。しかし地形図を眺めていると、藤原湖から玉原に抜ける登山道があるではないか。車を運転できない私には格好の峠越えの道のように思われた。水上駅から湯ノ小屋ゆきの一番バスに乗る。客は私ひとりだけなので、運ちゃんは途切れることなく話かけてくる。今年は熊が良く出て、三回も出くわしたという。駅から藤原湖畔にかけてはちょうど紅葉が見頃である。ただ今年の紅葉はくすんでいて、カエデも紅く染まらないで、黄や橙のものが多いような気がする。とはいうものの秋色に彩られた湖畔は美しい。長沢橋で下車し、30分ほど舗装道路を歩くと、東京電力の変電所がある。そこから、さらに15分ほど歩くと林道の左手に登山口がある。『藤原方面・玉原方面』と書かれた道標がある。道は沢沿いにつけられており、少し登ったところに10M二条の滝が懸かっている。ブナ、ミズナラ、カエデの茂る心の鎮まる道である。昔は水上と沼田を結ぶ峠路として利用されていたのだろうか。そんな古道も今はほとんど歩く人もいないようである。シダの生える杉林が現れる頃から道は東から南へと角度を変え、つづら折のやや急な登りとなる。この坂は山葡萄の木も多く、葡萄坂と呼ばれている。その山葡萄を求めて熊が出没するといわれている。鈴を鳴らしながら、警戒して歩く。登山口から1時間ほどであたりが明るくなったと思ったら林道にでた。道標には『玉原越え起点』と書かれている。ブナ平、玉原湿原への道を見送り、正面の鉄塔をめがけて歩いてゆく。

  

  


                        尼ヶ禿山〜迦葉山


トンネルの手前が尼ヶ禿山の登山口となっている。沢を渡ると、頂上までブナ林が続いている。頂上にはあっという間に着いてしまう。お弁当の“おいなりさん”を食べる。玉原湖の奧には上州武尊山が見える。南には赤城山が大きく裾をのばし、子持山も望まれた。そしてテーブル・マウンテンと呼ばれる上州三峰山が指呼できる。西の谷川岳は雲に隠れて見ることができなかった。

 頂から5分ほど下ると迦葉山への道が分岐する。尼ヶ禿山同様、この縦走路も地形図には登山道が書かれていない。あまり人が入らないらしく、クマザサが茂っているが、思っていたよりも歩きやすい道である。この道もブナ、ミズナラの原生林が茂っており、ときどき立派なアスナロ林にも出逢う。今日も誰ひとり登山者に会うこともない。静寂の世界があたりを包みこむ。急にバタバタッとヤマドリが飛び立ち、驚かされる。熊でなくて良かったと思う。やがて真っ平らなブナの茂るおおきな広場にでる。すばらしいところだ。何か秘密の楽園を見つけたような気分になる。ただ一つ残念なのはほとんど葉が散ってしまっていることである。「新緑の頃にまた来よう」つぎはみんなと一緒に。ひときわ目立つマユミの赤い果実を愛で、白樺湿原を越え、迦葉山への最後の登りとなる。後遺症の背中の痛みと今罹っている皮膚炎のかゆみがでてきて少々つらい。

  

  上州三峰山を望む (尼ヶ禿山山頂で)

  

  玉原湖と上州武尊山 (尼ヶ禿山山頂で)           アスナロの林

  

  

                   ブナ林の広場

  

        マユミの果実                迦葉山の頂上から赤城山の裾と子持山を望む

                   次へ